アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ガラス瓶に手紙を入れて
ブログ紹介
〜国想う人生の先輩方からのメッセージサイト〜
少し前の日本を知る方々が、手紙をガラス瓶に入れ海原へと流して下さいました。
このブログの浜辺へとたどり着いた、これらのメッセージが、
現代・未来を生きる皆さまの心へ届きますように---。

◇◆このブログは「【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】」の姉妹サイトとして誕生しました◆◇
zoom RSS

寝言の 「国連憲章・オリンピック・ナイロビ宣言について」

2016/09/12 07:00
【はじめに】
 少し前、国連問題について、三回に分けて、当ブログに問題点を提起したことがある。二年は経過していないと思ふが、世界の混乱状況は激化するばかり、世界中の庶民の生活の安定は全く得られない。

 仮に、これが或る国内の問題であれば、当然政府の責任で、「内閣改造」、「政策革新」等が行はれる。

 国連が世界の「平和繁栄の責任者」と自覚するなら、政策の決定、その実現をしなくてはならない。

 唯、主力となる、常任理事国は、アメリカ・イギリス・フランス・ロシア・中国であり。アメリカは国内事情(人種問題)もあり、既に世界の警察官の役は辞退しており。イギリスは、EUを離脱、自国の独立安定が当面の課題となっている。フランス、ロシア、中国は共々、世界動乱を公正に収める適任者と思えない。今稿では以上を念頭に置いて、順次、筆を進める。


【国際連合憲章】
「はじめに」で問題の要点を相当深く探った。然し、最も重要なことは、常任理事国の拒否権が、世界の平和と安全の政策決定と実践を妨げてきたことだ。自国の権益を優先するからだ。

 国連運営最大の欠陥と云って過言ではない、拒否権行使は、各国合わせて実に三百回垂んとする。犠牲になった罪無き庶民は数百万人と試算されている。

 原貫太氏も「拒否権が紛争下の人々を殺している」と明言されている。

 次に未だに我日本国に対し、「敵国条項」を適用していることだ。戦後七〇年が経過し、その間、我日本は、国連運営費をアメリカに次ぎ二番目の多額を負担している。又、O・D・Aで、後進国の発展を期して、(平和の基となる)国連の代行をしている、と自負して、決して過ちと云えない。後述するが、アフリカ開発会議で「ナイロビ宣言」が採択されたことは、正に、日本ならではの快挙であった。


【オリンピックについて】
 ブラジル、リオデジャネイロで、南米初のオリンピックが開催され、世界中の庶民が期間中、熱狂した。それに加えて、閉会式に於ける、小池知事、安倍首相の次期開催国としての振る舞いは、万人の意表を突き、「ユーモア」と「持て成し」の心が歴然と万人に伝わった。

 世界の政治状況は改善の兆しは全く見えないが、オリンピックの効果は庶民に楽しみを与え、将来への希望を与えた。

 先述の拒否権など一刻も早く撤廃するべきだ。


【ナイロビ宣言】
 八月二十七日、二十八日。第6回アフリカ開発会議がケニヤの首都ナイロビで開催され、日本の安倍首相の熱と誠意のこもった演説は、アフリカ諸国の代表全員の喝采と拍手を起した。現在、中国の自由利益を隠し、見せ金で関心を集める進出がボロを出し始めているが、恐らく、アフリカは日本との親交を更に深めることになろう。

 日本にとって、全世界に二百国の約四分の一の国々が、親日化することの意義は大きく、恐らく、戦後計画的に貶められた日本の立場の回復は、急速に行はれる。

 日本の常任理事国入り実現の可能性も空想ではなくなる。


【おわりに】
 日本の立場は世界の中で更に重要になる。期待も大きくなる。それにしても「好事魔多し」と云うが、最近日本社会の乱れはひどい。家族の結束は薄くなり、祖先崇拝の気持ちが無くなっている。

 これは(ねごと)年寄りだけの心配だらうか? 少なくともアインシュタイン氏の、そして、「当時の日本社会に対する好意」に背くことになる。庶民の一人として、幸福な人生を希望して、駄文を終わります。


  
―終わり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の 「九十歳男の愚考」

2016/07/31 07:00
 今年に入って、世界各地は様々な、原因から大混乱となり、有効な対策も無く、善良な庶民を苦しめている。問題の一つは、庶民の数が、圧倒的に多いことだ。

 又、イスラムテロ集団に対する、国連側の無人機による爆撃等は、パワー対パワーであり、解決の手段としては、もっとも原始的である。

 西欧(白人)文化は約500年間、パワーに依る、領土拡大と、現地人も、意の儘に働らかせる「奴隷」として扱った。

 『人徳と道徳』という、人間として、社会生活に最も必要な『徳』を失ったのだ。

 更に、『人種差別』が西欧の宗教(キリスト教)すら、これら実利獲得に対し、批判忠告すること無く、宗教としての本質を、失ってしまった。

 『因果応報』これは、仏語であるが、一般的日本人は、心のどこかに、この言葉を自戒の言葉として持っている。

 小生も又、然りと考える。然し今稿では、西欧文化に対し、仏も怒りをもって、キリストに替り、彼等に、投げかけた。と理解すべき、と考えている。

 この乱世を解決する国、それは日本である。そして日本しか無い。

 別の面から考えてみる。この乱世の大きな一因として、中国の存在が在る。

 中国のエリート達が、佛教に入信した情報を得て、本ブログに紹介したことがある。彼等も「人生の眞の幸福は金を得ることでは無い」と悟ったのだ。政権側も、理解を示し、寺院の復興を認め、ガス抜き政策を実行している。庶民の隠然たる力を認め、パワーで押し切る愚を避けた。

 日本の責任と、平和に対する、貢献に世界の期待は増々大きくなる。

 では、「日本は何を実行すべきか」その答えは簡単には出ないが、「何も特別にすることは無い」が小生の答えだ。

 アインシュタイン氏は今日の世界の状況を必然と考えて「日本に頼るべき」と述べて居られる。まさに最高の予言者であった。
 
 神仏の存在を信じて、愚稿を閉じます。

  
―終わり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の「年をとる楽しみ――私欲が少なくなる――」

2016/06/30 07:00
【T はじめに】 
小生は「老後はこの様に生活すべきである、」 と云う、忠告する能力は皆無であり、その資格も無い。唯人生を、山登りにたとえると、確かに9合目を超え、頂上も間近に見える所まで来ている。

人生の終わりも、意識している。(ねごと)も今年10月、90歳になる。然し10年前では「死期が近づく」、「遣りたいことが出来なくなる」が強く意識され、年を重ねることは、嫌なことだった。

所が、最近では、年を重ねることが、別に不快では無くなった。
原因の1つは、日本の世界での立場が、年々向上していること。G7伊勢志摩ミットで議長国として、共同声明を出し、日本文化の宣伝も立派に、果たした。

原因の2つは、私的のことだが、私欲が段々少なくなる、のを感じたことだ。言葉にするのは、難しいが、心が「楽になる」のです。

性欲・名誉欲・金銭欲、等々、諦めに似た心境、なのです。前東京知事、の「公私混同」事件は私欲の肥大の為せる業と思える。人間は私欲に右左される本質があるのではないか。


《参考まで》
小生、当ブログ第1回投稿の題名は「民族性」でした、前知事はご自分で在日韓国人と云っていますが、韓国人の民族性の立場から、検討対処する方が、本質を突くと信じています。
      
前ブログで「朝鮮民族性」について、当時「保護国」として、近代化に尽くした、伊藤博文公の合併後の総督府に対する、注意書きに、明白に書かれています。

今稿では同じ環境の台湾原住民と比較します。後者では現在でも、日本の統治に感謝、戦後の中国統治に決然と抗議しています。民族性とは、50年、100年、で変わらないのです。戦後占領軍の指示もあり、朝鮮人、が多く在住していますが、真の日本人として国に貢献している人は少ない。

日常はともかく、「一旦緩急」の際、日本人の真価が問われる。安っぽい「人権」「ヘイトスピーチ」論に惑わされては、 ならない。

最近パチンコ業者に自粛を求める、指導が入った。遅きに失する、感もあるが、これも「戦後体制」の改善の1つだ。


【U】 
何れにしても、日本は、朝鮮民族「韓国。北朝鮮」、支那民族「中国」と云う、大変似た、「日本とは殆ど正反対の民族性」の国に囲まれている。

アメリカは戦後処理に、日本を主権国家にしないため、(1)不当な、東京裁判。(2)憲法の強制。(3)反日国家の育成。をした。「慰安婦問題」「南京問題」は国連の、支持もあり、日本の立場、意見、は無視されている。

 「真実に勝る、捏造は無い」は真理だが、何れ、日本の立場は、国連の立場、を貶めることになる現在ヨーロッパ連合は大混乱になり、結着の見通しはつかないが、彼らの統治能力が問われている。

 「西欧文化の晩鐘」が段々大きくなっているが、一方、ロシアが支那に接近する動きが注目され、強大な軍事力が有るだけに、日本として、警戒しなくては、ならない。国連無能化、を見越した動き、であろう。

日本の立場は当然、ジタバタ。パワーゲームに参加しては、不可い、というアインシュタイン氏の予言の時が来た、(ねごと)は信じます。長い歴史。尊い国柄。日本は、小賢しく動く必要は全くない。

日本の存在、そのものが、益々、世界の中で輝きを増すのだ。然し思慮を欠いた、乱暴が日本に向かって来る場合に備え、「寄らば切る」の気迫と軍備は常に必要だ。現在の世界動乱はその可能性を軽視してはいけない。「治に居て乱を忘れず」だ。
安倍政権は怠りないとみている。年寄りの、でる幕ではないのだ。(笑い)。


【V 久し振りの旅行】
5月6日――9日まで、懸案の旅行をした。(1)出雲大社(2)大和ミユ―ジアム。
(1)は神代時代、日本(大和)発祥の空気に触れる為。(2)は(ねごと)も経験した、戦時の空気に触れる為。共通の感想は、日本人の美意識に、感激したことだった。「自己を省みず目的を達成すること」だ。

(1)は大国主命の「国譲り」であり、(2)は「敗戦の責任を果たした大和の特攻である。

一見、無謀に見える行為であり、理を重視する西欧人には、考えられない、美意識である。近世では「忠臣蔵」が江戸市民の歌舞伎熱を盛り上げた、武士・町人、問わずであった。

年齢を重ねると、日本人の美意識、に心から誇りを感じるようになるものだ。


  
―終わり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0


寝言の「日本の立つ位置――世界は日本を必要としている――」

2016/04/28 20:10
【はじめに】
 今年に入って、益々世界は混沌として、世界の庶民が平和な世活を望めなくなっている。「国連」の質が劣化し、必要な政策立案、と実行力が無くなっているのだ。

 「日本は泰山のごとく、静かに、世界の流れを観察すべき時」と前稿で主張したが、西欧の衰退を表す晩鐘は、益々強くなるばかりだ。素直に考えると、人間で、圧倒的に多いのは庶民である。庶民を意識しない政治家・統治者は、生き伸びる資格はない。

 「国民を宝」と表現される皇室を戴く日本国民は世界一幸福な立場あることを、改めて痛感する。
          

【庶民が心から望むもの】
 昨年(平成27年度) 訪日外国人は約2000万人に達した。今年も、現在、昨年同期を上廻っている。彼ら庶民の卒直な「日本社会」の印象は殆ど全員が好感を持ち、リピーターも増え、親日家が増えている。

 当然自国の社会と比較してのことだ。バイアスは掛かっていない。憧れすら感じているようだ。この傾向が続けば、東京オリンピックまでに1億人に達する。この知日家・親日家は、それぞれの母国に日本の印象を広げる。それは、「意図的なもので無いだけに」力強いものとなる――目は口ほどにものを云う――。

 要するに庶民は 「治安が良い」、「生活が便利」、「人々が親切」、「明るい社会」、を望んでいるのだ。
         

【民主主義と共産主義】――近代世界が作り出した、政治機構――
 現在日本は民主主義陣営に属しているが、共産主義は問題外として、民主主義陣営は健全な国々で構成されているだろうか?
ドイツ。ヒットラーは国民の選挙に依って、総統となり、独裁者となった。そして、人道に反する残虐行為をして、世界の顰蹙を買っている。 
 
 つまり庶民が幸福に暮らせる世の中は、制度では無く道徳の問題である。アメリカも民主主義の元祖を自認しているが、わずか200年前に「奴隷制度」の国だった。何より「大東亜戦争」での日本に対する仕打ちは、戦後の含め、とても納得できるもので無い。
  
 結局、制度より、運営の「心」の問題が重要なのだ。
 
 日本は聖徳太子の世界最古の憲法17条をもっている、その第1条は「和をもって貴しとなす」であり、我我は、此の事に自信を持つべきだ。1000年以上昔のことだ。

 先日NHK「クローズアップ現代」で中国では、仏教信者が急速に増え、現在3億人に達するそうだ。政府も重く受け止め、寺院復興に助成金を出しているそうだ。拝金主義に疲れた庶民生活者動きが今後注目される。作り出した、政治機構、の問題だ。庶民は心の安らぎを求めている。
         

【「道義国家」を日本は目指すべき】 
 此の言葉は自民党参議院、稲田朋美氏の主張です。氏の存在と正義感には「100人切り裁判」で示した弁護士活動当時から、尊敬しています(氏の紹介は本論から外れますので略します)。

 現在の日本は自然と世界の注目を集め、頼り甲斐のある国になりつつあります。アメリカ大統領選挙候補が「日米同盟は対等にすべき」と云っています。これも日本の存在が大きくなった証拠です。

 しかし、日本の世界への貢献は、軍事力では無く正に、稲田氏の云う「道義国家」として、です。戦後、日本はアメリカのスケープゴートにされ悪辣な国と憎まれ、主権もないがしろ、にされた。70年間耐えた日本は、力に依る復讐でなく、平和の為国連に「協力」した。運営費はアメリカについで、2番目出している事に触れ、折に触れ、日本は、世界に道徳を重んじる、国として、認識されてきた。70年は長かったが無駄ではなかったのだ。

 然しまだまだ、世界には、パワーに価値観を持つ国も、人も、多い。G7外相会議で、原爆被害者に献花が行われ、心が洗われたが、伊勢志摩での首脳会議の成果が待たれる。

 世界は1歩1歩、日本の本質を見直し、理解し始めた。これは「東京裁判史観」否定することでもある。だが此処で、安心し切ってはいけない。パワーに価値観を持つ国は、まだまだ、多い。凛として、「寄らば切るぞ」の心を示すことも大切だ。その1つとして、20年の経過を経て、X-2・次世代ステルス戦闘機、が試験飛行に成功。日本の戦力に大きなパワーが上乗せされる。純国産の持つ意味は大きい。特に原爆を持つ国、に強いメッセージとなる。オリンピックと同様、日本の存在感、は大きくなり、責任も大きくなる。

 国内世論も、大きく好転することを祈って、本稿を終わります。

  
―終わり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の 「『戦争とは何か』 雑感」

2016/02/29 17:25
【はじめに】 
 前稿で(ねごと)は現在、日本は動かず世界の動きを、 じっくりと観察、分析、すべき時、と主張した。

 日本の望みは一口でいえば、「建国以来世界最古3千年になんなんと、する歴史と、一系の皇室を含む国体」を守る こと、と言える。

 現在国連加盟国は約200。それぞれ国体を守る意志は持っている筈だ、然し其の為に、国力のパワー、アップを必要としている。

 世界は、未だ覇権を争っているのだ。
 ISテロ集団対国連の戦争は、そのことを証明している。これを「第3次世界大戦の始まり」と称する人もあり。 「西欧文明の晩鐘」分析する人もある。

 どちらも、穿った見方だが、異を唱える気はない。戦争について、改めて、考えて見るのも、この際無駄ではない、と思って、一文を纏めることとした。


【戦争の原因】
 古来、人間は人口が増えると集団を作り、リーダーを選び環境に適応しようとした。此の集団は動物と同じく「縄張り」を作って、生活の安定を図った。作物を作り、水を引き森林を確保した。此の「縄張り」が交錯して争い、自己主張したのが戦争なのだ。長い年月を経過して現在に至るが、その本質は殆ど変わらない。


【日本の場合】
 日本は世界の国国にくらべると、「非常に特異」と言える。立地条件は島国で隣国と海を隔てている。四季の気候も恵まれ、農産物。海産物。も豊富で「縄張り」争いも、深刻にならなかった、と推定される。神話に依る、国作りでも、他集団とは、血なまぐさい争いは記録されていない。
 世界最古の聖徳太子の憲法、第1条は「和をもって、尊しと為す。」であり、国体の基本ともなつている。又、史上最も荒れた、戦国時代でも、勝者は庶民、農民、は殺していない。


【西欧列強の海外植民地政策】
 一寸横道に逸れるが15世紀末以来、約500年、の間、西欧白人が未開の世界に行った、侵略・略奪・残虐の数々は、日本ではあまり知られていないが、西欧白人の、世界史上最大の汚点である。

 此の流れを阻止したのは、終点であり、小さな島国、である日本であった。「西欧の晩鐘」は此の時から鳴り始めた、と云ってよい。爾来「大東亜戦争」に至る。

 戦争の本質は、「自己の思いを遂げる」事だから天皇陛下の国民をお労りになる御心の決断で終戦になったが、結果として、連合国は海外の植民地を失い日本は思いを遂げることとなった。「戦争は総て悪」の思想は日本を占領した、連合国が彼らの為に、日本人を洗脳したものである。連合国のその後を見れば、世界に紛争が絶えたことはない。子供にも理解できる。終りに、対日戦の総司令官マッカーサーの議会での証言、「日本は自衛のため、戦った」の一言を加える。


【戦争の種類】
 さて、標題について、その原因、とか、戦争が齎した結果、等を述べ、「日本の独自性」についても述べた。戦争と云う、角度から観察しても、確かに日本は古代から、世界との間に全く異なる経緯を示している。日本の存在は確かに、世界の道標になりうる。
稲田朋美、政調会長の主張する「道義国家」である。

 「覇権国家」では、世界平和は100パーセント作れない。
所で、中国は1999年「超限戦」なる表現で、国家戦略を発表した。戦争には今までの、ドンパチだけでは無く、「国家テロ」、「諜報戦」、「金融戦」、「ネットワーク戦」、「法律戦」、「心理戦」、「マスコミ戦」など何でもあり、と云うことだ。当然、担当者は一般人も含む。従って戦略研究も長期、必要としている。

 挑発的意図を感ずるが、時代錯誤とも感ずる。いずれにしても、隣国として、警戒すべきだ。


【終りに】
 論調が定まらず、御迷惑かけました。何といっても、国防の最大の要件は国民の、「覚悟」です。憲法が国を守ることはありません(笑い)。

 既に、「超限戦」は国内で熾烈に戦われています。マスコミ、国会、その他、平静によく見てください。
 国民の覚悟が国を守り繁栄を図るのです。      


―終わり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の 「年寄りの繰りごと 2」 補足

2016/02/05 07:00
【はじめに】 
 前稿は大雑把に纏めると、 国連の無力化が進んで、世界全体が大混乱になり「その前途が予想出来なくなっている」と分析している。

 然し、「果報は寝て待て」の部分は多少ふざけた、印象を与えたと反省しているが、現在    の世界を見ると、正に日本の採るべき最善の態度と、改めて考えている。「急いては事を仕損ずる」と云う教訓もあるが、世界の大変化の進行を今は、ジックリ観察する時、と信ずる。

【物の見方と考え方】
 小生も今年90歳になる、年寄りの繰りごとも「味わい深く」なるべき、と思うが、寧ろ少し、短気になった気がする。然し「乗りかかった船」。人生の経験を土台にして、これからも、頑張りたい、と思います。 

 今年も年頭から、世界中で騒乱が起こっていますが、1つ1つに「拘る」ことなく、長い目で流れを見ると、その本質が理解できるのです。

 国連とIS テロは双方とも関係のない無辜の民を殺害しているが、テロを非難するが空爆の非難は少ない。
  「何方が残忍で野蛮人」と思いますか?スポーツでも勝負を争い、勝利を祝福するが、スポーツにはルールが有り公正な審判の判定に依り、成果が定まる。

国連は、大東亜戦争で原爆を、広島・長崎、に落とし、全国的に、焼夷弾で街を焼野原とした。国連は、本質的に(西欧人と云ってもよい)残忍な野蛮人と理解する。敵対する、相手を強く非難して、(嘘を含む)自己擁護する。卑劣な組織。少々厳しい、表現だが小生の本音です。

【日本の役割】
 日本は、敗戦後、70年、コツコツと世界に貢献してきた。先ず70年、と云う年月の長さ、の人間的感覚。評価。を土台にすべきだ。

 国連運営費。世界第2位。ODA(政府開発援助)を中国にまで、行っている。しかるに、「敵国条項」は未だに、残っている。これは国連が戦勝国の集まり、にすぎない、証しである。世界平和の推進等、夢物語。下世話に言えば 「ぶったぐり、強盗の集まり」。と言える。憲法問題と並べ、日本の真の、独立に必要な2本柱だ。

然し風向きが、幸い変ってきた。経済問題である。経済は国力の基本。国連の主要国の経済力は、並べてよくない。

 中国は株の暴落で世界経済に大きな、影響を与えたが、通貨(元)の信用も大きく下がり、破産は必至。

ロシヤは、原油の世界的暴落を受け国の減収が大きく、前途は暗い。ユーロは移民難民問題。経済も牽引役ドイツの経済の停滞、で対策に困窮している。

アメリカは既に国連の警察官の役を辞している。恐らく、世界平和の確立と云う国連憲章の  旗は下ろさざるを得ない。日本の立場はどうなる。重ねて云うが此処は静観すべき、と思います。アインシュタイン氏の「西欧が自己の利益の為、争い戦いそれに疲れた時、日本が必要になる」という此の予言は流石。恐れ入る。

【まとめ】
 先日、両陛下は、ヒリピンを御訪問されました。戦争で亡くなった、御英霊と戦いに巻き込まれた、100万と言われる、ヒリピンの人々、の御魂に敬虔な祈りを捧げられたのです。そのお姿に、ヒリピンの方々は感動され、スペイン、アメリカ、の植民地から、独立した現在、日本に心から、感謝したのです。

 御皇室の存在は今後も、世界中に言葉で表せない感動を与えると思います。世界では、「言論の自由」を大切にしますが、自由を利用して真実より虚構を大声で訴える国が多い。両陛下のお姿を拝見して、言葉より大切な「心」を拝見したのです。

 最後に御高齢の両陛下のご健康を祈り、皇太子殿下に御公務を少しずつお譲り下さるよう、お願いして終ります。    
     

―終わり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の 「年寄りの繰りごと 2」

2016/01/06 11:16
【はじめに】 
 昨年の、「年寄りの繰りごと」は現在読み返しても、昨年の世界状況を表している。占いでは無いので、「当り」とは思わないが、世界は「大変革を必要として」大きく動き出していることは、事実だ。その方向は、多小の差はあっても多くの人が、感じている。

具体的に云うと、世界を動かしている、主体は国連であり、国連、対テロ集団、は明確に戦争に入っている。お互いに、原因について、言い分が有るのは、当然。然し、国連は、積極的に話し合い、をせず、空爆を激化している。恐らく、パワー、対パワー。では国連の平和維持の役割は、達成が困難、と見る。

 「年寄りの繰りごと」2では及ばずながら、(ねごと)の考えを披露します。


【歴史は真実に依って確定する】  
 歴史は真実に依って確定する。これは当たり前の事で、改めて、主張すべきことではない。然し現実の国連の対日政策は、全く事実に反している。

(1)「憲法成立の真実」。 国連は20万人の公職追放をして、議員の質を替え、行った。
(2)「東京裁判の欺瞞」 。裁判成立性。事後法。ともに、世界法違反。 
(3)「マッカーサー宣誓、証言、の重要性」
「対日戦(大東亜戦争)は自立の為戦った。」国会での証言、で歴史的な価値ある事実である。残念ながら、現在アメリカ国会議員も知らないものが多い、と云う。
 日本では殆ど「侵略戦争」と信じる、国民・議員、が多い。

 前国会で憲法学者の意見が尊重されたが、(ねごと)は国連の洗脳に感心するが、歴史の真実を知らない国民に唖然とした。
 平成21年出版の本で「日本人よ、もっと悪人になりなさい」 (上坂冬子、小林よしのり著 ワック出版)は、面白くとても参考になる。 悪人に対しては、「強くなれ」とする意味が有ると、思う。
 
 歴史の大切さに付いて、愚論を主張しました。


【天は自ら助ける者を助ける】
 今の日本は真実の歴史を、あらゆる手段で、世界に広報すべきだ。
 プロパガンダの盛んな世界に対しては、強い意志で、然も大量な主張が大切だ。宣伝は日本の最も不得意、の分野だけに、「悪人になる」覚悟が求められる。
 況して、真実の歴史である。
 標題は深く心に刻むべき、事だ。


【世界の大変革】 
 国連は日本に対する、プロパガンダを訂正しなければ、その存在意義を失い世界の大動乱を治めることは、不可能となる。数世紀にわたる、欧米の神を恐れぬ、悪業は、いまや、世界史の汚点として、テロ、移民の大移動。に証明されつつある。


【果報は寝て待て】 
 日本には面白い格言が有る。長い歴史の経験、の知恵。だろう。欧米主導の歴史は、日本の先人が、世界史に踊り出てから、今は、無駄な、動きより、寝て待つ時代に入っている。(ねごと)の感想で今稿の終り、とします。
      

―終わり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


謹賀新年

2016/01/01 00:00
画像


明けましておめでとうございます。
旧年中はこのブログへのご訪問、誠に有難うございました。

新春を迎え、本年もガラス瓶に入れられたお手紙を、
丁寧に開封し、皆さまへと届けて参ります。

本年も日本の国の安寧と、このブログをご訪問下さるすべての方の、
より一層のご多幸とご健勝を心よりお祈り申し上げます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


平成二十八年元旦


   ブログ「ガラス瓶に手紙を入れて」
     執筆者一同
     ブログ管理人〔しーたろう〕

*  *  *  *  *

本年もこのブログをご支持頂ける方は
 人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、本年も様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


寝言の  「日本の黎明は世界の昏迷か?」

2015/11/30 20:23
【はじめに】
 前稿にて「戦後70年にして日本は黎明を迎えた」と題し、世界が日本を必要とする、要因を書いた。

 今稿では、その直後、I・Sのパリでの悲惨なテロ事件を初め、ユーロに対する大量移民問題。中共のシナ海における、傍若無人の軍事基地作り。等々、世界は時とともに昏迷の度合いを深めている。これは人類の宿命だろうか?


【平和について】
 平和とは、「戦乱が起こってないこと」と云う笑い話のような答えが有る。これは戦乱が常に起こっている、証拠でもある。現在は勿論平和では無い。
 
 しからば、人類は如何に為すべきか?が今こそ、問われているのだ。

 前稿で(ねごと)は「アインシュタイン氏の予言」に触れた。今読み返しても、氏の世界観が本質をついていることに感動する。それは世界の情勢判断ではなく人類の性を理解されているからだ。

 戦乱を収めるために、パワーを使用する現在の方法では、形を変えて、更なる、戦乱が起こる。それは日本の敗戦後の世界を観察すれば、歴然としている。
           
 安倍総理はアメリカとの同盟強化を約束した時、一般庶民が安心して生活できるため」と目的を入れた。中国を牽制するためだけで無い、立派な具体的目標だ。尤もアメリカ側が理解したか、どうかは不明である。前稿でも安倍政権への期待を述べたが、「法律を守る積極的平和主義」正しい発言だと思う。


【日本精神とは】
 少し別の観点から日本と欧米諸国の違いを検証してみる。「カミカゼ」と云う言葉で欧米では、人間性を無視した無駄な行為と揶揄しているが、事実は違う。海軍トップは許可・命令、をしていない。前線部隊の判断で(国家国民を守るために、窮余行った作戦だった。 

 英国のリチャード氏は著書の中で神風特別攻撃隊の驚くべき戦果を書いているという。それはアメリカの公式発表であるという。次の表にまとめている。
     
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
     一般の攻撃による戦果  神風特別攻撃隊の戦果
戦艦        0              10
空母        1              12
駆逐艦      13              63
その他      24             104
==========================
合計       38             189(件)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 神風特別攻撃隊は、決して無謀で、犬死、では無く、志が立派に果たされていた。上記の米国の公式発表を見て、先輩方の敢闘と真心に言葉を失った。勿論国難に際し、殉死された、英霊に心から、哀悼の意を捧げ無くてはならない。出来得れば、天皇陛下、政府要人も、他国を気にすることなく、靖国参拝されることが1日も早く実現することを熱望する。他国とは国連のことである。

 国連の現状は正に「昏迷」の極み、政府が理を以て要求すれば、断る理由はない。安倍政権に進言したい。

 神風特別攻撃隊は、正に日本精神の権化である。


【終りに】
 日本と国連諸国との違いを述べてきたが、世界最古の歴史・皇紀2千7百年・万世一系の皇室・此の国体、こそ、彼らが、絶対に近付くことすら出来ないものだ。此の事に誇りを持ち、戦後彼らから受けた屈辱感を払拭し心から(日本こそ、世界を「昏迷」の底から救うために存在する、唯一の国である)、自信と自覚を持って活動すべきである。

 幸いにして、安倍政権は長期継続の見通しで、外国に対する、発言も重みを増している。条件は整った、後は、神仏に祈るだけだ。


―終わり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 0


寝言の  「戦後70年にして、日本は黎明(新時代)を迎えた」

2015/10/29 07:00
 【はじめに】
今年は戦後70年、反日国(中国・韓国)の動向は予想していましたが、世界的に、各国、各地域、で予想外の事件・紛争、が頻発。その原因や実情の報告も、入り乱れています。(ねごと)は国連の存在が全く機能せず、昨年、当ブログで心配したことが、予想以上に早く、実現したことに、驚いています。

 結局、国連は第2次世界大戦の勝者の集まり、に過ぎず、 覇権主義から脱した、新しい真の世界平和の構築が出来なかったのです。


【アインシュタイン氏の予言】
 氏は20世紀を代表する、科学者であり、教養人であります。
 1922年、訪日の際日本に託した言葉、と言はれております。 下手な解説は抜きにして、その全文を紹介します。

 「世界の未来は進むだけ進み、その間、幾度か争いは、繰り返されて、最後の戦いに疲れる時が来る。その時、人類は、真の平和を求めて、世界的な盟主を揚げなくてはならない。此の世界の盟主なるものは、武力や金力では無く、あらゆる国の歴史を抜き超えた最も古く、又尊い家柄で無くてはならない。
 世界文化はアジアに始まり、アジアに帰る。それはアジアの最高峰、日本に立ち戻らねばならない。
 我々は、神に感謝する、我々に日本と云う尊い国を作ってくれたことを――。」

 此の予言は「何時どこで為されたか、実証出来ない」と云う人もいるそうだ。(ねごと)は此の全文を読み感激した人は全く気にしないと思う。当時世界の実情を心から憂い、日本の歴史を深く研究した、氏にして初めて出来る予言だからだ。

 然し問題はこれからだ。氏の日本に対する、憧れと期待に答えることは、容易ではない。
 日本は第一に、全国民が歴史と国体に誇りを持つことだ。

そして「人類が求める真の平和」を実現しなくてはならない。
 「安保法」はやっと、成立したが、議論を通じて、議員は更に、更に、目線を高くし、政局に拘るより、世界情勢に意識を高めて欲しい。更に「歴史認識」も国民の選良として、自覚すべきだ。
 戦後の日本人は謂われない罪悪感に犯されている。「大東亜戦争」は各国に迷惑をかけた。例の、「村山談話の歴史認識」だ。(ねごと)は開戦時、中学三年生。此の戦争は聖戦だと信じていた。

 現在では実証するのは簡単だ、開戦時、独立国は50に満たなかった。現在、200国を超える。戦後独立した国は150である。近代世界史上空前絶後の事件と言えよう、原因は大東亜戦争、以外考えられない、此の戦争は聖戦そのものであった。

 アメリカが戦後、太平洋戦争、と呼び名を強制した、のは歴史の真実を恐れたのであろう。
 戦後バンドン会議に出席した、日本代表が心温まる、歓迎を受けたのも心すべき、事だ。

 旧白人国家の植民地が先を争って独立したのだ。真の世界平和を実現するための、地政学的地ならしが完成した。
 次の問題は、残存する、人種差別問題だ。

遡って第1次世界大戦に視点を移す。当時、日本は国際連盟の理事国であつた。軍事的には山東半島のドイツ軍を壊滅。海軍は地中海に進出。連合国の安全航行に寄与した。

 本稿に関係する面では戦後、パリ平和会議において、日本は、理事会で「人種差別、撤廃」を提案した、賛同国も多く理事会では賛成多数、 成立確実と思われたが、議長国アメリカに反対され、成立しなかった。

 以来「人種差別撤廃」は国是となっている。その源流は恐らく、幕末にある。と見ている。今日では世界の常識となったが、日本の貢献は大きい。これで、真の世界平和を考える条件が進捗したと思う。

 シュペングラーは西欧文明に絶望し(西洋の没落)を書いたが、現在、 日本も西欧文明の影響を受け、自然の恵みを軽視する、流れに乗っている。

人口減もその1つと言はれている、先進国の悩み、だ。日本も大きな問題を抱えている。世界平和、問題から脱線して申し訳ない。


【安倍政権の誕生について】
 第一次政権は、体調悪く短期にして終わった。然しその志は、誰の目にも明らかに見えた。
 第二次の誕生は神懸かりと思えるほど「幸運」に恵まれた。以後選挙は全勝。安倍晋三は運もよいが、運を最大に生かす、力量の持ち主だ。

 安倍政権は「地球儀外交」に成果を上げているが、健康に留意し日本の黎明を迎える担当政権になることを期待する。


―終わり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へ面白い ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0


一阿の 「問わず語り」8 (最終章)

2015/09/29 07:00
第一章で、降る雪や/明治は遠く/なりにけり(草田男) をあげ、昭和20年8月15日以前と以後では、いふにいはれぬ違ひがあると申しました。そして「問わず語り2」で、桶谷秀昭さんの「昭和精神史」の一読をお勧めしました。

日本は理屈の国ではなく、問わず語りの国です。戦前と戦後では、古木を斬ったときの年輪のやうな不思議な差があります。以下は「昭和精神史」の最後の頁です。


「 ・・・・生活の場は焼け跡の廃墟に建てられた掘立小屋であった。空腹をかかへ、乞食のやうな身なりの日本人が、進駐米軍兵士が惜し気もなく路上に捨てた煙草を拾って吸った。あちこちの闇市に人はむらがって、不潔な食べ物にむさぼりつき、あやしげなアルコオルに渇をいやした。

粗悪な用紙に米語と日本語を併列して印刷した手帳のやうな米会話本が飛ぶやうに売れた。中学校は再開されたが教科書がなかった。やむなく戦前の教科書の占領政策に都合のわるい部分を墨で塗り潰したのを使った。それを怠った学校があれば、CIE(Civil・Information・and・Educatin・section/一阿注.)から憲兵を連れて視察にきた米人調査官から、叱責と廃校を暗示する威嚇を浴びた。

米軍兵士がもたらしたアメリカ文明の物質的ゆたかさが、日本人大衆を幻惑した。占領のはじまった頃、日本人婦女子の性的防波堤に殉ずる悲壮な米軍兵士相手の淫売婦が募集されたが、やがてその悲壮感は消えて、パンパンといふ名の日本婦人が、米兵士の腕にぶら下がって嬉々として街を歩く風景がみられるやうになった。

「アメリカ軍とパンパンは日本から出てゆけ。」 といふビラが、革命の前衛を自負する政党によって電柱に貼られた。パンパンは日本人である。「人種的同胞感覚」 を欠落した残酷が感じられる。「みんな濁流に押し流されてゐる。」 と 河上徹太郎は 『1946年』(「新潮」昭和21年11月号) に書いてゐる。「然し、汚濁は語るに適しない。といふのは、不愉快だからでも、無価値だからでもない。それは無限定だからである。全く悪夢の如き歳月である。」

しかし、精神的廃墟と汚濁の地下に悲しみだけが流れてゐた。それをこの年の12月に発表された小林秀雄の『モーツァルト』に見る。瞬時にあらはれては迅速に消えてゆく言葉にならぬ悲しみ、朝焼けの流れゆく雲に明滅するおそろしく透明な永訣の感情。《一阿は二十歳のころ、このど真ん中に住んでゐたので、いちいち身につき刺さる。》

すでにいったやうに11月に日本国新憲法が公布された。非武装を宣言し、絶対平和を世界に懇願する米文和訳憲法である。明治憲法は消滅し、 極東において十九世紀末に最初に創建されたアジアの草花の匂ひのする近代国家は完全に崩壊、消滅したのである。 そして平安朝以来の歴史をもつ国語体系の破壊をもたらす現代かなづかひが制定された。

さらに翌12月には米国式6・3・3 制の新学制が予告された。この決定的な事態にたいして注目すべき反応はなにひとつ起らなかった。あの悲しみにくらべればそれは何事でもなかった。いはんや汚濁と精神的廃墟にとってをや。八月十五日以降に生き長らへた者に、さらに決定的な別れの時が、すでに過てゐたのかもしれない。

夜来の颱風にひとりはぐれた白い雲が/気のとほくなるほど澄みに澄んだ/かぐはしい大気の空をながれてゆく/太陽の燃えかがやく野の景観に/それがおほきく落すしずかな翳は/・・・・・さよなら・・・・・さやうなら・・・・・/・・・・・さよなら・・・・・さやうなら・・・・・/いちいちさう頷く眼差のやうに/一筋ひろがる街道をよこぎり/あざやかな暗緑の水田の面を移り/ちひさく動く行人をおひ越して/しづかにしづかに村落の屋根屋根や/樹上にかげり/・・・・・さよなら・・・・・さやうなら・・・・・/・・・・・さよなら・・・・・さやうなら・・・・・/ずっとこの会釈をつづけながら/やがて優しくわが視野から遠ざかる。 (伊藤静雄「夏の終り」)

この詩が発表されたのは昭和21年8月、敗戦より1年目の夏であった。」


わたし(一阿)は「問わず語り」の1から7で、今の日本の国に対して抱えてゐる心配を綴りました。それはわが国の進歩的知識人や市民と称するサヨクな人達或はマスメディアが、平和に馴れて、自国を護る安保法制にたいしてさへ、戦争・戦争と騒いでゐる実態を目にするからです。

桶谷氏は「絶対平和を世界に懇願する米語和訳の憲法」と書きました。野党はこの憲法を盾に安倍潰しにやっきです。「昭和精神史」には「平安朝以来の歴史をもつわが国の国語体系の破滅をもたらす現代かなづかひ」とあります。新憲法の制定とよく似た粗雑な方法で決まった現代かなづかひ公布の実態は、阿川弘之と那珂太郎の対談で書きました。

あまつさえ、在日韓国人が国籍や名前を変へ、或は一代前は在日であった国会議員が野党の名のもとに反日亡国の論を為す現状は敗戦直後と何ら変っていません。大正の末期に生をうけ、戦前と戦争と戦後、そして平成を経験した私は、紛れもなく、祖国の嘆きが体感として身体の底に流れてゐます。本や人の話ではありません。戦前は良かった。本当に良かった。決して軍国ではありません。

小学生のころ叔父がクラリネットを祖父に買ってもらってボレロ(1928作)を練習してゐました。いい曲だなあと子供のこころで思ひました。マスコミによればそんな外国かぶれの者は憲兵にしょっぴかれることになってゐます。スケートの真生ちゃんが世界大会で滑るあのトーランドットも小学生のころ(昭和13)箱型ラジオで聞いたことを思ひだします。あの歌劇の文句を真似して家のものを笑はせた思い出があるからです。

戦前は軍国主義でギスギスしていたなんて大嘘です。昔の日本は豊で静かで温かかった。国家は命がけで国民を守ったし国民は国家を心から尊敬した。何よりも国民の心、国家の中心にはしっかりした心棒がとおってゐました。それが今では民主党や野党は言うにおよばず自民党でさへサヨク的な言動をなす人がゐます。靖国神社の新社屋分離を画策してみたり(極東裁判史観に毒され)、女帝と女系の差さえ知らない首相がゐたり嘆かわしいかぎりです。

もっとも、保守の源流のやうに言はれる吉田 茂 でさへ戦前はリベラルに位置した外務官僚だったのですから。GHQがちゃんとした保守の政治家を容認するわけはありません。それでも彼は世を去る前に自分の唯一の失敗は自国防衛の軍隊をつくらなかったことだと言ってゐます。これは海上幕僚長をしてゐた故吉田学氏から直接聞いたので間違ひはありません。

「昭和精神史」には更に「・・・翌12月には米国式6・3・3制の新学制が予告された。」とあります。これが如何にわが国の教育に弊害を及ぼしたかは昨今マスコミで騒がれてゐる事象を見ればよくわかります。先祖が考え抜いて作った徳川時代の寺子屋、明治維新以降日本人が自ら考へた6・5・3制。 戦争に負けたと言う理由だけで何故変へねばならんのだ。と言ひたくなります。国家、呆然自失のうちに最も大切なことが次々に変わってゆきました。憲法・ 言葉(新かなつかひ)・ 教育(6・3・3制)。「この決定的な事態にたいして注目すべき反応はなにひとつ起こらなかった。あの悲しみにくらべればそれらは何事でもなかった。(8月15日)」

今、新しい政治家が出て、本来の自然な日本人の国にもどさうと呼びかけると、過半数の日本人と称する市民達が絶叫する。まるで進駐軍のやうに。「憲法を守れ!」 「教育制度改悪反対!」 「軍国主義反対!」 世の中は、たいてい目に見えることより目に見えないことの方が怖いものです。マスコミは馬鹿らしいですが馬鹿にできません。それは目に見えないからです。

マスコミのおかげで、今や共産党が音頭をとって安倍おろしの狼煙をあげるまでになりました。喜んで応ずる政党もあれば、安倍はおろしたいがそれは・・と風見鶏を決め込む政党もあります。ただ、共産党が一頃の十倍にまで勢力を伸し政界に音頭をとるまでになったことを忘れてはなりません。彼等の最終目標は「天皇制廃止」なのです。早くあの富安風生の句のやうな・・・

よろこべば/しきりに落つる/木の実かな

の明るく楽しい国になって欲しいものです。


― おわり ―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 0


一阿の 「問わず語り」7

2015/09/24 07:00
先月3日に阿川弘之が亡くなりました。しかしマスコミは何故かあまり取り上げませんでした。 連日、芥川賞をとったピース又吉のことで持ちきりです。勿論悪いことではありません。ただマスコミの本質がよくわかります。

阿川尚之(慶大法学部教授)は長男で、著書「海の友情」は戦後海上自衛隊と米国海軍の関係を書いて海上自衛隊の功績を紹介しました。この中には外務省が羨むくらいの第七艦隊と海上自衛隊の良好な関係も、海幕長であった吉田学(兵学校75期)の見事なはたらきも出てきます。

前掲(問わず語り6)で「かな遣ひ」のことを書きましたので、話を進めます。阿川弘之(文化勲章)は、戦後志賀直哉の知遇を得、小説家として出発、海軍提督三部作「山本五十六」「米内光政」「井上成美」は有名です。勿論その他多くの著書があります。

阿川弘之と那珂太郎の対談が『宙・有その音』(那珂太郎著・平成14・花神社)に出てゐます。その中で「日本語の特質と旧かな遣ひ」があります。それには、どのやうな経緯で、新かな遣ひができたかが語られてゐます。


248頁・・・

「那珂 : 志賀直哉の話にもどりますが、志賀さんが日本語をやめにしてフランス語を遣ふといいと言はれたのには、驚きましたね。正直に言ひますが、あの時期ぼくはあれで志賀直哉を前ほどは読まなくなってしまひました。

阿川 : さういふ人が他にもゐますね。志賀先生は直感でものを言ふから、短絡的になるところがあるのね。論理的に思考を練りに練ってといふ方ではないでしょ。公害問題が資本主義のせいで起こるのなら、いっそ日本もアカになってしまったはうがいいともおっしやったけど、さうはいきませんよね。さすがにあのときはこのぼくも先生に楯ついた。フランス語説も、ごもっともですと言ふわけにはいかないから黙ってました。ひたすら。(笑)。

那珂 : 最後まで撤回しなかったんですね。

阿川 : あれだけ美しい歯切れのいい日本語を書く人がああいふんだから、これはどうも弱りました。 丸谷才一さんにはぼろくそに貶されてしまふし。ただ若干弁護しますと、一つには日本語は論理的に表現しようとすると、やっかいな言語ですね。「ピストルを構へて逃げる犯人を追跡中の警官が」って、かう新聞記者が書きますね。ピストルを構へてゐるのは警官なのか犯人なのかわからないでせう。

那珂 : 関係代名詞がないから。

阿川 : さう。例へばかういふ日本語のアイマイなとこ、スカッとしないところが、志賀先生、我慢ならなくなるんです。

那珂 : でも、志賀直哉は新かな遣ひと漢字制限には賛成されなかったんでせう。

阿川 : されなかったです。

那珂 : 元旦用に朝日新聞に寄稿した随筆がずたずたに改竄されて怒った話が出てきますね。

阿川 : 「寅年」といふ随筆ね。あれにはすっかり腹立てちやって。

那珂 : たまたま今出てゐる岩波文庫の「小僧の神様」を買ったら、収録されてゐる「焚火」が「たき火」と表記されてゐました。

阿川 : さうですか。けしからんな。「焚」の字が、当用漢字になくて遣へないといふことかしら。

那珂 : さういふことなんでせうね。漢字と平かなを混ぜて書く混ぜ書きといふのは見苦しいですね。題名が 「たき火」 ではかなひません。

阿川 : これは文庫のはうの方針に従ったものでせうかね。 全集ではそんな馬鹿なことはしてゐませんが。

那珂 : 文章も、漢字で書かれてゐる部分が平かなに直されてゐたりすると、志賀直哉の文章のリズムではなくなってしまふんですね。

阿川 : そりやさうですよ。 (ーーーここから本題にはいります。(一阿注)ーーー)

那珂 : 戦後の新かな遣ひも、問題ですね。いかにも便宜的で、論理的な一貫性がない。もう二十年くらゐ前に佐伯章一さんがアメリカで日本文学の講義をしたら、旧かなの方が動詞の活用を教へやすいといふんですね。新かなになると、行が変わったりしますでしよ。一番困るのは、おかげで今の学生は古文が読めなくなった。文語文法が現代語とつながらないので、旧かなを読むためには全くあたらしい勉強をしないとけないんです。

阿川 : 僕は頑固だから、今度の 『志賀直哉』もさうだけど、全部歴史的仮名遣ひです。こんなことを喋ると本が売れなくなるかな。 (笑)。

那珂 : 最初に新かなにしたのは角川文庫です。漱石でも鴎外でも、新かなにしたら、断然売れゆきがよくなったさうです。

阿川 : だから最近は内田百間まで、新かなにしてしまった。中村武史さんは、冥土の先生に叱られるのを覚悟でさうしたって書いてます。

那珂 : 今は大学の国文科の学生が卒論を書くのに、漱石でも鴎外でも、ほとんどが全集なんか買はずに、文庫の新かなの本を読んで書くんださうですよ。

阿川 : ああ、さうなの。

那珂 : だからこれはほんとに困りますね。戦前の文献がもう、ろくに読めないんです。

阿川 : 福田恆存さんの 『私の国語教室』。 あそこで書かれた見通しは立派なものですね。今もみんなが考へてはっきり答へを出さないといけない問題が提出されてゐます。

那珂 : さうですね。あれは大変な労作です。戦後すぐの頃、マッカーサー司令部ではいろんな調査をやった結果、漢字を悪魔の文字と称して、日本がああいふ無謀な戦争に突入したのは、漢字といふ一般の庶民にはわからない記号を用ゐたからだ、廃止するかもっと少なくしろといふやうなことで、文部省から国語審議会にはかって、新かなだの当用漢字だのというああいふ訳のわからぬものを決めたわけでせう。ところがGHQの係官があとで田舎を回ると、識字率は、アメリカや他の文明国よりはるかに高いことが確かめられて、それからはもううるさく言はなくなった。それをローマ字論者やカナ文字論者がどさくさ紛れに決めてしまったのです。

阿川 : その話で思ひ出した。黒船でやって来た連中が、下田あたりでねんねこ半纏に子供を背負
ったみすぼらしいみなりの裸足の女が、熱心にお触れ書きを読んでるのを見て、かういふことはアメリカではあり得ない、これは大変な教養のある民族なんぢゃないかとたまげたさうです。」

以上で対談からの抜粋を終ります。


私(一阿)は思ふのです。国語が乱れた結果、自分では気づかないうちに、考へ方が戦前の美しい日本人にもどれないほど遠くへ来てしまったのではないかと。それほど占領軍は日本の再起を恐れたのです。マスコミや反日議員の行動をみてゐますと、彼等の仕掛けた目に見えない時限爆弾が戦後70年経って爆発している現場を目にします。特に先週末の安保法案反対に対する、野党や市民の暴力的な情念やマスコミに煽られての思い込みを目の当たりにしますと、まるで他国人と錯覚するほどです。

美しいとは「教育勅語」の「克く忠に克く孝に億兆心を一にしつ世世厥(そ)の《美》を済(なせ)るは・・」の美です。大体真・善・美 なんて発想はカントの価値分類で、日本古来のものではありません。

大和民族には渾然と一つになった《うつくしい》こころが在りました。理屈の国ではありません。問はず語りの国です。なんでも理屈で考へて相手をやりこめないと気が済まない外国(とつくに)とは違ひます。明治維新以降、特に大正時代に入り、西洋に追いつけ追い越せで、高い襟をつけたハイカラさんへの尊敬と真似が極端になりました。

勿論わが国が発展してゆくためには無くてはならない過程です。しかしそこで日本人の歴史とプライドを忘れてしまっては元も子もありません。戦前使ってゐた国語を変へられても、憲法を変へられても、何の痛痒も感じないばかりか、あの安保法案採決の最後の一人山本太郎の醜い無駄話を見てをりますと、お前はどこの国の人間だ!と叫びたくなります。昔は与党野党と言っても、ともに大東亜戦争を戦って、レイテ沖海戦では、一緒にシブヤン海を泳いだ人達です。共産党を除いては、この先輩達が論戦を闘はせてをりました。

永末英一は民社党の党首でしたが、乗艦の重巡・摩耶が沈み、救助されて乗った武蔵も沈みます。九死に一生を得た彼は戦後社会党から立ちますが、生涯自分が、レイテを攻めた栗田艦隊の長官栗田健男提督の副官であったことを忘れませんでした。昭和53年、水交会で偲ぶ会があった時、永末氏は「長官は すぐき がお好きだったので、季節になると何時も京都のすぐきをお送りして、とてもお喜びになりました。」と懐かしそうに語ってゐました。(尤も私《一阿》は栗田健夫長官をあまり評価しませんが)

戦前の人は主義主張は異なっても、国家を思う気持ちは同じでした。しかし最近は、共産党はじめ民主党、社民党、大阪派の抜けた維新の党、生活の党、山本太郎となかま達 等々 論説や行動を見ると、国家はそっちのけと言ふよりも、反日 亡国 の言動が目につきます。 それも仕方がないかもしれません。日本国歌が大嫌いな総理大臣 菅直人 を選ぶなんて失敗をしてしまったのですから。

中村天風先生はよく言はれました。「お前達の心を操縦してゐるのはお前達の潜在意識なんだよ。」「これはね、人間の理性の更に上にある霊性の住みかなのだ。」 「霊性とはね、神仏のことだ。キリストや釈迦のことではない。古代インドでは人間を超へた不思議な力を宇宙霊と言った。なかなか面白い言い方だ。」 「潜在意識は寝てゐても働いてゐる。しかし人にはおろか、自分にも分らない。この潜在意識の中には、宇宙霊の持つ無限の力と結びうる不思議な働きがあるのだよ。」 そうしてこの潜在意識を綺麗に掃除する方法を一生教へ続けられたのでした。

宇野千代や京セラの稲盛和夫は天風会員ですが、私は会員ではありません。ただ63年前言葉で尽せない程お世話になりました。さて、天風先生が潜在意識の掃除で一番大切にされたのは、「暗示」でした。我々は生涯暗示に囲まれて生きてゆきます。人は80年か90年、その暗示によって人生観や思想を持ち、国家は何百年か何千年の暗示の末にその国の文明や国家観を持ちます。現代の世ではテレビが暗示にとても大きな力を持ってゐます。

朝から晩まで強烈な色と音で我々を取り巻くのですから。この放映がサヨク的だとこの暗示にかかります。サヨクな国会議員が自分が何を言ってるのか自覚なしに反日 亡国の言を為すのは小さい時からの学校の先生やテレビの暗示による影響が大きいのです。これを防止するただ一つだけ方法があります。 それはテレビ等を見る時に、作られたニュースやワイドショーや解説者の説明を鵜呑みにせず、「本当にそうかな?」と一度遠くから眺めることです。

暗示は批判精神には弱いと思います。自分のちゃんとした考へと信念を持つのが何よりの対応策です。GHQは二千年の優れた歴史を持つ強い日本に戻らぬやうに、色々な時限装置を施して去りました。憲法 漢字制限 新かな遣い 教育 極東裁判史観・・・ただこの逆境の中で自らの力で、日本の本来の姿を見つめ直し、戦後の自虐史観からの脱却を信念された若い方々の姿には頭がさがります。私は何時も思います。「あの富士の嶺から染み込んだ伏流水のやうに清らかなもの」だと。


― つづく―

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


一阿の 「問わず語り」6

2015/09/17 07:00
散る花は/かずかぎりなし/ことごとく/光をひきて/谷にゆくかも。
上田三四二(大正12年)の和歌です。西行のやうに、吉野が好きで、この和歌も吉野で詠みました。飯田龍太とも仲の良かった三四二(みよじ)の和歌は日本人の心の奥にある「あわれ」を誘います。

「もののあわれ」は歴史とともに吉野の奥に眠っています。那珂太郎(大正11年)は あの世まで/つづく紺青の/空の夏 と詠みました。「平成3年、20世紀名句手帖 U」 に俳句寸感としてつぎのやうに言っています。

「・・・十代からの友人 眞鍋呉夫に誘はれ、六年ほど前から『雹の会』に参加し、俳句をつくることになった。・・・・全くの初心者と言ひ逃れはできないけれど、今でも自分の俳句は素人の域を出ないと自覚してゐる。

しかも、年に一度の小グループの書展に、自作の句を出すのを、慣はしとしているから、烏滸がましいと言はれても仕方がない。―あの世までつづく紺青の空の夏― などといふ言い回しは、修練を積んだ俳人はしないに違いない。これに季語は無いから、「の夏」と付ける。冬・春は論外、秋より夏の方をよしとした。そこに一拍おくから、「空」が 切れ となる。いかにも素人の語法といふほかあるまい。

書展でこの句を見て、半世紀余も昔の元海軍兵学校生徒だった知友がすぐ、戦争末期の神風特攻隊を連想した、と言った。これを意識して作ったわけではないが、言はれてみればなるほど、納得できた。付け足した、「夏」 の一語がそんな連想を喚起したのである。」

と。頭書の上田三四二の和歌は昭和44年ですが、わたし(一阿)はこのうたにも「無私の光」で神となられた神風特別攻撃隊の姿を重ねます。しかし、と那珂太郎は続ける。「戦争の記憶を持つ読者は、夏の空とあるだけで、あの敗戦の日の、青く深く晴れた夏空を思ひだすかもしれない。しかしそれは戦争体験を持つ読者のみに可能な感受であって、戦後に生まれ育った人にこれを求めることは無理、たぶん若者はここから戦争を連想することはないのではあるまいか。

ところでこの句、・・音読するとき「あの世までつづく」との対比から「紺青」は「今生」ときこえないだらうか。・・ これもまた、別の友人に指摘されて、はじめて作者に意識化されたことである。いはば作品の実質は読者によって作られるといっていい。」・・・ 。

わたし(一阿)はこれを延長して「国家」についても同じことが言へると考へています。だからこそ、教育が必要になるのではないでせうか。これをちゃんと知っている安倍さんは第一次安倍内閣の時から教育改革に手をつけました。「教育基本法」の制定です。

「サヨク」はこれが悔しくて仕方がありません。あの時代の安倍おろしは壮絶を極めました。今回の「安保法案」も全く同じです。「安保法案」が何故戦争法案なのか筋道を立てて説明もせず、感情剥き出しで、安倍首相を馬鹿野郎呼ばわりです、朝日、毎日、NHKはもとよりサヨクな学者・時事解説者・etc
・・・。

流石に、先日の新聞では外国人が「日本のリベラリズムは死んだ。」と「自国の首相に対して知性を抜きにして理由を説明もせず、呼び捨てにした上、馬鹿やろう呼ばわりをする山口二郎(法政大学教授は言語道断だ。」として、激しく窘められていました。恥ずかしいことです。

「我々は天安門広場で人権を無死し戦車で挽き殺されてもじーっと耐えて、決して主義の違う相手にバカやろう呼ばわりはしなかった。」サヨクな大人の一人山口二郎は何でも大人が守ってくれると勘違いしている子供の、稚戯に等しいことをしていると自覚すべきでせう。

今日(9/11)の新聞にも、中宮崇氏が「安保法案反対のデモに参加したサヨクな大人たちの中でも、法政大教授といふ教育者の立場にある山口二郎氏の言動はとくに驚くべきものであった。なんと学生たちの前で、安倍に言いたい!。お前は人間ぢゃない!。たたき切ってやる!」と差別や〈ヘイトスピーチ〉を超えた発言をしたのである。」と言っている。

これを聞くと、この後で出てくる純和種に対する外来種なんて悠長なことは言ってられませんが、わたしはこういふ種類の人間を外来種と呼びます。敗戦後、占領軍によって国語まで干渉を受け、カナ文字論者や、国内の外来種の協力によって、新仮名使いと言う、みょうな国語ができました。那珂太郎はこれに信念をもって反対しました。

上記、那珂太郎の文章に限り、厳格に旧仮名を使って書かれたことをお伝へして置きます。また仮名と漢字の使い分けも詩人の感性によるものと思います。日本の国語には微妙な感情の動きが表現される性質があります。わずか一字違ってもそのニュアンスは変ってきます。

戦勝国のGHQは独・伊の国語には全く手を加えませんでしたが、黄色人種の日本の文化には土足で踏み込んで、無礼にも改変を欲しいままにしたのです。これは銃器の弾と違いますので、国民には分かりません。しかし百年、五百年、千年経つと効果を現します。

「ぜんまいの/のの字ばかりの/寂光土」。川端茅舎は残り少ない生命の中で、古来からある薇(ぜんまい)に仏を見ました。この美しい音韻と、まるで薇(ぜんまい)の姿をした「の」の字をご覧下さい。「かたまって/薄き光の/菫(すみれ)かな」。渡辺水巴の句にも、小さな純和種の日本すみれの淡い温もりが感じられます。外来種の色あざやかな菫にではありません。千葉県鹿野山上の、可憐な日本すみれにこころを惹かれたのです。

たんぽぽも外来種が増え、背の高いしっかりした茎を持つ西洋たんぽぽばかりが、目につくやうになりました。外来種は草花や昆虫や魚だけではありません、日本の国に住む人の間にも増えてきました。勿論排他的なことを言っているのではなくて、こころの中の問題を言っているのです。

三年ほど前、中井洽と言う国家公安委員長がいました。陛下をお迎へする大切な式典で、少し陛下の入御が遅延遊ばされ皆起立してお待ち申し上げていたところ、こともあらうにこの男は「秋篠宮が座らんから我々も座れんのだ。」とぼやいたのです。新聞やテレビで報じられましたが、わたしは、怒り心頭に発すると言うよりも唖然としました。いくら民主党の暗黒時代とは言へ国民の「公序良俗」を取り仕切る「国家公安委員長」です。これなんかは、まさに外来種に数へられます。この悲しみは今でもはっきり覚えています。

詩人・那珂太郎は昨年の如月に亡くなりました。最後まで、新仮名の使用を拒否したことは有名です。最近奥様はこう申されました。「主人は、新聞社から文章を新仮名に書き換へてもよろしいですか。と質問を受けると、『厳しく、駄目だ。と断りました。出版業界でもそうでしたので、若い頃には仕事を失って、ときどき生活にも差し支えました。」と。

昨年、万緑のころ「那珂太郎を偲ぶ会」で奥様の隣に座られた大岡 信 夫人が「主人が今日あるのは、那珂さまのお陰です。」と深く頭を下げられるのを垣間見ました。大岡 信 はご存知のやうに「折々のうた」を新聞に連載した有名人です。まだ生活もままならぬ無名の大岡信を「ユリイカ」の伊達得夫に詩人として紹介したのは那珂太郎でした。

「俺が!俺が!」でシャシャリ出る人間が多い今の世の中で、那珂太郎(S18,海軍少尉海軍兵学校国語教官)は全く控え目で、優しく寡黙、その上遅筆でした。いつだったか、もう八十五才を越えておられたと思いますが、「歴程」の詩朗読会にお供したとき、最後に自作の「はかた」の朗読を終えて、参集した詩人達にこう言はわれるのでした。

「わたしは大正生まれで、かなり年を重ねました。目もよく見えませんし、耳も殆ど役に立ちません。私はすでに五官のうち二官は失っているのです。だからもう詩人ではないのです。ただ最後に申し上げたいのは、日本語の一語一語はみな、そのうしろに、深い歴史を持っていると言うことです。「はかた」T〜W のうち (T)のごく一部を載せます。

「 はかた (T) なみ / なみなみ / なみなみなみなみ / くらい波くるほしい波くづほれる波/ もりあがる波みもだえる波もえつきる波 / われて/ くだけて/ さけて/ ちる/ なだれうつ波の なみだのつぶの/ なみなみあみだぶつ/ なびく莫告藻(なのりそ)の つぶだつ記憶のつぶやきの/ 泡ときえぬ/ 沖つ潮あひにうかびいづる/ 鐘のみさきのゆふぐれのこゑ・・・・ 。あと 200行ほど続きますがここで置きます。

この詩は1971年那珂教官が、十数年ぶりに生まれ故郷の博多へ帰られたことがきっかけになって、作られましたが、自注でこう書いておられます。

「 T は『波』といふ語の自立運動に導かれて徐々に不在の『はかた』への接近をめざす。海のイメェジを示すこの語は、同時に 「無み」 といふ語意を含むが、無化された「はかた」への道ゆきは、古典詩歌の綾なす、くさり連歌によってすすめられる。・・・

以下、簡単に注を加える。
(解説) ☆われて/くだけて/さけて/ちる。 源実朝 〔金槐和歌集〕「大海の磯もとどろに寄する波―われてくだけてさけてちるかも―」

☆ 泡ときえぬ/沖つ潮あひにうかびいづる/鐘のみさきのゆふぐれのこゑ/
(解説) ☆ 『草根集』巻十、正徹 この歌の本歌として次の諸作がある。
『万葉集』第七 「ちはやぶる(金の岬)を過ぎぬともわれは忘れじ志賀(しが)の皇神(すめかみ)」
『古今集』第十七、よみ人しらず「(わたつうみの沖つ潮合に浮ぶ泡の)消えぬものから寄る方もなし。 自作「はかた」の本歌取りの解説が、「源氏物語」「芭蕉」「宗祗」「万葉集」「住吉神社由来記「伊勢物語」「古今集」等々続々と続きます。那珂太郎が「歴程」の会で詩人達に、くれぐれも言って置きたかったのは、このことだったのです。

文学といふものは、詩人の感性を、「ことば」といふマチエールで表現するだけではなく、その「ひとこと」「ひとこと」にみな深い歴史を担ってゐるのです。日本の歴史をもっと知らなければならない。俳句一つにしても、現代の俳人達はあまりにも芭蕉始め古人のうたを勉強しなさすぎる。日本の正しい歴史を知らなすぎる。そう仰有りたかったのです。

わたしは上田三四二の和歌から少し「ことば」について考へて見ました。文人でも詩人でもないわたしが、難しいことは分かりませんが、新仮名遣いになってから、何か戦前の歴史的仮名遣いに比べて楽な代わりにいつも胡座をかいているやうな後ろめたさと頼りなさを感じます。これは、戦に負けて、かっての敵GHQにやられたことです。それも今となっては、大正生まれの老人の愚痴と言われるかも知れません。

しかし、仮名遣いには新仮名遣いと歴史的仮名遣いがあって、わたしは新仮名遣いがいいと思うから今の仮名遣いにしている。とちゃんと自分の意見を持つことが必要です。世の中には、デジタルとアナログがあります。昔友人にどこが違うんだ。と聞いたら、友人は「デジタルは不連続でアナログは連続だ。」と教へてくれて感心したことがあります。

生きてゆく為には両方いります。それは自分自身の取捨選択できめることです。最後に言いたいのは、絶対に他人のことばに左右されないことです。自分の意見を持つこと、特にマスコミには左右されないことが大切だと自分に言い聞かせています。


― つづく―

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の  『いじめ』についての考察」2

2015/09/15 07:00
 先日NHKの番組で、「不登校生」についての対策を論ずる、関係者討論の様子が放映された。その原因の一つとして、「いじめ」も入っていたが、聞くべき意見はなかった。 「そもそも、番組は、「不登校生」は学校、にも、家庭にも安心して居られる場所がないので、その居場所を、どう作るか」が主目的の企画だった。

 それにしても、「不登校生」は全体の13%と云うことに(ねごと) は非常な、衝撃を受けた。50人学級、に6人の「不登校生」が居る、事になる。

 これも 「『いじめ』についての考察」で触れたが、戦前の社会では、考えられなかった、現象だ。安倍政権の「戦後レジ―ム」からの、脱却も簡単ではない。歴史の浅いアメリカに憧れ、2千数百年の日本文化を忘れ去った報い、と考えざるを得ない。

 話しを少し脇道に逸らすが、当ガラス瓶への一つ前の投稿である、一阿氏の「問わず語り」(5)で「教育勅語」について、述べられているが、小生も、小学生の時、全く同様な経験をしている。確かに、「教育勅語」は諳んずるまで、祝祭日に校長先生から、勅語の奉読を聞いた。占領軍の廃止命令、とはいえ、勅語を失い、日本社会荒廃の原因となっている。「いじめ」「不登校」も例外ではない。氏の「問わず語り」を参考にされたい。

 話を戻すが、政府、文部省も直接、全学校を調査することに、なった、そうだが、遅きに失した、とはいえ、「我が意を得たり」の感がある。(ねごと)は、戦前・戦後、の社会を観察し、明白に劣化した事象については、戦前社会に復帰を目指し、一つずつ改善すべきと思う。此の判断は簡易で、正しい。 

 「歴史は勝者が作る」と言はれるが、その裏付ともなる。「いじめ」 「不登校」日本社会にとって、大問題である。

 文部省の調査の内容は10月に発表されるが、恐らく、隠蔽されていた事が多く明らかになる。教科書、採用、選定、に「教育委員会」が行った事実は委員会の権益保護の姿である。委員会設立の主旨は知らないが、品性堕落。存立の意義はない。

 いずれにしても、国民の(特に生徒の父兄)の教育に対する、関心は高まる。今稿「いじめ」に対する考察は、戦後日本の教育全体を根本から、考察することに広がる。


 〔終りに〕
 今朝(9月13日)、小生はアメリカの某教科書会社の慰安婦問題 の記述について、日本の歴史、学者50名が、慰安婦問題について、記述を認める、20名のアメリカ学者に対し抗議文を突き付けた、とのインターネット情報を得た。これは、政府間の政治問題、ではなく、歴史学の問題だ。真実が負ける筈はない。南京問題も、日本の歴史学が、超限戦、を沈黙させる日、が必ず来る。

 安倍談話は政治家として、やんわりと、歴史を日露戦争まで遡り発表した。氏は歴史の真実を体得している。国内、国外、 ヒステリックな批判はなかった。日本人でありながら、アメリカに強制された、憲法を守り他国を喜ばせている、野党、マスコミ、左傾知識人。人ごとながら、人生を考える。

 日本の教育も、教科書、の改定が進み、「いじめ」「不登校」も無くなる、(戦前の日本社会に戻る。)ことを祈って、終わります。


―おわり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


一阿の 「問わず語り」5

2015/08/23 07:00
戦後70年と言うが、戦前70年はどんな時代だったのか。「それは、明治八年、西郷隆盛が城山で自刃し、西南戦争が終結する二年前だ。」と教えてくれる人がいた。

爾来 明治政府は大日本帝国憲法を制定し、三権分立の近代国家を立ち上げ、国民の凄まじいエネルギーで日清、日露の戦いに勝利し、第一次世界大戦を経て、世界三大海軍国にまで成長した。帝国海軍の戦功もあり、第一次世界大戦後、独領であったマーシャル・カロリン・マリヤナの各諸島は日本の委任統治地になった。明治23年には教育勅語を発布し国民のチャンとした心の持ち方と暮らし方を教え教育の礎を創った。

私が戦後を生きて来て、何か口では言えない違和感を感じていたのは、「教育勅語の有無だったんだ。」とふと気がついた。

まだ小学生だった昭和8年、神戸の長田小学校では校門を入ると、築山があって、その中に「御真影」 と 「教育勅語」 が安置されていた。だから、我々小学生は、毎朝校門をくぐると黒松の植えられた小さな築山に頭を下げて、教室に急いだ。祝祭日には全校生徒は講堂に集まり、校長の「教育勅語」の奉読を聴いた。日本全国ほぼ同じ情景だったと想う。だから、 卒寿になる今でも「・・克(よ)く忠に克(よ)く孝に、億兆心を一にして、世世厥(そ)の美を済(な)せるは、此れ我が国体の精華にして、教育の淵源、亦実に此に存す。・・・」 と口をついて出ます。自慢ではなくて、昔の人は誰も皆そうだったのです。

孝と言う言葉が身に染み着いていましたので、戦前は子が親を殺し、親が子を殺すやうな空恐ろしいことは皆無でした。「忠」は難しいかもしれませんが、後段に「・・・一旦緩急あれば、義勇公に奉じ・・・」 とあります。

人権や私権のことのみに現を抜かすのではなく、私をすてて公の為に尽くすことです。 そして最後は 「朕、爾(なんじ)臣民と倶(とも)に拳拳服膺して咸(みな)其徳を一にせんことを庶幾(こいねが)う。」で結ばれます。陛下ご自身も、皆んなと一緒にこの教えを自分でやって見ます。と仰せになっているのです。

これは、明治天皇だけではなく、今上陛下や美智子妃殿下の日常を拝察すると、ずーっと継続遊ばされたことが分かります。世界中でこんな国はありません。 では何故戦勝国の米国GHQが昭和20年8月15日以降、我が国に上陸してこの「教育勅語」を全廃し学校で生徒に教えることを禁じたのでせうか。 それは至極簡単です。戦勝国(旧敵国)にとって都合が悪かったからです。何故悪いのでせう。日本があまりに強かったからです。

「・・父母に孝に、兄弟に友に、夫婦相和し、朋友相信じ、恭倹己を持し・・」 て来た静かで、和やかな国民が此ほど強いとは思わなかった。独・伊 が降伏した後は全世界を相手に日本一国で戦った。そしてそのお陰で、戦後東南アジアの多くの国は独立した。こんな不気味な強い国と二度と戦いたくない。このまま戦えば我が方、米国の戦死者は300万を超えると踏んだトルーマンは有条件降伏の話し合いを心に決めた。但しこの国は天皇を中心に強い家族制度で結束している。

そして我々キリスト教と違う訳の分からん多神教の神道と言うものを二千年来その血の中に引き継いでいる。こいつを徹底的に破壊せにゃならん。天皇制と家族制度と教育勅語。ただ朝鮮戦争の補給路を脅かす日本海の機雷の除去に見事な「技」を見せた日本の海軍力に驚嘆し、こいつは逆に利用した方が得だと思うやうになった。(敗戦の結果、役に立つ艦艇を全く保有しない日本海軍なのに!機雷除去一つとっても素晴らしかった。)且 ソ連との冷戦の危機もあって天皇制の廃止は諦めたが、「家族制度」と「神道」と「教育勅語」そして「古来からの文化」は徹底的な破壊を諦めなかった。

「問わず語り」ではなくて「理屈」でものを考えるやり方を尊び「契約」を社会の下に敷いて近代社会と称し民主主義 だの 自由主義だのと名ずけて、全く文化の違う日本の国を自分たち西欧の文化で通分する作業を始めたのだった。バックには圧倒的な軍事力があります。我が国内にも大正時代以降西欧文化に心酔したハイカラさん達が特に知識層には沢山いました。

最高の知性に恵まれた人達は小林秀雄のやうに、本来の日本に戻り、本居宣長のこころを知り、古来の日本文化に誇りを持ちますが、大半の知識層は中途半端です。戦勝国(嘗ての敵国)はここが狙い目でした。日本国民はまだ充分に資本主義も民主主義も咀嚼仕切れていませんでした。仏教や茶道を自家薬籠中のものにしたやうには行きません。

「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(マックスウェーバー)は大塚久雄が訳しましたが、彼は資本主義社会の成熟に「人間類型」と言うことを言い出しました。例えばロビンソン・クルソー漂流記のやうに離れ小島に流れ着くと、難破した自分の帆船から小麦袋を運んできて再生産を始める民族と、鹿ヶ谷の別邸で、平家討伐の密談をしていたのを咎められ、治承元年、鬼界ヶ島に流された僧俊寛が、去りゆく舟に向かって、「返せ!」「戻せ!」 と泣き叫ぶ民族の差は歴然だと言うのです。

勿論これは物語です。しかしそう言う物語を作る国民性、人間類型に差があるのだと。そしてダニエル・デフォーを生んだ西欧には自然発生的に資本主義の再生産の芽が育ち、「能」の「俊寛」を作り上げた日本人には資本主義を育てる土壌を持たなかったと、 戦後の日本には「観念」を武装したマルクス・レーニン派と観念を西欧の知性でソティーしたマックス・ウェーバー派で満ち満ちていました。大学で習うことはこの二つです。

戦いに負けるとはこう言うことだったのか。日本人の変節のスピードの速さ。マッカーサー万歳、極東裁判、自虐史観、 自国の軍隊に対する罵詈雑言。護国の神となられた特別攻撃隊の御霊に対してさえ犬死扱い。これが70年も続きました。勿論先導したのはGHQであり旧敵国の戦勝国です。しかしその尻馬に乗って、国民を煽動したのは、NHKであり朝日であり毎日でありました。

物事には両面があります。般若心経にも「無無明亦無無明盡」とあります。「この世に本当は無明なんてものはない。しかしまた、この世には無明が盡きることもない。」。戦後、日本人はあまりに一方的にものを考え過ぎたのではないでせうか。戦前70年は支那「清」は阿片戦争で殆ど国家の態をなさず、朝鮮は資本主義が理解出来ず、混乱の極にありました。この中で日本は自国を護るため、急遽軍備を固め、近代武装を学び西欧の侵略を水際で防ぎました。そしてマニュファクトールから資本の再生産へと資本主義を咀嚼する努力をし、この富を完全に日本独自の経済構造の中へ組み入れたのでありました。大塚久雄が人間類型を言うなら日本には日本の資本主義があっても良いはずです。

ネーデルランドにはネーデルランドの ドイツにはドイツのフランスにはフランスのスコットランドにはスコットランドのそしてアメリカにはアメリカのそれぞれの資本主義があるやうに。戦前の70年はそれまで大和民族が2000年 温めてきたマグマが、一挙に噴き出したやうな、大変なエネルギーと発展がありました。

しかし日本は戦いに負けました。大体、歴史は戦いに勝った国(者)が造ります。だから戦後言われる日本の近現代史は戦勝国に都合のよいやうに書き換えられました。いや、我々が書いたと言うなら、それは大正時代に入って来た西欧の自然主義かマルクスレーニン主義にかぶれたハイカラさん達のカッコの良いしかし浮ついた歴史観です。それが証拠に戦後70年にもなるのに、いまだに旧敵国(戦勝国)に渡された憲法を後生大事に守っているではありませんか。

少し、情緒的になりました。しかしこれを桶谷秀昭の「昭和精神史」にとって見ると、「・・明治維新以降の文明の流れを、外来思想の播種種と収穫の交代と考えた。 明治30年代の中葉から種が播かれて、明治40年以降に自然主義と言う名で台頭した個人主義的近代思想の収穫期である。それは第一次世界大戦の終結する、大正7、8年頃まで続いた。次に播種期が来た。

新しい種は、マルクス主義と言う外来思想である。それは昭和の初頭の現時点まで続いている。では次に来るべき収穫期は、何時はじまるであろうか。このままでゆけば、もう少し間がありそうにも思える。外界に何かの大変動を生じて、それからの、激烈な影響を被れば、以外に早いかとも思われる。」 (一阿註、以上は生田長江の言葉) 「それは意外に早くやって来た。1929年、昭和4年に始まる世界恐慌が日本へ波及して、マルクス主義革命運動が台頭し、それに随伴する文化運動としてプロレタリヤ文学の隆盛をみた。

その運動の壊滅する昭和7、8年の頃から、日本および日本的なものとは何か、日本の伝統に帰れと言う問題意識が、論壇に登場するやうになる。外界の変動としては、満州事変と満州国の出現がある。生田長江の予言と、その根拠である文明史観に意味があるのは、昭和の敗戦までのさまさまの思想や文学が、昭和以前の明治、大正の文化現象の連続性において、予見されていることである。」 桶谷秀昭の言葉は続く。「昭和のマルクス主義の特徴は、世界恐慌の日本への波及から生まれたと言うよりも大正後半期の播種期の次に来るべき収穫期の必然現象として台頭した。

昭和のマルクス主義の特徴は、マルクス主義のロシア的であるレーニン主義が絶対思想として信奉されたことである。レーニンには19世紀の60年代まで農奴制を存続していたロシアの後進制に対する負い目と悲哀が隠されていたに違いない。革命による共産主義社会の実現こそロシアがヨーロッパへの負い目を克服する手段であった。マルクス主義のロシア的形態にはそう言う本能が潜んでいる。日本の昭和マルクス主義がロシアマルクス主義に嗅ぎつけ、レーニン主義として信奉したのはそう言う本能であったと思われる」。

私は、「問わず語り-2」で桶谷秀昭のことについて触れた。だからここで「昭和精神史(桶谷秀昭-文春文庫)」の数行を挙げましたが、出来ましたら通読なさることをお勧めします。

戦後70年・・・人類で始めて原子爆弾を落とされ、主要な都市と言う都市は無差別爆撃に遭い(勿論国際法違反)、あまつさえ共産革命思想を持った共産党員やそのシンパ、そして外来種にも似た個人主義- 人権論者に当然のごとく、反日の旗を振られ、屈辱的にも七年間は、異国の支配下にあった我が国。それでも大多数の国民はなんとか祖国を蘇らせようと必死の努力を重ね、そして、「 Japan as No.1」 と言わせる迄になった。

このやうに我が国を廃虚の中から立ち直らせたのは、敗戦までの70年に凄まじいエネルギーを発揮したわが先輩の延長戦上にあった国民である。戦前 戦後のこのやうな国民を生んだ教育は、江戸時代末期の藩校や寺子屋の教育であり、明治以降では「大日本帝国憲法の下での教育勅語を基礎におく教育」であった。

しかし美しかったあの故郷の「すすき」の原っぱが、醜い「せいたかあわだち草」の外来種の黄色に追いやられて無惨に消えてしまったやうに、次第に日本古来の心の風情も消えて行きつつあります。


― つづく―

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の 「『いじめ』についての考察」

2015/08/16 07:00
 先日、中2の男子生徒が学友に「いじめ」られ、それを 苦にして列車から飛び降り、自殺する、と云う、悲惨な事件が起きた。 (ねごと)は又か、と残念に思うと、同時に大人たち(教師・校長・教育委員会・評論家、等)の反応と行動が「事無かれ」、「自己擁護」に終わっているのに、怒りを感じた。彼らの、常に説く「人の命の大切さ」が空虚になる。

 「いじめ」に依る自殺は、度々報道されて、然も、昔から改善の気配は全く、見えない。

 一般論として、政治、経済、を含め、人間活動の総て、その成果が上がらぬ時、人はその原因を追及する。この場合何故、熱意が無いのか?これが愚稿を思いたった、動機だ。
  
さて、昔から、と書いたが、(ねごと)が体験した、戦前はどうだったか?勿論、「からかい」はあったが、残酷な「いじめ」は見聞したことは、ない。それは友達が許さない。個人間の喧嘩は良くやった、記憶はあるが、暗黙のルールが有って、度を超えたものは、なかった。

 矢張り日本は武士道の国である。弱い者いじめは100パーセント認めないし、その行為 を黙認することも100パーセントあり得ない。

 非常に、簡単な、結論だが、総て、物事は、当事者が、決断しなければ、成功しない。「いじめ」も被害者・加害者が、心から納得し自分の行動を改めなくては、無くならない。商業・工業・役所、総てトップの訓示、や明文化された、規則、でスムーズに動くことはない。

(ねごと)は安易に考えては、いないが、子供達は無垢な心を持っている、人間に「性善説・性悪説」が有るが、無垢な心はどちらに向かうか、の分岐点なのだ。簡単に、あきらめられる問題ではない。

 然し当人達は未だ子供です。直ちに彼らの奮起を、期待するのは、無理です。「社会」全体の雰囲気を、敗戦前に戻す、事が大前提となります。

 それにしても、加害者側の動きは陰湿で大人びている。多人数を背景にメールも含め、被害者を孤立させ、追い込んでいる。自立精神を失わせるのだ。
 
我が国が憲法に縛られた姿に似ている。自立とは自分の考え。自分の力、で物事を為し遂げることだ。繰り返しになるが、国全体が敗戦前の雰囲気になることだ。その中の一つ「他人を思いやること」だ。

 3.11東北の大震災で外国人を感服させた、「民族性」だ。「民族性」は困難時に自然に出てくる。
 
 教育委員会、第3者委員会、の検証の記事が出ていないので、この件に関する、「考察」は未完ですが、一応終ります。


―おわり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます
記事へナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


一阿の 「問わず語り」4

2015/08/12 07:00
蛸壺や/はかなき夢を/夏の月
「笈の小文」にある芭蕉の句であることはご存知の通り。明石の人丸神社の石碑に記されている。

私は若い頃明石の隣の人丸にいたので、此の石碑を毎朝見て会社へ通った。夏になるとこの句を思い出す。明日の生命も知らない蛸の夢が哀れを誘う。日本人は皆まで言わない。問わず語りに相手に伝へる。俳句は特にそうである。支那大陸や朝鮮半島の人達は無関心だが、西欧の優れた文化人達が異質のこの

俳句に心酔したことはかってブログで述べた。リルケ や シュペルビエルを中心とする人達だ。リルケと言へば久保田万太郎の最後の句に、 「こでまりの/花に風いで来たりけり。」 がある。
久保田万太郎が急逝する直前、安住 敦は万太郎と一緒に車で青山墓地の近くを通った。ある屋敷の庭に「こでまり」の花が垂れ下がっていた。そこで 万太郎は こでまりの花に/風いで来たりけり と呟いたと言う。

万太郎は知性に優れた国際人ではない。寧ろ江戸下町情緒にどっぷりつかった人だ。この彼があのリルケの「風立ちぬ/いさ生きめやも」 のこころを呟く。日本人の所作だろう。敗戦後われわれが源氏物語いらいの温かい土の道を歩くことを許されず、理屈と観念で舗装されたコンクリート平和道路を歩かされ、今も歩いている。見るテレビと言へば、殆ど安保法案反対、平和大行進だ。昭和20年8月15日で日本の文化や歴史は強制的に中断されたと考える多くの人がいる。

しかし国家と言うものは、長い歴史と文化の上に立たなければならない。民主主義と言うなら平和と戦争のそれぞれの立場で、想いを述べ道を決めれば良い。ところが、日本の尊さ美しさ正しさを伝える貴重な書籍は7100冊も進駐軍に焼き払われたのだ。人呼んで「焚書の刑」と言う。勿論国際法では禁止された行為だ。学校では日教組の先生が自虐史観を教へマスコミは侫造に近い偏った情報を撒きちらす。大抵の人は、比較対照すべき資料が無いのだから洗脳されない方が不思議だ。

戦艦大和は八月七日沈みました。「大和」は此の目で見えます。我々は敗戦と同時に、目に見えない心のなかの「大和」も撃沈されたのではないでせうか。今、国会議事堂前で戦争法案反対と叫び首相官邸前で集団的自衛権反対を絶叫している集団を見ると55年前の安保闘争を思い出します。規模こそ違え、マスコミに踊らされ、感情的である点全く変わりはない。55年前安保反対を叫んだ人達がその後どうなったかを考へるとすぐ分かります。

戦後、労働運動華やかなりしころ、「むかし陸軍、いま総評。」 と言う言葉が流行りました。 わが国の海軍や陸軍が誕生したのは、慶應四年一月、京都で総裁・議定・参与の下に分課制が採用され、海陸軍務課が設置された1868年と考へるのが常識的ですから、日本の軍隊は僅か77年で消滅したことになります。日本の軍隊はそんなに悪かったのでせうか。それに比べ、共産党や総評や日教組や国民ではなく市民だと自称する反日の人達が猛威を奮っている時間は充分に長いのです。軍隊に在籍した経験のある愚老は確かに軍隊を全て良いとは言いません。しかしそれは改善すれば良いことです。

私の90年の人生は、僅か一年八ヶ月のこの軍隊の経験と記憶で支えられて来たやうに想います。戦後のどんな経験よりも純度が高いのだ。一度も軍隊の経験のない人が何を根拠に軍隊は悪で軍隊は残虐で軍隊は半人道的だ と決めつけるのですか。「軍」と言うものは如何に戦いに反対であっても(米内光政・山本五十六・井上成美各提督のやうに)国家が戦えと決めたら命の限り戦ふものです。 三百万人もの尊い人命の犠牲と祖先伝来の多くの財産を消尽して得た、この今の日本の国を2675年続いた本来の「心と姿」のまま後世に伝へなければならないのは当然です。

至る所、関東大震災の惨状を呈していた敗戦の国土の上に、自信を喪失し食べるものも無い国民に全く文化の異なる戦勝国の偉い人間が来て、これが自由主義だこれが民主主義だと強制的にコンクリートの高速平和道路を造り、従順な行儀のよい国民を走らせ続けました。そして70年。 軍隊は悪で。家族は酷い目にあわされた。あんなに愛された芸能人やスポーツ選手を殺してしまうとマスコミは毎日のやうに放送し、戦争反対 軍隊反対と叫ぶ。 特に朝日 毎日 は無道だ。そしてNHKは巧妙だ。

テレビでは不思議に祖国の為、母や父や弟や妹の為、喜んで命を捧げた人のことは一切出て来ない。90を過ぎた老人で当時不平不満を胸に一兵卒として戦っていたごく一部の声のみ取り上げ、あたかも此が軍隊であったかのやうに放映する。知らない人は本当かと思う。自分のことを言うのは恥ずかしいが、私の父は27才で他界、私は2歳、 母は24才だった。一生家を守り女手一つで私を育て上げた。いよいよ国が危なくなると私を国に捧げた。死んでこいと軍隊の学校へやった。私は運悪く死ななかった。
敗戦で神戸の神有電車は動かず、原爆惨下の広島から貨車で神戸に辿り着いたそのまま徹夜で有馬まで歩いた。母は有馬に疎開していた。「お母さん。申し訳ありません。」 と私は手をついた。

70年前の出来事です。それから40年ほどして、ある商社の友人に言った。「私は2ヶ月戦争が長引いていたら、死んでいたかも知れない。偶然生き残ってしまった。」すると彼は「あなたは生き残ったのではなく、死にそこなったのだ。」と言った。「その通りだ。」 と私は答えた。 やがてその友人の会社の社長が民主党全盛時代、中国大使になると言う。「国の代表として、彼はちゃんと国体を識っているのかな。」と言ったら 「国体って何ですか。」 と友人は聞いた。私は唖然とした。しかし笑っていた。

この男も商社では可なりの地位を占めていた。私はあの芭蕉の句を思い出していた。「蛸壺や/はかなき夢を/夏の月」 戦争反対! 人権人権! 平和 平和! 蛸壺で夢を見ているおめでたい人達。なんの備えも無しに・・・。 私の母校、旧制神戸二中はあの最後の沖縄県知事 島田 叡 さんを出したが、校歌は「名も千載にかんばしき/湊川原の片ほとり/黎明(あさけ)の光身に浴びて/希望に生ける健児あり。」で始まる。湊川原で散った楠木正成を偲ぶもので、そのメロディーは軍歌の「勇敢なる水兵」(日清戦争)そのままだった。戦前はごく自然に歌い何の違和感もなかった。

自慢めくが、同じ先輩 「小磯良平」や「東山魁夷」もこの校歌を高らかに歌ったのだ。この神戸二中が戦後間もない頃、一度だけ夏の高校野球の県代表に選ばれたことがある。優勝したのて選手も応援団も父兄も声を揃えて校歌を歌った。ところがどうだろう?!。 甲子園のスタンドを埋める観客のあちこちから失笑が起こり、やがてゲラゲラ笑い出したのだ。楠木正成はアナクロで「勇敢なる水兵」は軍国主義だと言うのだ。校長はすぐに校歌を変へた。だから我々32回生は自分の母校の校歌を知らないし、歌う気にもならない。今でも同窓会では「勇敢なる水兵」のメロディーに乗って声を張り上げる。卒業から72年、母校は104才になる。

我が国は、変な国になりつつあるのじゃないかな。戦前を充分に知っている私は、どうもこのままお迎えの車に乗る気がしない。戦後70年と言うが、戦前70年はいつだろうとふと考える。

― つづく―

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0


一阿の 「問わず語り」3

2015/07/26 07:00
第二次世界大戦の敗戦国でその国の根幹をなす文化までいらい回されたのは日本だけだ。独・伊は彼らと同じ一神教(キリスト教)の国だ。彼等の文化や教育には手をつけなかった。然しわが国に対しては国語にまで関与し日本人の心の中心である神道の権威まで足蹴にした。マスコミは元総理森喜朗を批判するのに彼は「神国日本と言った。」とあげつらう。過日、こともあろうに国会で江田五月が「私は東大で憲法の大御所宮沢俊義教授に日本国憲法を教わった。この私が安保法案は憲法違反だと言うのだから間違いない。・・・」とドヤ顔をするのである。飲み屋ぢやあるまいし浅はかなことを言ってはいけない。

宮沢は共産党とは言わないが、決して中陽保守の人間ではない。戦後横田喜三郎(国際法)と共にアメリカに便利使いされた先生だ。横田喜三郎なんぞは例の極東裁判の国際法上の理論づけに大いにアメリカに重宝された男。この教授連の説を金科玉条に国民の立法府で敗戦後70年も経ってドヤ顔されたのではたまったものではない。

宮沢俊義と言えば「法の窮極にあるもの」の名著で有名な尾高朝雄教授がおられる。宮沢・尾高の国体論争は有名だが、宮沢は変わったとの論陣を張り尾高教授は変わらない側にたたれた。ネットによると宮沢に歩があるやうにかかれているが、「国体」を理論で分解すること自体に無理がある。

国体は理性や哲学の範疇を超える。先日日枝神社の例大祭山王祭に行った。本殿で宮司の祝詞を聴きお祓いを受け榊を奉奠した。三百人ほどの氏子は和気藹々と直会(なおらい)を頂いた。氏子総代は舛添要一氏、山谷えり子さん森喜朗さんそれに栄太郎、ぬ利彦、資生堂、泉屋の主人、伊勢半、紅屋の主人皆氏子だ。共産党や社会党と違う。本当の楽しい生活がそこには有った。和気藹々としたものだ。

キリスト教のやうな五戒も無ければイスラムのやうな戒律もない自然を尊びその中に神を観る。神社を中心にした生活が日本にはあった。神国日本だ。左翼の人間には分かるまい。政治は理解ではなく納得だと誰かが言った。その通りだ。堅苦しい言葉で言へば「無意識領」と「潜在意識領」の問題だ。我々は寝ている時全く意識はない。しかし生きていて朝、目が覚めるとチャンと蘇る。この寝ている時の意識が潜在意識だ。

若い人達が日本国民として清潔さと礼儀正しさと優しさと頑張りで尊敬されるのは、五十年や六十年の積み重ねではなく万世一系の皇室(すめらみこと)のもと二千六百年になんなんとする長い長い歴史の中で植え付けられた潜在意識が清潔で優しく礼儀正しく頑張り屋さんだからだ。つまり起きている時の意識(顕在意識)がどんなに優しくしやうと思っても潜在意識が濁っていて意地悪だと自然と嫉妬や意地悪な行動が出てしまう。どこかの国のやうにである。

私は今まで口を極めて朝日新聞や毎日新聞やNHKや左翼系のマスコミを批判して来た。特に昭和29年ころから「赤旗」よりひどい記事を書くやうになった朝日新聞の変質振りはひどかった。国民の殆どはその情報源を新聞やテレビから貰っている。もの知り顔の学者や識者が頭の先の理屈をペラペラ喋るのを「なるほど。」と聞いて仕舞う。この「顕在意識」が「潜在意識」に染み込みその人の考えになって仕舞うのだ。恐ろしいことだ。

― つづく―

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0


一阿の 「問わず語り」2

2015/07/25 07:00
米国は日本人の性情を実に詳しく調べ上げていた。権威に対して非常に弱い。その教育制度は東大を頂点に実に整然とヒエラルキーが出来ている。東大を落とせば後は右へ習えだ。東大を変えれば日本は変わるかも知れない。子どもの心を変えて行けば日本のこの頑強な祖国愛や大和魂や天皇崇拝の国体を変えられるかも知れない。そして東大から保守中庸の教授を追い出し共産党か左翼の教授をずらりと並べた。山田盛太郎・大内兵衛・有沢広巳・美濃部亮吉・と言った具合だ。だから東大の経済学部は「マル経」と呼ばれた。「マル」とはマルクス・レーニンのことだ。これが丸山真男や大内力に引き継がれ延々と今日に至る。まさに方位変わらずだ。

彼等に教育された優秀な?!学生は朝日に入り、NHKに入り、あるいわ裁判官になり官僚となる。赤が多いのはNHKと朝日と国会図書館だと言われた。むべなるかなである。第一次安倍内閣で教育基本法を改善しようとした時は如何に激しく朝日やNHKが反対したか。そして今また安保法案に怒涛のごとく反対する。憲法違反だとわめく。

とくに慰安婦で味噌をつけた朝日系のマスゴミはこの時とばかり「国民は納得していない。説明不足」と大合唱だ。納得していないのはお前達だけではないのか。かっての敵(連合国・米英仏蘭露支)に教へられたことを鵜呑みにして自虐史観に浸り、単純に戦前を愚、軍隊を悪ときめつける。ではお前達は何故集団的自衛権容認が戦争に結びつくのか安保法制が軍国主義に逆戻りなのか丁寧に説明したのかと言うとそんなことはしない。努力と責任の嫌いなおじさん達なのだ。

なんとかして安倍政権を潰そう。彼等の狙いはこの一点に尽きる。安倍政権に味噌をつけるねたがあれば何でも食らいつく。国家の繁栄とか日本人の生命と言った高い話題ではない。方位変わらず。戦後支那の延安に抑留され、たっぷり共産主義を注入された日教組の連中は年端も行かぬ子供達に、一番暗示にかかり易い小学生時代から「日本は戦前はアジアを侵略し悪いことをしてきた。そして軍国主義だった。戦争反対。平和は世界と仲良くし相手の国を信用していたらやってくる。」と教え込んできた。

大東亜戦争で 勝ち誇った連合国、特に米国GHQの連れてきた年端も行かぬコンミュニスト達は瞬く間に日本共産党を座敷にあげその上朝鮮人を可愛がった。可愛がったと言うよりも、手先に使って大和民族の分断と混乱を図った。そして成功した。GHQが厚木に降り立って先ず公布した24の禁止条例にチャンと書いてある。朝鮮人に対する一切の批判を禁ずる。と。

日本軍の武装解除や政教分離と共にである。そして大日本帝国憲法を破棄し英文原案の新憲法を押しつけた。私はある尊敬する友人にこの鬱憤をぶちまけたところ彼は静かにこう言った。 「君の意見は勿論頷けるが、日本が講和条約で主権を取り戻してからもう63年になる。それは国民の責任でもあるのじゃないだろうか?」

何故そんな国民になってしまったのだろうか。そのことは桶谷秀昭さんの「昭和精神史」にも触れられているがこれは後で考えるとして、もう一つ大事なことがある。日本古来の素晴らしい伝統文化の軽視と自国の誇りを失ったことに起因している。伝統文化と言うのはなにも銀閣寺や中尊寺や應挙や等伯を指すのではない。言葉そのものの衰えも気にしなければならない。「大蒜(にんにく)を人肉と書く末世かな。」と詩人那珂太郎は嘆いた。


― つづく―

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0


一阿の  「問わず語り」1

2015/07/24 07:00
降る雪や明治は遠くなりにけり。 草田男の懐かしい句だ。大正も遠くこそなれ梅香る ―黙魚(那珂太郎)― 。最近は昭和もレトロに入るらしい。

とにかく明治 大正 昭和・平成と近代国家として日本は続いてきたが、昭和20年8月15日 以前と以後では歴然と違うものがある。どこが違うと聞かれても上手く言えない。古木を切った時のあの年輪の密度の差だ。戦後の年輪では家の心柱には使へない。

昭和20年の夏の日照りが災いしたらしい。それに虫も喰っている。共産党と言う害虫は戦前は非合法だったが戦後は怖いもの知らずで、国家を論じさへする。この有り難い万世一系の天皇(すめらみこと)の国においてである。

1927年、コミンテルンが日本共産党に課した行動綱領は12あり、その内次の6つは日本国民の隅にも置けないものだ。1.天皇制の廃止。2.ソビエト連邦を擁護せよ。3.支那革命から手を引け。4.植民地の絶対的解放。5.帝国主義戦争の危機に対する闘争。6.議会の破壊解散。以上である。つまり日本の滅亡解体なのである。

日本共産党は戦後日本朝鮮人連盟(朝連)の莫大な資金援助をうけて再建された。彼らとソ連やロシヤや中共との関係は紆余曲折があるが、その本質は変わっていない。1927年と言えばまだブハリンは健在だ。彼はオーストリヤ学派の限界効用学説も理解していた知性派だが、スターリンは暗い粘り強さと陰鬱な権力欲でトロッキーを追放しやがてジノヴィエフ、カメネフ、ブハリンを次々に殺して独裁者になってゆく。それが今支那で起こっているに過ぎない。

かってはロシヤは太平洋へ大手を振って出たい為、海路一万五千余浬バルチック艦隊をわざわざ南路喜望峰を迂回してウラジオストックへ派遣した。それが対馬沖の日本海大海戦であった。戦前は小学生でも皆熟知していました。今はロシヤの代わりに支那(習近平)が太平洋へ出たいと変わっただけだ。それが尖閣問題であり200隻の珊瑚採り(小笠原沖の海底調査)であり南支那海の軍事基地建設問題なのです。

明治37〜8年と平成27年では国際情勢が違う。直ちに武力でこれを防止するやうな単純なことは自由諸国は出来ない。海軍に(方位)変わらずと言う言葉がある。例えば前方を航海している艦の方位が自艦と常に30°だとやがては自艦は前方の艦と衝突してしまう。この最悪を知らせる伝令用語です。

70年前の8月15日は正に我が祖国が歴史上経験したことのない深い淵に立たされていました。爾来世界の中でわが国だけが方位変わらずで進んで来たのです。左30°舵を動かすことが出来ない。英文で渡された浅薄な憲法を平和憲法と称して後生大事に守っている。他国を信頼していれば自国は侵されないし世界平和がやって来ると本当に思っているのか。日本の十倍の軍事予算で膨張を続ける軍事大国中国を一国で守れる訳がない。

米国と連携して牽制しやうとすると、やれ軍国主義だの徴兵だの、いつか来た道だのとかまびすしい。「安保法案反対」「集団的自衛権反対」共産党の音頭で大合唱だ。日比谷公園で首相官邸前で、進歩的知識層の皆さん、日教組の皆さん。民主党民社党の方々。肩の力を抜いてもっと自然にものを見つめて下さい。

あのパラオの王さまが何故わざわざ日本へ来られたのか。何故これほど親日家なのか。ビルマの人達が如何に日本のインパール作戦を感謝しているか。日本の兵隊さんはビルマ独立の為私たちと戦って何万人も死んで行かれた。そして式典に最初に演奏されるのは常に軍艦マーチだ。フィリピンのマバラカットの小学校の教科書には神風特別攻撃隊の関行男大尉の物語がちゃんとでている。自分を捨てて公の為につくした偉い人としてだ。日本のマスコミで一社でもこの事実を書いたところがあるか。方位は変えなければならない。

安倍さんは命がけでこれを変えやうとしているが、朝日新聞始め左傾マスコミは安倍叩きに余念がない。原爆や東京大空襲の悲惨を繰り返し伝へ、平和平和とお経のやうに唱える。勿論大切だ。誰だって死ぬのは怖い平和は大好きだ。あたりまえじゃないか。しかし十九才〜二十一才の純真無垢な青年が自ら沖縄の群をなす敵艦に突っ込んでゆかれたのは平和と言う抽象概念の為ではない、自分の父や母や可愛い妹や弟の為に死と爆弾を抱いて突っ込んで行かれたのだ。自分を育んでくれたこの懐かしい山や川や谷やあの森の為に敵艦に体当たりされたのだ。万世一系の陛下を囲んで家族のやうに生きて来た祖国の為に生命を擲って神となられた。

決して平和なる戦後育ちの言葉の為ではない。平和呆けして平和平和と唱える無責任な進歩的知識人は英霊を冒涜するのも甚だしい。平和と言う言葉は共産党が特によく口にする。共産党の袖に隠れた左翼、市民、進歩的知識層がよく口にする。観念の為ではない。

観念の先にはヘーゲルがあり、マルクス・レーニンがあり、革命がある。平和は尊い英霊のお陰で結果としてやって来たのだ。日本は問わず語りの国だ。理屈の国ではない。マッカーサーは厚木に降り立つと日本軍の武装を解除すると殆ど同時に東京帝国大学を手中に収めた。当時総長は南原繁で憲法は宮沢俊義が教えていた。吉田茂に「曲学阿世の徒」と冷やかされた人達だ。

― つづく―

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の  「有りの儘の日本が世界を救う」

2015/06/14 07:00
――はじめに――

 今年も早、6月中旬を迎えた。そろそろ関東でも「梅雨入り」の声が聞かれる。戦後70年と云う、区切りの年で、反日国家群は「日本悪玉」論の宣伝に手ぐすね引いて、画策していた様だが、日本は、平然としている。所詮「真実に勝る捏造は無い」のだ。
  それにしても安倍総理はアメリカ国会議員(上・下院)がスタンヂングオベーシヨンを13回するという、名演説を平然と行った。
 「日米同盟の強化」を「希望の同盟」と呼び、其の方向性は、単に中共の横暴にくぎを刺すに留まらず、「平穏な社会を作る」と云う、理念を明言した。大東亜戦争(太平洋戦争)の確執を、一気に清算したのだ。これには、日本の保守派は衝撃を受けた。(ねごと)もそうだが、然し冷静に考えると、これから世界の平和を望むなら、中共の存在は「癌」と云っても過言では無い。然しこれを除くには日本だけではパワー不足であるし、憲法の桎梏、も大きい。
 アメリカとの同盟強化には安倍総理の「深謀遠慮」があったのだ。


――中共が世界平和の癌と言われる理由――

(1) 非人道的行為
  (不思議に、日本国内のマスコミは抗議していない)チベット・内モンゴル・ウイグル、等。人民解放軍の無法な侵入に依る民衆殺害、国有宣言。チベットでも、僧侶の抗議焼身自殺が絶えない。国内でも、天安門事件の後、今でも、農民庶民の抗議暴動が年20万件あるという。

(2) 領土、領海、領空、の独善的拡大。
 これは(1)と重なる面もあるが、日本には、尖閣問題。最近では南シナ海でベトナム。ヒリピン等、数か国が中共の独善的領有権に依る,軍事基地設置に抗議している。
極く最近G7は安倍総理の問題提起に同意し、中共に警告を発した。

(3) 自然環境破壊。経済発展の為、人間生存に最も大切なもの、 水・空気を汚染している。理屈を言えば、文明国は同罪であるが、其の排出の削減・浄化に努力している日本は其の技術で世界をリードしている。
 大体シナ人の「民族性」――1番大切なものは金――を知っていれば、別に、理解不能な出来事では無い。
 それに、中共は共産主義の国である。共産主義の国で国民を、幸福にした例は皆無であり、其の理想と現実の乖離は今や、常識である。其の上シナ人の「民族性」――自分を有利にするため相手に嘘をつく――を加えると、此の癌は簡単には直らない。


  ――有りの儘の日本を世界に理解してもらう方法は? ――

 昨年は外国人の来日数が1300万人に達した。更に増加の傾向にある。東京オリンピックも控え、此の数は累計すると、想像を絶する。
 更に現在インターネットの普及も世界的に更に進む。マスコミ発信の情報とは違う個人の実体験に伴う感想を拾い読みしても、「有りの儘の日本」が脚色無く受け取れる。
 反日国家、中共・韓国、の国民も殆ど、国家・マスコミから受ける、知識と180度異なった、日本の素顔に驚いている。他の外国人も殆ど、同じ傾向だ。
 寧ろ、我々日本人も、日本国の世界の中の位置を理解する、きっかけ、にしたい。文化・芸術・歴史・経済・人間性。皆、有りの儘で恥じるものはない。
 然し、国内には、未だ、戦後を抜け出せない、人が多い。

 問題は、国内の、戦後体制のまま、現状を肯定し、それに、乗って生活の手段としている、輩です。多くのマスコミ(テレヴィ・新聞)と (反権力)と立場を説明し「知識人」と自惚れる、周囲の参加者、です。

 (ねごと)が一番許せないのは、世界史(人類史)を替えた、大東亜戦争に殉じた、戦士に敬意を捧げ無い、彼らの浅薄な、心と知識に対してです。

 然し、前述の通り、インターネットの発展は、NHKに対し10000人を超える、原告団を結成。台湾統治時代、の日本国の非を放送。その内容が捏造である事を立証し、勝訴している。
 また、朝日新聞に対し、慰安婦問題で、現在20000万人を超える原告団を結成、裁判が始まった。
 この傾向は、更に深まり、反日マスコミ、に大きな打撃が加えられる。インターネットの影響は(特に、政治に)大きな影響が有る。
  戦後70年。時代変革の年、となる。


――終りに――

 今稿の標題が結論となるが、国連改革が大目標である、(ねごと)の繰りごと、となるが、大東亜会議(昭和18年)東亜6カ国有色人種のみ世界初の会議。採択された、「大東亜宣言」。今読んでも、国連改革の参考になる。
(1)道義に基ずく共存共栄。
(2)自主、独立、尊重。
(3)伝統、尊重、文化、経済、発展。
(4)人種差別、撤廃。
 日本の存在が世界に認められ、世界の憧れ、となることを祈る。
 戦後出来た国は150。世界と云う言葉のイメージを固定化してはいけない。

 年寄りの言葉を、古臭い、と 切り捨てないで、興味を持って下さい。
 愚稿最後まで、読んで戴き、感謝します。
  
 (終り)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の  「日本の立場と責任」

2015/04/30 21:37
【はじめに】
 (ねごと)は昨年8月27日「国際連合の正体」、9月28日「国際連合は変質出来るか?」、10月31日「国際連合は消滅する道を歩いている」を発表した。「国際連合」が戦後70年間世界の安定、平和、に何を為したか?疑惑と不信感を禁じ得なかったのだ。戦前、戦勝国の日本に対する、基本的判断ミスが「日本討つべし」となり、世界の安定と平和の礎を、失ったのだ。


【日本の存在】
 日本は世界で突出した、長い歴史を持つ国家で有り、其の象徴とされる一系の天皇陛下は世界の王室に比肩されるものは皆無である。日本の国体は200に近い国の中で独自性を堅持しているのです。

 高名な物理化学者、アインシュタイン氏の日本国存在に対する、言葉は、広く膾炙されているが、神話から始まる、日本の歴史と国体に、我々国民が自信と誇りを持つことが、今日最も、大切なことだ。

 戦後70周年を迎え、国連の中から、安倍首相に「歴史修正主義者」「右傾化」など非難の声が聞こえるが彼らの立場が不安になった、からと判断している。

 ベストの対応は無視。

 「超限戦」などと称し中国が色々仕掛けてくるが、これもまた、無視冷静な対応が良い。AIIB等も其の一つだ。驚くことに、日経新聞が「バスに乗り遅れるな」と中国のお先棒を担いだ。敵も中々やる。然し(ねごと)はシナ人を信用しない。愚稿、「民族性」のとおり、三年前からの信念だ。

 要するに、日本は孟子の説く、覇道、王道、の後者を選んで、行動すれば良いし、過去も、神武天皇の「八紘一宇」、聖徳太子の「和をもって、尊しとなす」、は日本政治の基本で有った。
共産主義。民主主義。は歴史も浅く、覇道国家の国民統治の一手段にすぎない。現在、日本の立場は多くの国に信頼され、多くの人々に好まれ、興味を持たれている。中国も含め、訪日の外国人は、自国との文化の差に、良い意味で、感嘆している。

 乗り物の発着時間の正確。接客のマナー。落し物の回収。食べもののおいしさ、種類の多さ。和食ブームは一過性では無い。
 ここで、視点を変える。「安全保障」は文化を守る為めにも、最大要素で在るが。残念なことに戦後日本で最も、疎まれた分野である。

 安全保障は、国家の国民に対する最大の福祉と言はれている。戦後70年。日米首脳会談で過去は問わず、同盟強化に同意したことは、両国の安全保障と、世界の安定に寄与する。意義は大きい。

 日本は過去を問わないことに譲歩し、アメリカは国連での日本の動きに協力する、含みが有ると思う。既に日本はヒリピン、ベトナム等に、中国の無礼な海洋進出に対して、抗議し援助することを約束している。


【日本の底力。抑止力】
 海自の「そうりゅう型潜水艦」は長時間の潜水と原子力潜水艦の行動を遠距離から発見、撃沈する。恐らく中国原潜は港から出られない事になる。陸自では「10式戦車」の行動性、行動しながら、目標に自動標準出来る装置に、富士裾野で、各国武官は脅威の目で見ている。

 航空自では、対ロシヤ対中国のスクランブルで其の精強を示しているが、最近純国産のステルス戦闘機の開発が進み、12年後には200機の配置が予定されている。最も困難とされた大推力のジェットエンジンの開発がされた。試験飛行は年内とされている。

 陸海空ともに、国産技術で国内生産だから、国内経済に与える、プラスは甚大である。日本の「ものつくり」は600キロを超えた、リニヤ鉄道。デパート案内ロボット。宇宙探査機。打ち上げロケット。揚げたらきりがない。メイドインジャパンの価値は更に上がる。

 日本の立場は既に、毅然としたものになっている。それだけに、其の言動は期待され、注目される。


【日本の責任と行動】
 現在、世界の癌は中国であることは、日本の保守派が、実例を数多く揚げ、非難するまでもなく、周辺国が身をもって、危機感を訴えています。遠くアフリカでも、飴に釣られて、中国に権益を侵害されています。500年前の白人による、行為を、彷彿させます。

 今回の、日米同盟の深化は、単に安全保障の問題でなく、平和で、総ての人が住みやすい、世界を作る、大目標が有るのです。

 現在地球規模で大きな問題が有ります。(1)環境汚染 (2)温暖化 (3)イスラム問題。それと16億の人口。これ等の解決に絶対不可欠の要件が「覇権主義」の撤廃です。矢張り日本の行動が問われます。

 (1)、(2)については、実績と枝術が有り、中国に対し早々に援助出来る。(3)についても日本は他国に比べ平静に話しあえる立場にあります。日米同盟は大目標に対し両国の変質も視野に入れ、地球的改革、に向かうべきです。

 何れ又。
  
 (終り)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の  「歴史の流れを読む」

2015/03/31 07:00
 前稿「命について考える」に於いて、「今年は(戦勝国、国連にとって、動乱の年)であり、(日本にとって主権回復の確実なスタートの年)である。」と述べたが、僅か1ヶ月の間にも其の動きは着実に表れている。これは、「歴史の運命」と信じる。

 多少強い表現と言えるが、「歴史の流れ」とでもいうべき事だ。

 淵源を尋ねると500年以前のこと、ヨーロッパの白人が先を争って、未開の地域を収奪、支配してきた。
 抵抗が弱かったため、「白人種優位」の定説と、信念が、反省も無く定着した。 此の「人種差別」の悪弊は、今日まで払拭されず、社会不安、国交不安、の原因となっている。

 アメリカはアラブ諸国との、関係悪化が原因で「世界の警察官」を下りている。

 ここで世界と日本の関係を知るため、100年歴史を遡る。 日本が日露戦争に勝利したことは、「白人種優位」の定説を、見事に覆し、(然も、ロシヤは当時、世界最強の軍事大国であつた)。有色人国(トルコ、等)に希望と勇気を与えた。世界史の流れを止める、偉業と評価されたが、一方、アメリカ等に警戒心を与えた。定説ではないが(ねごと)は大東亜戦争の遠因と考える。

 少し横道にそれるが、当時の日本軍人で世界各国から称賛され尊敬された人がいる。清国(シナ)で発生した「義和団事件」に際し北京在住の世界各国の公使団を守る為日本公使付武官として50日に及ぶ籠城戦の指揮をとり部下とともに勇戦、守りとおした。其の知謀とリーダーシップに各国武官も、彼に従った。

 これは、日露戦争の前、のことであり、其の戦いに貢献した、日英同盟のきっかけ、となっている。此の挿話は昔から、日本人の資質は世界的に見て、立派で戦後の我々に自信を与えてくれる。

 当時、日本は戦争に際して、其れなりの大義に立ち、道義を意識して、決然と立ち上がっている。しかも、この際、最終の決定は当然、天皇陛下である。陛下は重臣会議を、お聞きになり、其の上で、百壱拾数代の高祖皇宗の教えを戴して決断されている。2千数百年の輝かしい、歴史、が指針となっているのだ。

 戦後70周年を迎え、戦勝国、同調国、は一段と「日本悪玉」論の宣伝に躍起になつているが、其の中心は、中国、韓国、で此の二国は戦後独立、戦勝国では無い。唯日本が発展する事が自国にマイナスを与えることを気にする、国は多少有ると判断すべきだ。

 安倍総理はアメリカ議会で演説が予定されているが、世界的に注目されている。(ねごと)は歴史の流れに然う物で有って欲しい、と願う。

 最近「歴史修正主義」なる言葉が良く国連主要国から聞こえてくる。「安倍総理は歴史修正主義者で右傾化が懸念される」と云うものだ。一口で評価するとレッテル貼りに過ぎない。

 具体的に良く説明、されて無い。

 要するに、日本の政権が安定し、長期化することに緊張していると思われる。
 いずれにしても、日本は敗戦後も、世界の歴史の流れを替える立場に有ることを、自覚すべきだ。

 先日、自治会長として近所の弥栄小学校の卒業式に、招かれて参列したが、全員の国歌斉唱が行われた。「仰げば尊し」も懐かしく歌った。
 
 戦後小学校の卒業式は初めてで、つい先年の民主党政権では閣僚全員が国旗国歌法に反対していたことを考えると、日本の正常化が着実に進んでいる。と感じた。特に、子供の教育は将来の日本に大きく貢献する。急ぐことは無い、此の流れを止めないことだ。主権回復はその先にまっている。

 率直にいえば、国連と其の主要国は「日本悪玉論」がプロパガンダで有ることを自覚しているか、知らないふりをしている。彼らには弱点が有る。安倍総理は、百も承知であえて、歴史論争を避ける方針を採っている。

 論争で、相手に勝つより、国連に貢献、実績で常任理事国となり、出来得れば「敵国条項」を抹消させる。「家康の、啼くまで待とう」の大きな心構えと見るが、(ねごと)の大きな夢でもある。

――歴史は流れている。――
      

 (終り)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の  「命について考える」

2015/02/28 20:37
 今年は戦後70年、敗戦国日本は勿論のこと、戦勝国「国連の主要国」も、当然様々な意図に従って、前大戦の結果、齎された、現世界の状況について、反省・検討する機会になろう。(ねごと)は昨年「大動乱の年になる」と予測したが、年頭からISIS(イスラム国)の狂気の動乱が勃発し、邦人2名が殺害され、インターネットに依り、明確な映像を見ただけに、彼らの命の運命と、価値について、深刻に考えさせられた。
 然し、裏から此の事件、動乱の原因をみると、関係国の暗躍が予想される。

 本論に戻る。
 現在、戦後70年。戦乱は、絶え間なく、所を変えて、発生している。国連は何をしているのか?其の時、其の所、に武力による鎮圧に終始している。

 非合法なパワーで日本に勝利したが、其の目的は何だったのか?プロパガンダで「日本悪玉」論をでっち上げたが、歴史的に、彼らの意図は明白である。
 覇権主義の隠れ蓑にしたかったのだ。

 真の世界平和を望んでいた、日本をパワーで抑え込んで得られたものは、覇権争いの動乱の世界である。「大動乱の年」の予測は、ここにある。
 尤も彼らの目的は庶民の望む平和な世界では無く、自国の安全保障だけなのだ。

 当然のごとく、朝鮮戦争、ベトナム戦争、に始まり戦乱は現在まで、留まる事を知らない。常任理事国ロシアさえ、世界情勢に不満を明確にした。

 硫黄島、海軍司令官市丸利之助小将がルーズベルト大統領に英文で送った、「遺書」の忠告通りの世界になっている。先輩を讃える、意味もあるが、大統領の覇権主義の愚かしさを愚弄する意味を強調したい。

 冒頭に戦後70年にあたり「反省する機会になろう」。と書いたが、(ねごと)は最近嫌な出来事を知った。 最近中国を議長とする、安全保障理事会が開かれ日本に歴史認識論争を挑んできた。韓国も同調している。日本代表は、これに直接応ぜず、戦後日本の世界に対する貢献を主張するに、とどまった。

 (ねごと)は日本の姿、とイスラムに拘束された2人の邦人の姿が、重なって見えた。国連では日本の言論の自由が、制限されている、と感じた。
 日本代表の発言は、政府の指示であろう。本人の言なら、見識を疑う。

 国連では、日本の「言論の自由」は認めていない。「真実は捏造に勝る」は道理だが、現在、まだ国連には通じない。
 では、敗戦国日本人は何を反省すべきか?
 戦後、全国的に衣・食・住、生活の基盤を焼失し国民は一時茫然となったが「日本人らしさ」は失っていなかった。当時は、人口の大半が戦前派だった。
 アメリカ人に兎小屋と嘲笑されたが、バラック小屋建設に全力を挙げた。戦災からの復興だ。

 5年たつと、生活、安定が日常化された。
 10年たつと、産業経済を急速に発展させた。「日本人らしく」助け合い、何より希望を持って働いた。
 休暇とか賃金を問題にせず、我武者羅に働いた。働くこと、が喜びだった。60年前、遠い昔(ねごと)の記憶だ。恐らく現代の人には、想像・理解、出来ない。

 奇跡とは正に、こんな時に起こるのだ。全国灰燼と化した日本が(途中は省くが)高度成長期に入り新幹線開通。オリンピック開催。GDP世界第二位と云う偉業まで、達成したのだ。世界中が奇跡と、驚嘆し、称賛した。

 然し、その反面精神面での「日本人らしさ」を失っていたのだ。「好事魔多し」。此の繁栄が先人の、「血みどろ」の働きの上にある、事を感謝すべきだった。

 三島由紀夫の死の諫言が無視、される、世の中に堕落したのだ。まだ、中・韓も反日の旗を揚げていなかった時期のことだ(蛇足ながら彼らは戦勝国ではないともに、戦後の独立国だ)。然し日本が豊かになり、押し付けられた憲法に依り、手枷・足枷されたのを見て、集り始めたのだ、彼らは捏造歴史カードで臆面も無く使い、品性を気にしない。

 其の上、アメリカは彼らを「日本正常復帰」の監視役として利用している、節が見える。日本と同盟国の関係を結んでいるのは、パワーバランスを重視する、覇権主義国の知恵と見る。

 前述のごとく、国連にとって、「動乱の年」であり、日本にとって、主権回復スタートの年である。国連は中核である、安全保障理事会、は呉越同舟。既にロシア問題が深刻になっている。アメリカのパワー減退、が動乱の主原因と思われる。更にリーダーが揃って権威を弱めている。

 更に経済が、揃って良くない。内政に不安定要素を抱えている。EUは移民問題。アメリカは黒人問題。中国は暴動が20万回。総て覇権国家の運命。
 日本は付けこむ、必要はない。只、王道を進む事だ。


  〔終りに〕
 命について考える。
 命は両親から授かる、両親は其の両親から授かる、遡ると結局、神様に至る。日本は島国だから大陸の人に比べると純粋の度合いが高い。
 ハンチントン「文明の衝突」に依っても日本文明は一国で成り立っており、世界7大文明の中で、特異な存在である、隣接する中華文明の枝文明と理解された時代もあったが、全く異質で、結局一文明とされた。

 では日本文明の特異性、の中核を成すものは何か?それは神武天皇の「八紘一宇」の精神であり聖徳太子の「和をもって貴しとなす」の心である。我々の命は神様に授かり、永遠に繋がる。拙文、意を十分に伝えられず、申し訳ない。

 (終り)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の  「OO らしさ」とは?

2015/01/31 23:33
【はじめに】
 
 先日当地の成人式に実行委員として、準備から、後片づけまで参加しました。後日行われた、反省会で、 「成人式らしさ」より「同窓会らしさ」を強く感じた、と感想を述べました。「『本来、らしさ』とはそのものの、本質が具現され、存在の目的が達成されている、様を指す」然も式典である以上、粛々と進行される、べきと思っていたので、戦前派?の(ねごと) は、大きな違和感を覚えたのです。
 
 然し、改めて考えてみると、戦後、「日本らしさ」が急速に失われている。 「戦後レジームからの脱却」など堅い言葉で、表現しなくとも、 「日本らしさ」を復活させる。と平易に呼びかけること、が国民に理解し易い。今稿の標題は、そんな理由で決めました。

 「日本らしさ」 とは具体的に、何でしょう?
一人よがり。「我田引水」ではなく、日本の歴史を古代から現在まで辿ることが、必要です。又第三者の外部からの印象、評価も必要です。其の上で(ねごと)は六つの特長を選び列記します。
  (一)嘘を云うことを恥じと心得る。 正直。
  (二)他人に対する思いやり、配慮する。
  (三)礼儀正しい。「おもてなしの心」を含む。
  (四)物事に対し、好奇心が強い、学習意欲が旺盛。
  (五)社会秩序を守る。
    
 「これ等は古代からの伝統、文化、であり、現代でも外部の人に、認められている。」

 最後に、「日本らしさ」と云うより、「日本にしか無い」皇室を敢えて(六)に入れます。
 (六)「民を宝と考え、其の幸いを祈る」
二千数百年。一系の存在。は正に、天が地上に与えられた、神話に繋がる。国体である。

 昔に遡れば、仁徳天皇の慈悲深い話し等、子供のころ、感激したが、現在でも、敗戦後、昭和天皇はマッカーサーに御意志で会見され、「戦争の責任は朕にある。と申された後、食料に困窮する国民に援助を要請された。
 世界の常識に全くない、陛下のお言葉にマッカーサーは「世界最高の神士」と感想を残している。蛇足ながら、敗戦の国王、最高の責任者、は「命乞い」が常識である。
 こうして、「日本らしさ」を改めて、列挙してみると、他国が警戒すべき点は全くない。
 今年は動乱の年と予測したが戦乱では無く、戦後体制が綻び始める年となる。


 【一方戦後、失はれた「日本らしさ」は何なのか?】

  (第1)に揚げられるのは「憲法」です。
これは、占領軍の強制で止むをえないことでしたが、「無理を通せば、道理が凹む」が何れ証明される運命です。
  (第2)「大東亜戦争」の世界史的意義に誇りを持つこと。
占領軍が「太平洋戦争」と呼称を強制したことは、自己の弱点を自覚していた、裏返し、と理解する。
  (第3)皇室に尊崇の念を持つこと。
占領軍でさえ、憲法の中で、「国民の象徴」と表現し、断絶出来なかったが、宮家の多くを廃止、弱体化を図った。
  (第4)夫婦、親子、兄弟、等家族関係の個人主義の西欧化。
家族を、社会構成の離れ難い細胞と考えること。
  (第5)マスコミ(テレビ。新聞)の反日報道、体質。
国民に正しい、国益に沿う、報道に改善する。昨年8月、朝日新聞は「慰安婦」問題の誤報を      認めたが、過失の重大性に自覚無く、1万数千人を原告とする、朝日糾弾裁判が近く開廷される。末席ながら(ねごと)も参加した。
  (第6)教育(特に小・中・高)戦中・戦後、歴史の事実、を面白く、今までの認識との違いを、教えること。此の項も、達成に道遠いが、やることが、大切。

 失われた、物を復活するのは、根気が要る、大事業、だ。大きな船は動かす、初めは少しずつしか、動かぬが、動き出すと、止まらなくなる。世の中の気運は良い。

 今年をスタートの年にしよう。


【終章】

 「らしさ」を追求してみたが、そもそも「らしさ」と云う言葉には、曖昧さを含んでおり、今稿の締めくくり方に迷っている。只、個人の生き方に「らしさ」を考慮することはそれぞれの立場に依って違うが、大変必要なことだ。その際「らしさ」を演技と考えては不可い。

 (ねごと)の小さな経験である。 自治会長の職責も、結局八十八年の「生きざま」で対処するしか無かった。
 話を国際問題に戻すと、同じ日本人相手とは、全然違って、日本の「生き様」だけで対処できない。
 当然演技も必要となる。相手は、捏造・プロパガンダ、は平気で作ってくる。 日本の進み方は「真実に勝る捏造は無い」(ねごと)の信条でもあるし、真理である。

 前述のごとく、「慰安婦問題」は戦後体制が崩れ去る第一歩となった。 「南京問題」は同じ運命になる。此の事は、単に、韓国。中国。の問題で無く背後に彼らを支える、アメリカ。の歴史認識に大きな、影響を与える。

 パワーが支配する現世界では、「日本らしさ」をアメリカに、どう理解させるか?。オバマ政権は、日本にとって、絶好の機会を与えてくれそうだ。

 「失われた、日本らしさ」(前述)の回復が待たれる。
 最近「歴史修正主義」なる名称で安倍政権の右傾化を非難する声が聞こえるが、歴史認識、の正常化を恐れ、事前に「 ピーンボウル」を投げたのだ。

 敵もさる者、だが。無視が最高の返事。
 何れ、機会を得て、「日本らしさ」について、考察、します。

   愚稿、終り。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0


明けましておめでとうございます

2015/01/01 00:00
画像


明けましておめでとうございます。
旧年中はお世話になり、誠に有難うございました。

新春を迎え、本年もガラス瓶に入れられたお手紙を、
丁寧に開封し、皆さまへと届けて参ります。

本年もこのブログをご訪問下さるすべての方の、
より一層のご多幸とご健勝を心よりお祈り申し上げます。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


平成二十七年元旦


   ブログ「ガラス瓶に手紙を入れて」
     執筆者一同
     ブログ管理人〔しーたろう〕

*  *  *  *  *

本年もこのブログをご支持頂ける方は
 人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、本年も様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

記事へかわいい ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の 「年寄りの繰りごと」

2014/12/31 07:00
 来年は、一言で表すと、「動乱の年」になると、思います。

 戦後70年。「体制派」・「反体制派」、ともに問題を抱え、其の動きが強く、顕在化しました。それと同時に、「世界の環境汚染」が人類の生存問題、として顕在化、しています。従来も賢者は警告していますが、「中国」の傍若無人な、経済発展を目指す、石油・石炭・ガス、の使用に依る空気汚染は、地球温暖化に拍車をかけています。

 何れにせよ、話しあいで解決する、可能性は非常に困難でしょう。

 今稿では、(1)世界の環境汚染、について。(2)世界の秩序の安定、について。年寄りの繰りごとを、述べます。


 (1)世界の環境汚染について。

 「現在地球温暖化」、対策として、二酸化炭素の排出規制について、目標設定が各国で検討されている。必然的に、経済に影響されるので、「京都議定書」に責任のある日本も含め、合意は、困難だ。今、二酸化炭素の、最大排出国、アメリカ・中国、が合意に向け、談合しているが、数値目標は愚か、検証ルールも先送り、になると踏んでいる。

 (ねごと)は原子力発電が温暖化に尤も効果があると思うが、「核、不拡散」を堅持する、国連、常任理事国が認める筈は無いと思う。
 然しこのままでは、人類生存の危機が迫ってくる。

 皆さん、「トリウム熔融塩発電」と云う言葉聞いたことはありませんか?此の発電機の利点は、
  (1)平和利用にしか使えない。「プルトニウム」出ない。
  (2)高レベル核廃棄物を生成しない。
  (3)スリーマイル・チエルノブイリ、再現は原理的に起こらない。  
  (4)トリウムはウランより、埋蔵量が多い。炉の構造が単純で、小型化容易であり経済的である。
 勿論各国、研究しているが、日本もまだ成功していない。安倍政権に是非、強力に参加してもらいたい。これは世界の為である。

 「トリウム熔融塩発電」については、福島事故の後、某期友から、情報を得た、今稿は其の記憶を生かしインターネットで調べたものです。
 尚、温暖化に依り、シベリヤの凍土が溶け「地下の二酸化炭素が大量に発生」、ということも、あるのだ。事は急が無くてはいけない。

 もう1つ、考えるべき要素がある、それは、世界の人口である。1950年25億人。2010年70億人。大雑把な数字だが、増加の傾向がつかめる。中国、インド、等後進国の人口増加は経済発展を必要とし、温暖化は更に推進される。

 今となっては、原発再稼働が最も力のある、対策である。原油購入に依る費用は3兆円とも4兆円とも云われているが、温暖化のマイナスは計り知れない。

 省エネの努力も良いが、「世界環境汚染」のキャパシチーの現状を理解すべきだ。

 今稿は、戦後70年を迎え、政治問題も大事だが、敢えて、環境汚染問題を先に取り上げた。意の有ること、御理解下さい。


  (2)世界の秩序の安定について。

 国連は、第2次世界大戦(対日本・ドイツ)の勝者が作り上げた組織です。彼らは、「戦いの道理」を悪を正義が正した、として、 自国民を肇、特に敗戦国民に叩きこんだ。ドイツの場合は、ナチスが対象であり、我々が見ても、「当たらずといえど、遠からず」の感がするが、我が日本に関しては、憎悪感丸出しで、対処した。

 (ねごと)は、彼らは理解できない、日本人の性格・理念・考え方。と2000年と云う世界一長い歴史。125代の皇室。1兵士に至る、民度の高さ。に憎悪の裏に妬みを持って、いたと思う。更に恐れを感じていた。明らかにされた、「日本占領計画」は国際法違反を無視、用意周到、残酷きわまる、ものであつた。然も国民は善、軍人と政府指導者が悪、と云う宣伝は誠に巧妙で、新憲法制定。東京裁判。は一般国民に寧ろ、歓迎された。

国連は、こうして、敗者日本の牙を抜き、彼らの平和体制作りに成功した。

然し国連のリーダーたる、アメリカは、数年を経ずして、日本から、切り離した、朝鮮で、ソビエトの指導した「北」がアメリカが指導する「南」に侵入するという、予期せぬ、戦争に巻き込まれた。「朝鮮戦争」である。「北」に中国が参入アメリカは国連内部の共産勢力、を敵としたのだ。此の事は更に後年ベトナムで同様な戦争を強いられる。日本の牙を抜いたが、自分の牙を使う羽目になった。共産勢力とは、ソビエトからロシヤ・中国、と戦後、アメリカは世界の警察官を辞退するに至っている。

  「若し日本をアジアの盟主としておけば」世界はもっと、安定していたと想像する。歴史に若し、は禁句だが。

 世界中の善良な庶民がもっとも望むものは、「治安の安定」だ、テロ。内戦。暴動。人種差別。国連はこれらの対策は殆ど、無策、と見る。出来るのは、武力に依る鎮圧のみ。これでは庶民は安住できない。

 自国の勢力拡大、を目標とする国(例えば中国)、を見ると、過って、アメリカの日本占領政策の様に、国際法無視、善良な庶民無視、「驚くことに、自国の庶民も無視」となってしまう。アメリカは民主主義。中国は共産主義。建前は良いが庶民無視では事の成功は、おぼつかない。これは紀元前の孟子の教えに従っていない。人間社会の、在り方は簡単に、変わるものではない。人間に「欲」が無くならないからだ。

 日本には「他人を思いやる」心がある。大東亜戦争は、 「共栄圏」の建設も大目標の1つであった。敗戦後も、現地に留まり、インドネシヤ独立に貢献した日本兵が1例となる。 安倍外交は、国連の体質を変える、目的が有る、と(ねごと)は勝手に、想像している。

 それにしても、日本のマスコミは困った存在だ。なんとかしないと、「日本の真の独立出来ない」と非観していたが、8月5日、朝日が(慰安婦問題の)誤報を認めた。これが、「蟻の一穴」となりマスコミ全体に、反日から正常に代わる、 可能性が出てくる。

更に、毛沢東の「嘘も100遍云えば本当になる」中国・韓国、も日本に向けた、歴史カードを失う。国連もアメリカを肇、(敗戦国条項)の廃止を認める と思う。いずれにしても、日本の立場は内外ともに大きく好転する。国連対ロシヤ。国連対アラブ。動乱の火種はあるが、日本が王道を堂々と歩けば、世界は庶民が闊歩出来る世界になる。
    
 年寄りの繰ごと  (終り)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご指示下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の 「超限戦『21世紀の新しい戦争』とは?――日本は如何に対処すべきか――」

2014/11/27 07:00
――はじめに――
 「超限戦」と云う言葉は中国、軍人によって書かれた書籍の、日本語版がベストセラーとなった際、使用された(1999年)。 従来の武器による、戦争の常識を超えた戦争のことである。簡単にいえば手段は「何でもあり」である。

勝つためには、嘘も捏造も当り前、現在日本が中国・韓国、に情報戦で苦戦しているのも、超限戦の一例なのだ。アメリカと中国でサイバー戦が行われ、非難の応酬が、行われたのも、記憶に新しい。勿論これも、超限戦である。「勝つためには如何なる手段もあり」と云う超限戦は「覇権を目指す国」が有る以上無くなる可能性は絶無でしょう。残念です。

国連について、8・9・10月と3回、この「ガラス瓶」に愚稿を発信しましたが、結局、超限戦と名前が変つても、紀元、前「孟子」の説く、王道を世界が歩まなければ、戦争のない、平和な世界は地球上に生まれないのです。

[超限戦は中国が初めて考えだした、戦術なのか?]
  冷静に考えると、白色人種が過去500年にわたって有色人種の国家、社会、に行った「植民地政策」「奴隷政策」はルールなしの、正に超限戦であった。と云うべきである。
 彼等は「文明の遅れ劣った、国家・社会、に文明の福音を授ける」と弁明する、狡猾さを持っていた。然し、本質は、正に「何でもあり」の侵略の戦争であったのだ。

 現状を維持すれば、どんな形であれ、戦争は無くなる筈は無い。
 現在日本は(特に戦中、戦後)超限戦により、世界に誇るべき世界、最長の歴史、王道を行く文化、を喪失させられた。 「戦後レジーム」の脱却とは超限戦に対する、宣戦布告を意味する。残念なことに、只今戦争を戦っている、と感じている人は少ない。「平和ボケ」と一笑するに終わってはいけない。

 特に政治家、官僚は広く世界に視野を持ち、日本が何をすべきか?を真剣に考えてもらいたい。「貴様らは、市会や、県会議員ではない、ボヤボヤするな」と怒鳴りたくなる。

 これは、小生が江田島で三号に良く説教した時の云い方です。特に人類は勝つために、残酷になること、真剣に考えるべきです。


――スポーツと経済発展の重要性――
[超限戦に対抗するには?]
 「スポーツ界」では国対抗の争いでもルールが尊重される。六年後日本が「東京オリンピック」を主催することになった。「王道の国」、「共栄の国」の民族性を世界に、認識させる、貴重な機会だ。韓国・中国とは全く別次元の、楽しい国民同士の交流が成功することを、望む。

 更に超限戦の外側に「経済問題」が有る。経済には、スポーツにおける、人間が作った、ルールとは若干違うが、普遍的法則が有る。

普遍的と云う言葉に、長い人間の、経済生活の歴史的、法則が出来た。其の重さ、が宿っている。現に、超限戦の得意な国々は経済問題で揃って行き詰っている。

 安倍政権は消費税問題改革を柱に突如解散に踏み切った。財務官僚「増税推進の本山」との対決に踏み切った、のだ。日本経済の安定発展を祈る。

 世界を動乱に導く、超限戦、に対しスポーツの振興と経済の発展、はともに人類の将来を明るくする。


 ――超限戦に対する具体的戦略とは?――
 これまで超限戦について中、長期的観察をしてきたが、我が国にとつての対応も、やや中長期的に、二、三愚論を述べた。然し相手に直接効果を上げる、手段は改めて、検討する必要がある。

 先ず国内では、朝日新聞を廃刊に追い込むこと。反日マスコミ第1号を足場に、反日態度のマスコミは、根本的に立場を替える必要がある。「慰安婦」の次は「南京大虐殺」が捏造であることを国民に知らせることである。又、日支事変(日中戦争) の発端は中共の謀略であったことを自覚させる、ことである。

保守的野党が国会で質問し政府が真実を答弁する方法が有力であり、これは国内だけでなく、世界に向けての効果が大きい。(ねごと)は「真実に勝る捏造は無い」を信念としているが現在も替える意志は無い。「天網恢恢疎にして漏らさず」。時代は「何でもあり」 から「真実はこうである」の方行に動き出している。しかも、此の事は、「世界が平和になり、日本が其の推進力となることである。」

 近々の例では、日中首脳会談に色々条件を付けた、「習近平」が安倍さんに無条件で会談した。(本来なら、目線を合わせ、笑顔で大国の貫録を、示すべき。)日本に対する、超限戦の数々に心疚しい点が有ったと想像する。更にアメリカを、観察すると中国・韓国、の対日超限戦に同盟国にしては、殆ど明確な態度を示して、いない。

寧ろ初期では、陰に(日本、悪玉論)を世界に宣伝、する、両国を是として、黙認した。然し(慰安婦・南京大虐殺問題など)真実が日本によって明らかになると、アメリカ自身の「日本に対する捏造プロパガンダ」が芋ずる式に世界に知られる。立場は正に逆転する。尤もこれは精神面のことで、現実の外交は更に良識が要求される。


――終りに――
 超限戦について、今稿は力不足の愚論を提出した。然し、確かに云えることは、超限戦 を理解することに依って、「現在の世界を知ること」になる。

 尤も世界は広く、国連加入国は戦後急速に増え、200国に近い。多くの国は親日であり、好戦国は少ない。日本は常任理事国を目指しているが今回の解散は安定政権、としてアピールする面もある。 

第2次世界大戦の敗者日本・ドイツ、は奇しくも経済で世界の牽引車となっている。此の事は、次の世界の姿、を暗示している。

 戦って悲劇を残すより、平和で・豊かで・楽しい世界の為、人類はもう目覚める、最後の時では無いか?

 (ねごと)は常に楽観的にものを考える。ある意味で慎重さが足りないか?と自戒することもある。米寿を迎え、余生も少ないが、此の性格は変えない。

 何はともあれ、先輩、英霊に新しい日本を見て戴くまで。


(終り)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご指示下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の 「国際連合は消滅する道を進んでいる」

2014/10/31 07:00
――初めに――

 (ねごと)は8月に「国際連合の正体」、9月に「国際連合は変質出来るのか」〜日本の役割〜 と題して、愚論を披露しました。二編とも、最後は英霊に「心から感謝の意を捧げる」と書いています。不肖(ねごと)は兵学校75期生であり先輩方々の国難に殉じた行為は片時も忘れていません。然し国内の空気は寧ろ無視されて居り、ついこんな形で現れたのです。

 今稿は「国連三部作の締め括り」とします。前稿までに「国際連合」 とは何か?という小生の理解を説明しました。その中で現在イスラム国、とアメリカ、其の同調国、が合同して戦い空爆までしていることに触れ 「戦いの道理」が見えない、と書きました。特に大国アメリカ側に感じます。振り返って、「大東亜戦争」は日本には「戦いの道理」が明確に有りました。戦後の歴史研究によって其の経過は明らかです。 アメリカ、初め連合国は覇権を求める、目的だけでした。

 ここで参考資料を披露します。
 『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』
 ヘンリーストーク著。祥伝社刊。800円(税別)。
 在日50年のベテラン記者の世界観。

 勿論我が国の研究者は更に、実証的論文・著書、で「大東亜戦争」の道理を明らかにしています。

 戦後占領軍の「ウォーギルトインフォーメーション」によって、洗脳された日本国民は、更にコミンテルンの指示による、大学教授・学者・マスコミ、等の論調に易々と乗せられてしまった。驚くことに高級官僚・政治家、も例外ではなかったのです。

 戦後60年を迎え、天皇陛下・総理、が粛々と靖国神社参拝出来ない。此の異常さ、深く感じ無くてはならない。

 現在の国連は、第2次世界大戦の勝者が運営しているが、少なくとも東亜戦線での対日戦に関しては、「戦いの道理」が無い。彼らの非道理的戦略は手段を問わず勝つことだけを目指している。現在に至るも其の性質は変わっていない。

 前述で、紹介したヘンリーストック氏の本の中で最も印象に残ったのは、“日本に原爆を落とした際、トルーマン大統領は或る会合席上、「獣を相手にするときは獣として扱わねばならない。」と云った。これは記録に残っている。”此の下りである。彼らの残忍性は、知っていたが、あまりの刺激に(ねごと)は言葉を失った。

 今アメリカは国際連合のリーダーである、2番目と自負しているのが、中国である。どちらも自己繁栄しか頭にない。
 国連は、今稿、標題どおり消滅する道を進んでいる。

 国連問題の、最大課題は、加入国の増大である。地域・人口、の広がり、も大きな負担となるが、現にアフリカで発生した、「エボラ出血熱」対策で国連は果たして、有効な力を出せるか?貧困問題を含め、日本の存在は益々大きくなる。更にインドを含め中進国の経済発展、が大きくなり、それぞれの国柄による、葛藤も多くなる。日本が掲げる「共栄の心」が期待される。「覇権」と「力」の現国連では、恐らく破滅的事態を防ぐことはできない。

 いずれにしても、日本は世界に発信力を強くして、「日本の心」に理解を求めるべきである。安倍総理は既に約50カ国を訪問し多くの成果を上げている。国内、国外、で「安倍降ろし」の声が聞かれるが、無能な人のやっかみ、新閣僚の政治資金問題など、(ねごと)は敢えて無視して、国連改革に立ち向かって、進んで戴きたい。

 唯「国外の声」には注意すべきだ、これには、国連の意志を強く感じる。それだけ、安倍総理の存在が煙たいのだ。日本はあくまでも、「道義と事実」で国連を力で無く粛々と時間をかけて、自然に改革すべきだ。

――終りに――

 朝日新聞の「慰安婦問題」捏造が明確となり、戦後の日本は、「捏造問題に囲まれて60年、騙されてきた」事が国民に正しく周知されだした。「南京大虐殺」然り。「大東亜戦争は侵略戦だった」然り。「日朝合併は植民地政策である」然り。等等、きりがない。「蟻の1穴」とは正に、此の事だ。国民の民度は高い。

 先ず国内で、東京裁判史観から抜けられない人も「ああそうだったのか」となってもらいたい。先述のストーク氏の本は英国人、であるだけに、頑固な人には効果が大きい。国連の動揺も大きいが、彼らは、決して頭は下げない。然し日本に対する、政策は、変化する。
 日本は、世界に発信力を桁外れに大きくして、事実を知らせる事が大切だ。ここはおとなしい「日本民族性」をかなぐり捨てること。

 相手は外国人です。共産中国はともかく、民主主義のアメリカ等は国民の意見が多くなれば、効果は大きい。
 政府の決断を期待して、終わります。靖国の英霊に感謝を捧げつつ。


(了)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご指示下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
祥伝社
ヘンリー・S・ストークス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


寝言の 「国際連合は変質出来るのか?〜日本の役割〜」

2014/09/28 07:00
――初めに――

 「国際連盟」から引き継いで「国際連合」がスタートして70年の年を重ねた。その間加盟国は、50カ国から190カ国に急増している。国際連合は第2次世界大戦の後始末から、新世界の安定、平和維持、に効果的に運営されているだろうか?

 現実は全く逆行している。

 日本は1952年サンフランシスコで平和条約を締結した。本来「世界法」では、過去は白紙、清算、される(参加国)。当然、主権は回復、対等の国交、が開始されているはず、であるが、現実は「超限戦」と云う新たな、争いに巻き込まれ国家主権の行使、対等の国交、が不自由になっている。

 一方、世界を見ると此の70年間、朝鮮戦争に始まり殆ど平和安定の期間は無い状況にある。
 直近で云えば、イスラム国対アメリカを主体とする奇妙な同盟国の戦争が起こり、アメリカの空爆、ミサイル攻撃が始まっている。兵器を比べると、「大人と子供の喧嘩」である。

その上戦争の道理が不明確だ。そもそも第1次世界大戦後、イギリス、フランスの密約による、国境線引きに不満が根強い、其の上「宗教問題」、「石油利権問題」と複雑である。いずれにしてもアラブの白人支配に対する、反感は国により差があるが、強いと認識する。力による解決策は、惨禍を招き、長期化する可能性が高い。
    
――永続出来る、世界平和は可能か――

 もぐら叩きのような「紛争解決策」では成功しない、と常識人なら誰でも思う。過去を研証すれば、説明の必要は無い。
ならばどうすれば良いか?なかなかの難問だ。人類の将来を案ずれば、例え困難でも、(ねごと)は矢張り「覇権」の心を捨て去る、事しか無いと思う。孟子が紀元前に説いた、事だ。

 然し人間は、愚かで欲が深い。説く側もしつこくなる。

 「アインシュタイン」(物理学者)は「日本のような国を残してくれた神に感謝する」と有名な言葉を来日の際、云った伝説が有るが、西欧の覇権争いに絶望したから、と言われている。

欲望を欲しいままにすれば、国家間、民族間、の争いは絶えず、兵器の発達による被害の拡大が問題となる。其の使用を検討、するという間抜けた、議論、本質を見失った、のが現状である。

 欲望は更に経済に及び中国の環境汚染、は人類生存の障害になる。笑い話ではないのだ。日本は覇権を目指して戦ったことは無い。

環境汚染に対しても、其の解決技術の最先進国で中国に協力している。
 「日本の役割」と「世界の期待」が増大している。

――日本の現状と進むべきベクトル――
  
 8月5、6日 朝日新聞は慰安婦問題、報道記事の過ちを認めた。これは一新聞の問題で済ます、事の出来ない重要な出来事である。現在日本に、国連が「敵国条項」を廃止していない、下世話に云えば「前科者」扱いである。にもかかわらず国連の運営費はアメリカに次ぎ世界第二位、70年間の貢献は計り知れない。無視された最大の原因は日本マスコミの論調であつた。「憲法」、「東京裁判」、「教育理念」等等、総て其の論調は占領軍指示のまま、 世界は、「日本は現状に不満は無い」と認識、占領政策の反省を怠った。

 其のマスコミの有力な一角が崩れたのだ。恐らく他のマスコミ(占領政策によって生まれた)も真実を無視できなくなる。

 安倍総理の国連演説は「日本の進むべきベクトル」を淡々と述べた。

 終りに(ねごと)は英霊に心から感謝して、稿を閉じます。
 愚稿最後までお読みいただき、感謝。

(了)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご指示下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。
記事へ面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる