テーマ:書き手:いちたろうさん

いちたろうの 「井上政典 【皇室と沖縄、惠隆之介先生の講演から】」

私が愛読している平河総合戦略研究所のメルマガに、皇室と沖縄の関係について興味ある記事が載っていましたので紹介します。(以下原文のまま) ◎井上政典 【皇室と沖縄、惠隆之介先生の講演から】  2月11日の建国記念の日、日本会議福岡主催の式典に参加し、惠先生の講演を聞き、新たなる感動を受けましたので、ご報告したいと思います。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いちたろうの 「拉致救出! 国民大集会in千葉」参加報告 (2010.11.14)

1.主催者挨拶について ・最近の政府は、拉致被害者救出に関して何をしているか知りたかったが、私の危惧どおり、その情報は一つも得られなかった。 ・東祥三・内閣府副大臣は主な参列者の名前を一人ひとり挙げて謝辞を述べたあと、これまでの 拉致の状況を話しただけで、政府がどういう方針で何をやるかには全く触れなかった。  有言実行内閣の名前が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いちたろうの 「道徳心の復興」

むかし日本は世界に誇る高い道徳心を持った国であった。それが今では新聞でもテレビでも目や耳を覆いたくなるような事件が毎日報道される。私欲だけによる強盗・殺人、むしゃくしゃした無差別殺人、近親者による殺人、いじめによる自殺、認知症の人からの金銭詐欺、性的犯罪、等々枚挙にいとまない。 マスコミはそういった犯罪の内容を微に入り細に亘って報…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いちたろうの 「あばかれた神話の正体 (沖縄集団自決裁判で何が明らかになったか)」

※『あばかれた神話の正体』  著者:鴨野守 出版社:祥伝社  1950年、沖縄タイムス社が沖縄戦の実態と称して 「沖縄戦記、鉄の暴風」 を出版した。終戦直後の時代背景もあり、この中では、住民の集団自決は日本軍の命令であるということが強調されている。渡嘉敷島と座間味島の集団自決が、それぞれ梅澤裕隊長と赤松嘉次隊長の命令で行われたとあ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

いちたろうの 「航空自衛隊第11飛行隊」

皆さんはこの名前だけではピンとこないと思います。 これは世に知られたブルーインパルスの正式な部隊名です。 2010.8.28 13:00から約1時間半に亘って、NHKがこの部隊の訓練状況を克明に記録し放送してくれました。 近頃にない感銘を受けたので報告します。 今年はこのブルーインパルスの発足から50年目に当たり、北海道から…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いちたろうの 「戦没者追悼国民集会」

8月19日の平河総合戦略研究所のメルマガを読んでいたら、表記の集会の 記事(動画)が載っていました。はじめは「仙道」君が参加した8月15日の集会のことかと思いましたが、8月17日の別の集会でした。 正式の名前は 第24回戦没者追悼中央国民集会(桜H22/8/17)というものです。靖国神社の境内に大きな天幕を張り、数百~千人位の人が参…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

いちたろうの 「2010.6.9 『頑張れ日本の会』に出席して」

・夢の中で政治のことを考えている。6月9日に「頑張れ日本の会」に出ていろいろな事実を聞き、どうしても考えずにいられない。日本の総理ともあろう菅直人はじめ政府の中枢にいる者の素性が、日本のため極めて心配なのだ。いくつか揚げてみると *菅は国旗・国歌制定の法案に反対したという。今でも国旗に頭を下げないし、君が代を歌わないというが、本当…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

いちたろうの 「鳩山由紀夫総理を糾弾」

本日は、初めていちたろうさまのお手紙を紹介いたします。 いちたろうさまは、 お父様が船員であられたこと、ご幼少時に湘南海岸で暮らしておられたこと 「大将の少年時代」という本を愛読され、米内光政に憧れておられたため、 海軍兵学校を目指されたそうです。 ご自身では「開発精神、批判精神が割りに強い。 『創意前進』をモットーにし…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more