一阿友人の 「原発事故」1 事故経過(1)

◆◆福島第一原発事故の経過(3/11~3/17) ◆◆

◆2011年3月11日 

14時46分 三陸沖で、マグニチュード9.0の地震が発生
       1号機、2号機、3号機が自動停止
       外部電源を失う。
       13基の非常用ディーゼル発電機は大津波で1基のみ稼動

15時41分 非常用ディーゼル発電機  故障停止
       東京電力    第1次緊急時態勢を発令
       各関係機関に原子力災害対策特別措置法第10条に基づく通報

15時45分 オイルタンクが大津波によって流出

16時36分 1号機と2号機は非常用炉心冷却装置による注水が不可能になる

16時45分 東京電力は同法第15条に基づく通報を行った

19時03分 枝野幸男官房長官が原子力緊急事態宣言の発令を記者会見

20時50分 福島県対策本部から1号機の半径2kmの住民1,864人に避難指示

21時23分 菅直人内閣総理大臣 1号機の半径3km以内の住民に避難命令、
      半径3kmから10km圏内の住民に対し屋内待機の指示

*~*~*

◆3月12日
 
14時ごろ 原子力安全・保安院は1号機周辺でセシウムが検出、核燃料の一部が溶け出た可能性があると発表
       内部の圧力が上がった1号の弁を人力で開放に成功
       同作業員は吐き気やだるさを訴え病院に搬送される

15時36分 1号機で爆発が発生 東京電力と協力会社の社員が数人負傷

19時55分 1号機の海水注入について内閣総理大臣が指示

21時ごろ 枝野官房長官の記者会見で水素爆発と発表

20時20分 1号機への海水注入が開始

22時15分 発生した地震により一時中断

*~*~*

◆3月13日

01時23分 中断されていた海水の注入作業を再開

02時44分 3号機で冷却装置が停止

04時15分 3号機k燃料棒が露出し始める

05時10分 東京電力 原子力災害対策特別措置法15条に基づく通報

08時41分 3号機の格納容器内の弁を開けることに成功

08時56分 放射線量が再び上昇し、制限値の0.5ミリシーベルト/時を超える
       東電 特別措置法に基づく「緊急事態」を国に通報
       福島県が被曝者はあわせて計22人を確認と発表

記者会見 枝野官房長官は、1号機の圧力容器は海水で満たされていると判断と発表

09時05分 3号機の安全弁を開きく。原子炉圧力容器内部の圧力が低下

09時08分 3号機に真水の注入を開始

09時20分 3号機の格納容器の排気を開始

12時55分 3号機の燃料棒の上部1.9メートルが冷却水から露出

13時12分 3号機の原子炉に海水の注入を始める

13時52分 周辺でこれまでで最も多い1.5575ミリシーベルト/時を観測

14時42分 0.1841ミリシーベルト/時に低下した

記者会見 「爆発的なことが万一生じても、避難している周辺の皆さんに影響を及ぼす状況は生じない」と枝野官房長官が述べる

*~*~*

◆3月14日

11時01分 3号機の建屋が爆発
       作業員および自衛隊員あわせて11人が負傷

記者会見 枝野官房長官は、原子炉格納容器の堅牢性は確保されており、放射性物質が大量に飛散している可能性は低いと発言

13時25分 それまで安定していた2号機も冷却機能を消失
       その後海水注入を開始

19時45分、2号機の冷却水が大幅に減少し、燃料棒がすべて露出
       原因は気がつかなかったことによる燃料切れ

20時ごろ 再び海水注入を開始し、次第に水位は回復

21時37分 福島第一原発の正門付近で3.130ミリシーベルト/時を観測

22時07分 福島第一原発の10km南で、9.6マイクロシーベルト/時を観測

*~*~*

◆3月15日

06時10分 2号機の建屋が爆発

06時ごろ 4号機で爆発音

09時30分 4号機建屋の4階部分より出火

11時ごろ 自然鎮火、出火の原因は不明
       厚生労働省は、福島第一原発に限り、緊急作業に従事する労働者の放射線量の限度を引き上げた

11時59分 国土交通省は福島第一原発の半径30km以内の上空を高度に関わらず飛行禁止とした。
       放射線量は一度安定化したものの、夜になり再度強まった

*~*~*

◆3月16日

05時45分 福島第一原発4号機で再び出火

06時15分 火は見えなくなったが、鎮火したかどうかは不明

08時37分 3号機で白煙が上がり、水蒸気が出たと推測されている

10時以降 観測される放射線量が上昇

記者会見 原子力安全・保安院は「原因は圧力抑制室が破損した2号機の可能性が高い」と説明

21時発表 福島県災害対策本部  大きく放射能が検出された地域はなかった

*~*~*

◆3月17日

09時48分 3号機に対し、自衛隊のヘリコプター2機が計4回30トンの放水
 このあと、夜にかけて、消防車や放水車で「給水」を試みるも、余り上手くいかなかったようだ。

*~*~*

こうしてみると、「次から次に」それも「突然」起こっているのがわかる。
「1号機が爆発した?大丈夫?」と思ってテレビを見ていると、3号機が「大爆発」。
 そのうち、安定していると言っていた2号機が爆発。
 点検中で燃料も入れていない4号機がこれまた爆発。そして火災も発生。
 関心をもっていた方は、「東電・政府」への不信が広がっていったことだろうと思う。海外のメディアも同じように感じている。

(続く)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック