ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 一阿の 「紀元節」 2/4

<<   作成日時 : 2012/04/08 07:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 平成23年11月23日の新聞に小堀桂一郎東大名誉教授の含蓄のある小論が載ってゐるので以下転記します。

「皇室の御安泰を真剣に考える秋 。平成21年元日の本欄において、筆者は(皇位継承に制度的安定を)と題して見解を述べる機会を得た。・・・・・ところがその夏に政権交代といふ事態が発生し、新たに政権の座に就いた民主党内閣の下では、この問題についての正当性に則った議論は到底望めないと判断し、以降 皇室典範の再検討に関る議論には公の場での発言を控へ、沈黙を守ることにしてゐた。宮内庁長官の発言には疑問 ところで、宮内庁の羽毛田信吾長官は去る10月27日の定例記者会見で、

現行の皇室典範には皇位の安定的継承といふ意味で課題がある、との旨を述べた由である。課題といふのはこれから解決しておかなくてはならない問題性、難点といふ意味であろう。この日の会見での羽毛田長官の発言は、英国の王位継承法に、継承順位を男子優先から男女の別を問わぬ長子優先へと改める動きがある、との報道についての感想を求められての答へであったさうである。英王室にどのやうな改訂が行はれようと、それはその国固有の歴史と当面の事情や輿論の動向に従ってのことであらうから、われわれはそれを唯静観してゐればよろしく、何らの注釈も意見も挿む必要がない。

然し、宮内庁長官が右の外国の事情を何故か念頭に置いた様子で、我が国では幾人かの女性皇族の方々が結婚に近い年齢になってをられる時、皇位継承の安定とご活動といふ意味で課題が生じている、と述べている点については、批評と注釈が必要であらう。先ず、皇位継承といふことについては、現在、今上天皇の次代以下の世代に皇位継承権者がお三方居られる。その意味で皇位の将来は実は安定しており、謂わば問題がない。 ・・・・・法改正は些少の修正で済む ・・・・・

以上に記したことは、現行皇室典範の比較的軽微な改正をもって実現できる事項である。肇国以来厳修されてきた我が国の皇位継承上不易の三大原則(1 皇祚を践むは皇胤に限る 2 皇祚を践むは男系に限る 3 皇祚は一系にして分裂すべからず。)の三項については、事新しく再検討を促す必要は全く無い。宮家の増設という目的のためには、法規運用技術上の観点から現行法に些少の修正を施せば済むことである。従って一片の醜聞に終わった曾ての「皇室典範に関する有識者会議」の如き仰々しき委員会めいたものを組織する必要もない。少数の良識ある法曹家及び国史学者に委託すれば然るべき改訂が成就できるであらう。・・・・・・」

 これが小堀さんの言葉です。       


(続く)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
一阿の 「紀元節」 2/4  ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる