仙道の 「『私は日本を守りたい』 稲田朋美衆議院議員と 渡部昇一上智大学名誉教授 講演記事」 ①/7

烏山講演会「私は日本を守りたい」
衆議院議員 稲田朋美議員と上智大学名誉教授 渡部昇一氏  講演記事


日時 平成23年10月18日(火)18:30~
場所 世田谷区 烏山区民センター

◆渡部昇一氏
私は、稲田朋美議員の応援団長ということで、今日、議員がお話なさるということで、前座を務めさせて貰います。テーマはマスコミということですが、非常に重要なことでマスコミが伝えていないこと、二つばかりお話したいと思います。それはどう言うことかといいますと、日本の歴史教科書がおかしい、育鵬社という会社が割りと増しな日本史の教科書を作っています。

私も監修者の一人でしたが、特に監修したわけでなく注文を一つ出しました。その注文は、教科書の中の本文でなくてもよいから、マッカーサーが、昭和26年3月アメリカの上院の軍事外交合同委員会で証言した、証言の言葉を載せて欲しい、それはどう言うことかといいますと、

「・・・・したがって、日本が戦争に入ったのは、主として、自衛の為即ち安全保障、Securityの為である」と、アメリカの最も公式の場で証言したのです。皆さん、これは超重大なことではありませんか。

東京裁判でマッカーサーが連合軍から全責任を与えられたものです。ですから、東京裁判には法律は有りません。マッカーサー条例という、マッカーサーの名前を取った条例です。インタナショナルという言葉を使っていますが、国際法とは全く関係ありません。責任は全部マッカーサーです。裁判長は、最初、清瀬弁護人からこの裁判の裁判権は何処から出ているのかと聞かれて答えられなかった。そんな裁判は出来ないのではないかと。

裁判長が答えられない質問を突きつけられた時、結局マッカーサー元帥の指令により続けますと言う他なかった。ですから東京裁判というのは、100%マッカーサーの責任です。一つ一つ裁く条項も全部マッカーサーの責任であって法律の責任ではない。国際法とは関係ありません。その後マッカーサーが突如といっても良いでしょう、反省致しました。それは朝鮮戦争の時です。朝鮮戦争では攻め込まれてびっくりしたわけです。

初めのうちは、アメリカ軍は負けに負けて、朝鮮半島の隅っこに追い遣られました。それを逆襲したわけです。そのプロセスの間において日本が東京裁判に於いて述べた弁護団の意見は悉く正しい、彼らはそう考えたのでしょう。それで、満州まで爆撃するとか、東支那海全部を封鎖するとか、これをトルーマン大統領に言ったら、第三次世界大戦になる怖れがあるからと止められて、それでも頑張ったら首になって帰って来た。

アメリカの上院というのは、日本の参議院とは全然違う。アメリカでは州が一つ一つ出来る、その時、出来る度に、州は半分か三分の二くらい独立国みたいなところがあるのです。州毎に法律が違ったりしています。各州から二人ずつ上院議員が集まります。カリフォルニアのような、日本の総面積と同じ位な州から二人、ニューヨークのような非常に重要なところからも二人、ノースダコタのような人がいるのか熊がいるのか判らないようなところからも二人、そして集まった人達は何処の州でもないコロンビアなどに集まるのです。

そこでアメリカ合衆国全体に関わることを主として議論するのです。下院は日本の国会のようなもの。上院の権威は凄く高いのです。全米州の代表権を持っているようなものでその公聴会ですからこれは凄い。其処で彼は非常に重要なことを言っている。

私はこれを十数年前、英文で或る雑誌に紹介しました。VOICEという雑誌ですけれども。非常に重要なことは、英語でも書いておくことが必要であると思いました。
Their purpose ,therefore, is going to go to war largely dictated by security

日本が戦争に入ったのは、自衛上、止むを得無かったものであると述べたのです。昭和26年のことですよ。これを聞いて喜ばない日本人が居るでしょうか。日本は侵略国だ、残虐だと東京裁判でやれました。日本が悪い国だと正式に言ったのは、東京裁判だけです。その東京裁判の本尊が、公の場所で日本がこの前の戦争に入ったのは、主として自衛の為だ、といっている。そしてその理由も述べている。その理由は、東條大将が裁判長に提出した最終宣誓供述書内容とそっくり。戦争が終わって6年目になっています。


(続く)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック