ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 寝言の 「これから日本が世界に貢献するために大切なこと」

<<   作成日時 : 2013/09/28 07:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 0

―― これから日本が世界に貢献するために大切なこと――

◆はじめに◆ 
 我が国は国土もせまく、資源も乏しい、その上、自然災害が多い。にも拘わらず、現存する国家(200余)の内、最も歴史の長い国家である(皇紀2600年余)。世界諸外国に門戸を開いた、明治以後、数十年にして、五大強国の一と称されたのである。その原因は「民を宝とされた」天皇陛下戴く国体が有るからである。世界の奇跡、と云はれる所以である。

 要約すると、国民が事に応じ最高の力を発揮したからである。
「神がこの様な国(日本)を残してくれたことに感謝する」と云ったアインシュタインの言葉は流石!と云うべきである。  

 然しながら、今日の日本はどうなっているか? 古来から国家存立、繁栄の要素は、国防・慰霊・教育・家庭・道徳、と言われているが、戦後これ等の要素は軽視され、殆ど失はれている。
 此の事実を「国難」と自覚しなければ(ねごと)の愚論は愚論で消え去るでしょう。自覚されたら、少しはお役に立てると思い、本論に入ります。


◆前説◆ 
 兵学校には、卒業時に「ハンモックナンバー」なるものが 周知される伝統が有りました。成績が一番、から、ビリまで明確にされるのです。同期には「先任制度」が有り配属された部署でも「ハンモックナンバー」の上位者が先任となりました。

 先任制の「長所」は評価基準が明白であること。例えば戦とう中先任が戦死の場合次席が直ぐに指揮者となる。「短所」は評価基準が最適でない場合もある、事。

 然し勤務が十年二十年となると、勤務内容の評価が加味されることは当然です。大東亜戦争でも、作戦目的達成のため必要な人事が拙劣な例が反省されています。前説は組織の力が最高に働くため人事管理と人事評価の重要性について、旧海軍を例に述べました。  


◆人間力を最高に発揮すること◆
 前述のごとく、日本は国家存立、繁栄の要素五項目を悉く失っています。占領軍の政策が原因であることは、立証されていますが、問題は60年以上放置されていることです。

 日本は正に国難の真直中にあるのです。加えて中国、韓国、北朝鮮、の反日政策の激化が有ります。彼らも我が国の、国体の復活を恐れ、得意とするプロパガンダ、捏造の歴史、を世界に宣伝しています。「超源戦」も戦いです。真実が勝ち残ることは疑いませんが、戦いである以上、政府の断固たる対応に期待します。

 ところで政府は各省の審議官以上の官僚600名以上の人事を官邸が一元管理する、方針を固め、国会で審議するようです。これは、タテ割行政の弊害を排し、優秀な官僚を政府方針の推進力とする可能性が期待される。本稿の趣旨に沿った、大ヒットとして歓迎します。

 さて組織と其の人事の大切さは政治においても、企業においても、全く同様です。人間社会は人間が動かすのは当然です。
 先日N H K で「メイドインジャパンの復活」と云うタイトルで、2夜連続で放映されました。社員30万の松下電器が2期連続の大赤字決算を記録した原因が主として、製造部門と営業部門の問題意識の喰い違いにあつた、ことに気がついた話でした。

 前者は市場変化に無関心で独自のプラズマテレビ(高画質、大型化)の品質向上に拘り、韓国サムソン等の安価テレビに市場を席巻されたのです。反対の例として、多様化した市場に対し、小さな独立採算制を意識した組織を多く作り、成功している、京セラの例が紹介されました。

 世界の市場は新興国も増え多様化している、事の認識を促す内容でした。第2夜はブランドの回復に何が大切か?が主な内容ですので、略します。要は人間力の最大化を追求する番組でした。
 
(ねごと)の要約は次の三点です。
  (1)過去の成功にとらわれない。
  (2)組織全体に普遍的、明確な目標を与える。
  (3) 人材の評価と登庸。
 特に(1)では、旧海軍の、「大艦巨砲主義」を思いだしました。
 航空機の発達を重く意識されなかったことです。
     

◆世界はどうなる―纏め―◆
 標題の「世界に貢献するため大切なこと」は少々大袈裟に感ずる人も多いと思いますが、実は、日本が正常な主権国家に立ち直るだけで、済む話なのです。元来日本人は外国との折衝にあたって、相手の言動の対応を考えるのを旨としてきた。

 相手が何のために、何を目指しているか?等相手国の調査をすることが無かった。現在では、海外で仕事をする日本人、旅行をする日本人のマナー、誠実さ、の評価は高い。国として、の存在感もODAもあり中進国、後進国、では特に高い。

 経済において、企業の優勝劣敗は世の習いで低落した商品もあるが、全体を俯瞰すると日本ブランド評価は高い。文化面では、2020年オリンピック、東京開催決定が追い風となり来日外国人増に拍車が掛かり、元々歴史ある日本文化の理解、称賛の声が世界に広がることが期待される。以上が日本の世界に対する貢献と見て良いでしょう。

 従って「大切なこと」は国難の認識と其の原因の除去なのです。
一口で云えば、反日勢力を消滅させることです。この分野は矢張り政治の出番です。安倍政権はスタート直後にアベノミクスを発表、デフレ脱却に大きな一歩を踏み出しました。円安、株高は、企業は当然歓迎したのですが、国民が前途に明るい希望を持つという、大切な効果を生みました。
 
 望外?の効果として、反日国家の双壁。中国、韓国、の経済に強い打撃を与えたのです。「両国経済の崩壊は目前」と云う説もあります。

 外交面では、中国を包囲する国々に対し、「法を守る、価値観外交」を提唱、成功させました。これを数カ月と云う短期間で行ったことは、彼らの妨害を防ぐ、最善の策でした。今後も中国の軍事力、韓国のロビー活動を生かす「超源戦」に注意すべきことは、当然です。

 然し世界を見渡しても中、韓、以外反日国家はありません、唯心を許せないのはアメリカです、中国を視野に入れたアメリカの国益が日本にどう影響するか?アメリカの国力低下は、対アラブ外交に顕著です、国内におけるオバマ氏の立場も弱くなり、我が国外交にとって、重要な局面になりました。戦後一方的にアメリカ上位の外交が続いてきましたが、安倍外交の正念場を迎えている、と判断します。

 そもそも我が国が正常な主権国家になれない原因はアメリカの覇権主義の犠牲になったからです。お互い冷静に、事実検証を含め世界真の平和に協力出来たら素晴らしい。

 西欧の覇権主義争いに絶望した、アインシュタインの神への感謝の言葉が実現することを期待したい。然し現実は早期解決しないでしょう。「原爆(広島、長崎)は闘いを早く終わらせ、人的被害を少なくするため。」と云う屁理屈で謝罪しませんでした。覇権国家中国も屁理屈で侵略行為を正当化しています。残念ながら、まだ力万能の世界です、ただ彼ら自身、力の限界を感じて、焦っています、神頼みではありませんが大きな変動が起こる予勘もします。

 日本は人間力強化に務め、事に応ずる体制を、整える事に専念すべき時です。現在は平時ではなく、非常時、なのです。公、民、問わず人間力発揮の為、組織強化すべきですが、「何かを守る」より「何かを突破」する人材評価が大切。国民が国難に応じて最高の力を発揮した、歴史に学び、国難突破して御先祖に報告したいものです。


(終り)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
すべての真実を伝えない池上彰の大罪
最近、近代史や国際政治問題のニュース解説番組で引っ張りダコの池上彰。 ...続きを見る
風林火山
2013/10/06 02:57
産経がスクープした従軍慰安婦問題 【要拡散】
計り知れない程の国益を失い、そしてすべての日本人の名誉を棄損させた河野談話。 ...続きを見る
風林火山
2013/11/04 13:36
日本の夜明 正しい歴史観への道程
日本の夜明け。 ...続きを見る
風林火山
2013/11/06 00:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
寝言の 「これから日本が世界に貢献するために大切なこと」 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる