仙道の 「尖閣諸島抗議行動、H22.9.25~27」 2/2


(3)霞ヶ関検察庁庁舎正面玄関前歩道上にて抗議活動 (13:00頃~14:30頃)
<頑張れ日本!全国行動委員会による抗議声明(要旨)>
9月24日の那覇地検の記者会見、日本の歴史上消し難い汚点を残した。

日本国民として、満腔の怒りをもって、中国人犯罪者に対し処分保留の侭の釈放に強く抗議する。今生きている我々日本人のみならず、墓の下に眠る無数の日本人祖先に成り代わり、この国賊行為に対し厳重に抗議する。

検察官は中国船の行為が、日本領海侵犯であり、公務執行妨害行為であることを、熟知していたにも拘らず、この中国人船長を釈放した。この犯罪に対する政治的寛大な処分に対し、中国は感謝するどころか、中国人挙って日本に対し謝罪と補償を要求している。

諸君は、記者会見において、処分保留とした理由について、我国の国民への影響や今後の日中関係を考慮したと述べた。中国ビジネスで金儲けが出来なくなると文句を言う一部国民に阿り、中国への従属関係の道を開き、高度な政治判断なるものに、諸君は最高検察庁との協議によるものであることを、公然と記者会見の場で述べたことは、法治国家日本の根幹を自らの手で崩壊させ、三権分立の日本国家の上位に、中国共産党が在ることを認めたものである。

今回の行為は、日本国がこれまで築きあげて来た、法による正義への信頼、司法制度、検察制度への日本国民の信頼を裏切る行為であり、我国の自由と民主主義に対する重大な挑戦である。最近の厚生労働省局長の文書偽造事件に於ける検察官の証拠改竄などの不祥事よりも千倍も万倍も罪深い行為である。日本国家と日本国民への許し難い裏切り行為であり、売国行為である。

腰抜け外交しか出来ない民主党政権からの命令とはいえ、これに屈従した検事総長を始めとする最高検は、厳正に、此の計り知れない責任を負うべきである。最も範とすべき日本検察に、勇気も正義も国を思う心も無い、事無かれ主義の腐った木っ端役人集団に過ぎないことを、見事に、日本国民と、世界の人に教えて呉れた。

又、武力と金による脅迫と横暴を続ける中国に対して、道義と名誉を求める世界最古の国、日本に毅然たる態度を期待していたアジアの国々の失望と落胆は如何ばかりのものか。今回の行為は、将来のアジアの平和と安定を脅かす行為でもある。諸君達の情けない姿勢を日本人の先祖と先達の先輩達は泣いているぞ。靖国神社の英霊はどのような思いで、諸君達を見つめているか。

本日、日本の正義と勇気が死滅した。最早、諸君に、法における不正や不法行為を糾す検察行為の自覚など全く無い。売国、亡国の道が出来たとして、諸君を私達日本国民は永久に忘れない。この、平成22年5月24日を国辱の日として、決して忘れない。諸悪と戦うことの出来ない弱虫と臆病者に、何を言っても無駄なことは解っている。こういう者達は、何かと理屈をつけ、弁解し逃げるだけだ。最後にお願いしたい。

もし、恥という感覚が少しでもあるなら、日本人として潔く身を処して頂きたい。もし、僅かでも、日本人としての誇りがあるのなら、検察官としての誇りがあるのなら、少なくとも全員辞表を提出し、腰抜け政府と上級機関への無言の抗議の意思を示して頂きたい。

ア、検察庁は、日中関係を考慮して船長を釈放と言うが如何なる権限で行ったのか。   

イ、巡視船と中国漁船の衝突場面のビデオを何故公開しないのか。

ウ、(我々の抗議行動の制止に来た10余人の警備員に対し、)「警備員、良く聴け、我々は日本の主権と尊厳を守る為に抗議しているのだ。これを妨害してはならない。」

エ、日本の領土、領海を売り渡す売国検察庁は要らない。解体されて然るべきだ。
  中国の犬に成り下がった検察庁は許せない。

オ、明治11年、清国(シナ)の北洋艦隊が、長崎に来て、水兵が上陸、略奪、暴行を働き、長崎警察署はこれらを逮捕した。ところが、これを不当として、仲間の開放を叫んで、他の水兵達が又も略奪、暴行をし、日本人警官、民間人多数が殺されたという事件があった。当時の我国は未だ弱小国で国力無く、涙を飲んで、水兵達を釈放し、賠償金まで支払った。今回検察庁の取った処置は明治11年の国辱事件の再現である。
政府の命令ではあるとはいえ、長崎の警察署長は、釈放の不始末を恥じ、責任を取り割腹自殺したのだ。検察庁幹部にそのような自覚はあるのか。

カ、中国人の船長は明らかに犯罪者である。我国の領海を侵犯したばかりか、海上保安庁の巡視船に、あえて速度を上げて体当たりを行った。これは普通の漁船ではない船の疑い濃厚である。この様な凶悪犯人を、何故釈放したのか。国家への裏切り、売国行為だ。


(4)民主党本部前街宣抗議
民主党政権の打倒まで、戦い抜くとの強い決意表明の下、シュプレフコールを行なった。 (15:00~16:00)



(「尖閣諸島抗議行動、H22.9.25~27」 了)

※仙道さまのお手紙はまだまだ続きます

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

現在は、
1.超緊急拡散《尖閣領有にトドメを刺す中国発行の尖閣の地図が、10月4日発売『週刊ポスト』のモノクログラビアに掲載されます!》と題するブログ『水間条項』さまの記事を転載し、情報拡散に協力いたしております。

2.「尖閣衝突事件における船長釈放についての抗議文」を公開し、ご賛同頂ける皆さまに送信頂いております。


何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック