「兵学校精神とキリスト教」(備洋会<海軍兵学校 広島県連合クラス会>2001年9月の講演より)⑦/7

 「もし、天皇がクリスチャンとなった場合、宮内庁が天皇はクリスチャンだと発表するという可能性はあるでしょうか」という質問に対し、小林牧師はこう答える。「それはないと思います。…(しかし)昭和天皇は、全国を巡幸じゅんこうした際、修道院なども訪問されました。

このことに触れている本はあまりありませんが、昭和天皇は、通り過ぎるだけの予定であった修道院の礼拝堂に入り、会堂の中央にまで歩みよって、帽子を手に持たれ、頭を垂れ、かなりの長い時間、礼拝を捧げているのです。これは昭和天皇の沈黙の証です。昭和天皇は非常に鋭い感覚を持って、キリスト教をご理解しておられたのです。」そして、現在は、宮内庁の職員の多くがクリスチャンだと言われている、と小林牧師は言われる。


D. 結び
1. 日本仏教、神道、日本古来の伝統には、犠牲や忠誠心、忍耐、道徳といった気高い精神があるのだ。しかも、明治天皇や昭和天皇は、キリストに救いを得ていたと言えるのだ。ユダヤ人にとって「旧約」とはモーセの律法だったが、日本仏教、日本古来の伝統、神道などは、日本人にとっては一種の「旧約」なのだ。

2. 明治天皇が神道は本来ユダヤ教だ、というのであれば、神道に関してはまさに「旧約」にあたるものがあるはずだ。そして、私たちは救いを完成し、実現、成就するために新約へと進み、キリストを受け入れよう。日本的精神、言い換えれば大和魂の中に、兵学校精神にキリストの霊を迎え入れる時、日本人は本当に輝かしい神の民となる。

〔参考文献〕
星 亮一『淵田美津雄』(PHP文庫)
チャールス・R・ヘンブリー『真珠湾から説教壇まで』(レックス・ハンバード世界宣教団)
佐藤陽二『ヨハネの黙示録講解』(アンカークロス)
月刊『ハーザー』2000年8月号


―おわり -


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

これからもこのブログをご支持下さる方は、
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)