テーマ:書き手:佐藤 順 牧師

佐藤 順 牧師の「歯磨きのライオンの創業者・小林富次郎」

 ライオン(株)創業者・小林富次郎(1852~1910年 埼玉県出身)は、神戸の石鹸製造会社で働いていた36歳の時、市内の劇場で行われたキリスト教の講演会に立ち寄った。その時の講師の態度、講演内容、会場の雰囲気などに深い感銘を受け、講演会を主催した多聞(たもん)教会に通い、受洗する(1888年)。  3年後の1891年起業し、マッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤 順 牧師の「0系新幹線誕生秘話②/2」

 ところが当時、鉄道の常識は、車両を重くすることにより安定走行する、というもので、国鉄の技術者らは耳を貸そうとしません。そこへ、十河信二国鉄総裁が講演の噂を聞き、三木さんたちを会議に招きます。三木さんは国鉄幹部の前であらためて、「夢の超特急」構想を説明しました。そして最後に、総裁に向かってこう言い切ったのです。「この列車を作らない限り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤 順 牧師の「0系新幹線誕生秘話①/2」

 東海道新幹線を最初に走ったO系と、初代ロマンスカーの小田急3OOO形電車先頭部分は、どちらもそのデザインが飛行機の機首に似ています。それは、これらの車体設計をしたのが、元海軍技術士官で、航空工学者の三木忠直さんだからです。  東京帝国大学(現・東京大学)工学部を卒業後、海軍航空技術廠(しょう)(神奈川県横須賀市)に入った三木さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「兵学校精神とキリスト教」(備洋会<海軍兵学校 広島県連合クラス会>2001年9月の講演より)⑦/7

 「もし、天皇がクリスチャンとなった場合、宮内庁が天皇はクリスチャンだと発表するという可能性はあるでしょうか」という質問に対し、小林牧師はこう答える。「それはないと思います。…(しかし)昭和天皇は、全国を巡幸じゅんこうした際、修道院なども訪問されました。 このことに触れている本はあまりありませんが、昭和天皇は、通り過ぎるだけの予定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「兵学校精神とキリスト教」(備洋会<海軍兵学校 広島県連合クラス会>2001年9月の講演より)⑥/7

C. 兵学校精神にキリストを迎えよう  今の軍事力にすぐ訴える米国に「反省せよ」と言える日本人がもっと増えるべきだと私は思っている。なぜならば、戦後の日本は世界史上、初めて、憲法で戦争を放棄すると宣言した国だからである。現憲法は、多くの人がマッカーサーの押し付け憲法だと思っている。しかし、この第9条は、大戦直後の首相、幣原喜重郎(しで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「兵学校精神とキリスト教」(備洋会<海軍兵学校 広島県連合クラス会>2001年9月の講演より)⑤/7

 淵田さんは戦後7年目に、今度は伝道者として米国や日本を巡回し、その半生(はんせい)を神に捧げた。淵田さんはこう言っておられる。「日本は世界で最も文盲の少ない国ですが、教育は救いをもたらしはしませんでしたよ。平和と自由、これは国家的にも個人的にも、イエス・キリストに出会うことによってのみ、やって来るものです。  私が真珠湾でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「兵学校精神とキリスト教」(備洋会<海軍兵学校 広島県連合クラス会>2001年9月の講演より)④/7

 戦後、人生の本当の意味を見出そうと、真理を追及しようと、真剣に聖書を読んだのが父である。その父が知らなかったのは、兵学校の校長、井上校長が戦争中、聖書を、線を引きながら読んでおられたということだ。井上校長は、「この戦争において、あの若者たちに、死ねと言えますか」と語っておられ、人生の真理を聖書に追及されたのだ。  そしてもう一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「兵学校精神とキリスト教」(備洋会<海軍兵学校 広島県連合クラス会>2001年9月の講演より)③/7

 米国では、ローリン博士という旧約の大家と出会った。博士はこう言われた。「旧約には、神の言われたことと、人間が神が言われたと考えたことを、区別しないで、ワヨメル・エロヒーム(神が言われた)と書いている。従って、旧約を読むときは、神の言葉と人間が神の言葉であると考えたことを分けて(区別して)、読まなければならない。」そこで父は、民数記など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「兵学校精神とキリスト教」(備洋会<海軍兵学校 広島県連合クラス会>2001年9月の講演より)②/7

B. 佐藤陽二と淵田大佐(ダイサ)  この真実を愛する心が、敗戦後の父を変えた。クリスチャンの家庭に育った父は、どうせ軍人となって死ぬのなら、洗礼を受けて死のう、とクリスチャンとなって兵学校に入学した。しかし、敗戦直後、原子爆弾を落とした米国が憎くてしかたがなかった。負けた悔しさよりも、誇り高き海軍軍人(将校)として生きる道を奪った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「兵学校精神とキリスト教」(備洋会<海軍兵学校 広島県連合クラス会>2001年9月の講演より)①/7

このたび、初めて牛込キリスト教会の佐藤順牧師からお手紙を頂きました。佐藤順牧師はご尊父が海軍兵学校75期生として学ばれた方です。ご尊父もまた、牛込キリスト教会の牧師として働かれた方でした。 読者の皆様の中には、キリスト教会と愛国的な考え方は相容れないものだという先入観をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。しかし、このお手紙を読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more