一阿友人の 「原発事故」1 事故経過(2)

◆◆放射性物質外部漏洩事故の流れ◆◆

1) 米軍がホウ酸(冷却材)を空輸、原子炉へ注入を提言。

2) しかし東電はホウ酸注入=廃炉の為これを拒否。

3) 東電は軽水注入冷却を計画し、政府に蒸気放出を申請。(炉の蒸気は放射性なので蒸気放出は政府許可が必要)

4)ところが翌日菅総理が視察に行くので海江田大臣は蒸気放出をやめるよう指示。

5) 蒸気放出は結局、菅総理の視察が終わった夜明け以降実施。

6) この遅れで1号炉外部容器内圧力が既定値の2倍以上に。

7) 蒸気放出作業は14時過ぎに実施できたが、15時36分、1号機が爆発。

8) 現場の放射線線量上昇。制御室作業困難に。

9) (8)が理由で放置してた3号機、爆発。

10) 2号機が爆発。

11) 4号機が爆発。

12) 現場の放射線線量が膨大となり人間作業ほぼ不可能に。

13) 東電、作業継続は困難と判断。政府に全面撤退を打診。
(あとは自衛隊と米軍に対応委ねるつもりだった)

14) 菅総理これを拒否。作業継続を叱咤激励。

15) 打つ手ないまま2日間経過。

16) 4号機の再臨界可能性が政府に認識される。
  菅総理はこの時点で「東日本がなくなる」と説明受けた。

17) 陸自ヘリによるバケツ投水作戦。効果見られず。

18) 東京都消防員に遺書を書かせた上で手動放水を命令。効果見られず。

19) オバマ大統領(米太平洋軍のウィラード司令官)は化学兵器や核兵器に対応する訓練を積んだ兵士450人を沖縄に配備。
 「日本政府の要請あれば即座に福島原発に投入可能」と宣言。

20) 菅総理これを拒否

21)自民党谷垣総裁に原発問題担当相として入閣し一連の問題の全責任をとることを要請。
 

◆3月12日その後
 12日14時、原子力安全・保安院は福島第一原子力発電所の1号機周辺でセシウムが検出され、核燃料の一部が溶け出た可能性があると発表した。


(続く)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのトラックバック