「一阿 友人からの便り」3 昭和天皇の生活描く 海軍従武官の手記 故山澄貞次郎氏 ②/2

【御謹厳の片鱗】
 昭和天皇の執務ぶりは《万事几帳面(きちょうめん)》。
 普段は背広姿だが、陸海軍大臣から報告を受ける際にはその軍服に着替え、《一日に三度も四度もお召替えになることは珍しくない》。
 夏に廊下のガラス戸も少ししか開けず《大切な国務関係の書類を飛ばしたり無くしたりするのをお気使(づか)った》


 山澄氏は生前「政務室は密室で暑く、自分たちは汗だくだったが、その中でお上はきちんとしておられた」と話していた。

 一方で宮内省の役人への苦言も吐露する。《地位環境を利用して不当の権力をふるい、威張り散らした者もいた。その言動が陛下のご意志そのものであるように誤られていたのは遺憾》

~~~~~~~~~~~~~~~
【花梨(かりん)】
 
 両陛下の御殿の庭に大きな花梨があった。山澄氏は三七年暮れ、《三つも頂戴(ちょうだい)すれば一つぐらいは芽が出るでございましょう》と、実を頂いた。

 花梨は桃と違い、小さな実がたくさん入っていることを知らなかった。《この無知が当分、両陛下のお笑いの種になり、赤面の至りであった》

 花梨は自宅の庭で増え、苗木数本を皇后陛下に献上した後日談も。
《御殿の花梨は戦災で焼けてしまい、献上した第二世の花梨が、今は吹上御苑にすくすくと大きく育っているとのことだ》

 吹上御苑には毎年夏、滋賀県からゲンジボタルが献上された。生物学者の天皇は単なる慰めではなく、何とか繁殖させようと苦心され、流水に放って研究もされた。

 ヒドロゾアなどの採集は面目躍如だ。
 海軍侍従武官が船長になり、一五トンの葉山丸で葉山沖に出て三〇〇メートル以上の海底で網を引いた。
《海上が荒れても陛下は少しも構わず、船に弱い侍従はすぐ酔ってしまうが陛下はまことにお強く、酔ったご経験がお有りにならない。薬は侍従がお世話になるのが落ちであった》

~~~~~~~~~~~~~~~

【皇太子殿下の玩具】
 皇太子さま(現天皇陛下)の思い出もある。学習院初等科入学前に東宮仮御所で独立した生活を送るため、両陛下の元を離れるお別れの内宴が三七年三月の夕に開かれ、皇太子さまから御所で遊んだ玩具が側近に贈られた。

 《「山澄、山澄、アア山荒らし」と仰せられた。私が海軍の侍従武官だからとて「ノラクロ」が乗っている船の玩具など、小さい物八個を賜ったが、身体の大きな小出侍従には、最も似合った犬の玩具を賜って大笑いをなさった可愛(かわい)らしい御姿を今でもはっきり覚えている》
《これらの玩具を見ると、私たち一般の生活と大差ない御生活様式であるのが分かる》

~~~~~~~~~~~~~~~

【酒と煙草(たばこ)】
 昭和天皇は飲酒も喫煙もされなかったが、出征者の慰問に心を砕く。侍従武官が戦地入りする御差遣(ごさけん)で重要な役目が特注の酒などの下賜だった。  二九年、若槻礼次郎元首相が御陪食の際、「良いお酒でございます」と申し上げたところ、天皇は「今日は特に理研酒(合成酒)を用意したのだが」と大笑いされたという逸話を引いて記す。

《御慰問の酒と違い、御陪食の際、外国人など特別の場合を除いて、理研酒のようなものをお用いになるのは有りがちのこと》

~~~~~~~~~~~~~~~

【お田植え】
 宮中の儀式で大切なのが、両陛下が皇居内で行う養蚕や米作り。
《御自ら農家の苦心と努力とを御体験なさっていらっしゃることと、その意義を国民は知るべきだ》と訴えて締めくくる。

~~~~~~~~~~~~~~~

(続く)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

現在は、
1.「尖閣衝突事件における船長釈放についての抗議文」を公開し、ご賛同頂ける皆さまに送信頂いております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック