仙道の 「『私は日本を守りたい』 稲田朋美衆議院議員と 渡部昇一上智大学名誉教授 講演記事」 ⑦/7

◆司 会 
最後に「私は日本を守りたい。」という、本日の稲田先生のご講演のタイトルですが、
総理大臣になられたら命懸けでこれだけはやりたいということを一つだけ披瀝して頂きたいと思います。

◆稲田朋美衆院議員
一つだけ直ぐに出来ること、「村山・河野談話を撤回すること。」私は、麻生政権誕生の時、総理に対し、直ぐに出来ることとして、二回目の選挙の時の勉強会で、私は麻生総理に対し、今直ぐに出来ることして、「村山談話の撤回、集団的自衛権の行使を認めること、八月十五日靖国神社参拝は直ぐに出来ることですからやって下さい。」と提言を纏めて持って来たのですが、残念なことにやって頂けなかった。これをやれば、あんな無様な負け方はしなかったと思います。また学習指導要領は、大臣の告示に過ぎないものです。

ですから総理が大臣を通じて「今直ぐ、子供達の歴史教科書を国定にして、日本の固有領土についてキチンと教えなさい。」と書いた途端に、日本の教科書は全部変わります。私はそれを直ぐにやりたいと思います。我国の主権が制限されている時に作られてしまった憲法を後生大事に持っているということは、日本が未だ主権国家でないということです。
憲法の改正をしなくてはなりません。

◆渡部昇一氏
付け加えることは有りませんが、具体的に言うと、自民党は、どうしても防衛問題で、田母神さんと和解しなければいけません。
田母神さんは、まっとうなことを言っている。色々聞いてみると、中国とも対立して筋を通している。またアメリカとも筋を通している。アメリカの空軍も人達が、あんな立派な日本人は居なかったと言っている。武器を買う時でも、日本は物凄く損をしている。それを具体的に何処を直せばよいか知っている。自民党の情けなさ。田母神さんに謝るべきです。

◆稲田朋美衆院議員
私もそう思います。田母神さんのしたこと何も間違っていない。それで更迭してしまった我が党の責任だと思います。しかも委員会で田母神さんに殆ど喋らせなかった。何故だと思いますか。喋ると国民が皆感動するからではないか。田母神さんに謝らなければいけないのではないですか。これに限らず、900兆の借金を含め、我が党の責任なんです。

◆渡部昇一氏
先進国で女性が首相になったのは、サッチャーさんです。あの頃私はイギリスに居たので、首相になる直前のイギリスの政局を、毎日テレビで見ていました。あの頃のイギリス内閣は保守党なんです。然し何も出来なったのです。一方野党の方は、ストライキやるのです。

山猫ストライキでも何でもやるのです。結局正論でも何でも通らなくなるのです。そこで解ったことは、これは個々の政策ではなくて、社会主義を潰さなければ駄目だという認識があったのです。社会主義と論争して勝てる人は誰かという時、三人居たのです。一人は、名前は忘れましたが、ユダヤ人の某氏、頭の切れる人、イギリスではユダヤ人はかまわない、そして、パウレルという人、物凄く頭の切れる人で労働党から煙たがられていましたが詰まらないことで揚げ足取られていました。も一人はサッチャーです。この人は弁護士です。

よく勉強して揚げ足取られないで、偉かったのですが、も一人偉かったのが保守党のボスでした。このボスは、真正面から労働党を叩き潰す理論家でなければならないということでサッチャーが一番良いといって「お前に頼むぞ」と彼女を推した。翻って日本のボス達は自分がやりたいと出てくる。サッチャーさんが何故出て来たかということを、ことある毎に書いたり、喋ったりしているところですが彼らの耳には届かない。

稲田さんにはサッチャーさんを見る思いがあるので応援団長を引き受けています。サッチャーさんは労働党をぶっ潰したのです。彼女は労働党を見据えて、あなた方の肩には赤旗、私の肩にはユニオンジャックと叫び、サッチャーを相手に討論する労働党員が居なくなった。それまでに至る、彼女の言動の凄さを彼女に見る思いです。

◆司 会
我々の旗は、日の丸です。何が無くなったら、日本人で無くなるのか。これだけは日本人として護らなければならないものは何か、ということについて稲田先生に披瀝して頂いて閉めたいと思います。

◆稲田朋美衆院議員
今回の、3・11の時も阪神大震災の時もそうでしたが、被災地の普通の日本人の姿が世界中から賞賛されています。野田総理の所信表明演説の中でも、23歳の、役場の若い女性が、自分は津波に呑まれて亡くなるのですが、「津波が来たから逃げて下さい。」と繰り返し放送しながら津波に流されてしまいました。これは、戦後60年、戦後の民主主義と、戦後の教育にどっぷり浸かった筈の若い女性も私達日本人の美しいDNAを受け継いでおられたことを証明したと思います。野田総理の所信表明演説を聞きながら悲しかったのは、こうした青年が靖国神社に沢山祀られているのですということを聞きたかったのです。
私の伯父も21歳の若くて素敵な青年が特攻隊に志願して亡くなってしまった、こうした人達の積み重ねで今の日本がある。これが連合国は怖かったのです。こんな国が世界の中にあり、その中心に天皇陛下がいらっしゃって、世界中の平和と幸福を祈って来られたそういう民族なのだということを私達は自覚して道義大国を目指していかなければならない。そして、日本は、日本のみならず世界中の人々の幸福を目指していかなければならない。そしてその為に私達は強くなければならないと思うのです。

◆「ふるさと」の大合唱
                               

(終り)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック