仙道の 「倒せ!民主党政権、『頑張れ日本!全国行動委員会』山梨県本部設立大会」参加報告 2

【2月2日(水)、甲府市総合市民会館にて開催の、「倒せ!民主党政権、「頑張れ日本!全国行動委員会」山梨県本部設立大会(赤池まさあき 山梨1区支援集会)に参加報告 2】

2、甲府駅前、街頭演説会
*水島幹事長
① 草の根の国民運動として立ち上がった「頑張れ日本」全国行動委員会の山梨県本部が設立され、その代表に、赤池まさあき前衆院議員が就任、本日19:00から、総合市民会館に於いて設立大会開催。全国行動委員会会長の田母神俊雄前航空幕僚長も出席。多くの方の参加をお願いしたい。

② 自民党政治腐敗の声を背景に、様々な、美味しいマニフェストを掲げてスタートした民主党政権、鳩山、菅内閣は何も出来ない、無能無策の内閣であった。子供手当て、高速道路無料化、尖閣諸島での中国漁船による我国巡視船への体当たり事件処理と領有権の明確な主張の欠如等、国民と国家への裏切り行為だ。

*赤池まさあき前衆院議員
① 山梨県、千葉県、岩手県の3県のみが国政において、民主党議員が独占していて“民主党王国”となっている現状の打破が必要。

② 山梨県選出の輿石 東(参院民主党議員会長)と小沢鋭仁(1区民主選出、元環境大臣)の2人は、揃って平成11年8月公布の「国旗及び国歌に関する法律」法案の制定に反対票を投じた人物。地元と東京の顔を上手に使い分けるダブルスタンダード。そして小沢鋭仁氏は、地元在日韓国人の会合で、政権を取った暁には外国人地方参政権を認めることを約束したとの報道が、在日韓国人の機関紙に於いて為されている。

③ 鳩山前総理は、国連の公の場で、二酸化炭素の削減目標25%を発表。旗振り役は小沢元環境相。世界に於ける、CO2の排出量の多い国は、中国つぃでアメリカ、この2国で世界の40%。世界の経済力の15~16%を持つ日本の排出量は4%。25%削減目標設定により、日本の成長率はマイナス6%の試算が為されている。CO2の削減は経済力の弱い地域は諸に影響を受ける。此処山梨県など壊滅的打撃を受けることになる。

以上のような、国歌国旗に反対し、25%の二酸化炭素の削減を進め、我々の知らぬ間に外国人地方参政権を与えるという、飛んでも無い政策を進めようとしている民主党に国の政治を委ねるわけにはいかない。 


(続く)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック