仙道の ~今、何故 菅談話なのか~「謝罪外交に断固反対する集会」 5.田母神俊雄氏(前航空幕僚長)

 私は、外交というのは、仲良くすることではなくて、熾烈な、利益の分捕り合戦だと思います。国際政治の現実を見れば、こちらが、いい顔すれば、付け込まれるだけだと思います。ですからここで戦わなければならないと思うのです。

我が日本では、指揮官つまり総理大臣(官邸)に戦う姿勢がずうっと無かったと思います。トップに戦う姿勢がないと、全体は戦えない、国全体が戦えない。国家の為に良かれと発言すると、「いいからやめろ、問題を起こすな。日本は、いい国などと言う必要ない。

お前、「馘首だと」。これでは国は絶対に良くならない。指揮官に戦う気が無い。此処で、問題を起こさない為に譲歩する。1歩、2歩下がる。此処で、問題が収まったかに見える。しかし1歩、2歩下がると、次のスタートは、下がった所から又下がらざるをえない。その繰り返しで、日本は駄目になったと思います。

自民党が緩やかに譲歩してきて、段々と日本が、ぶち壊されてきたのですが、国家観とか、歴史観は絶対譲ってはならないものです。それを、自民党は少しずつ譲って来てこれでは駄目だということで、国民は、去年の衆院議員選挙で、政権を民主党に渡した。ところが、これは駄目なことが本当だったということがはっきりした。


今迄、緩やかに壊されていたものがいま民主党によって、急激、迅速に壊されてきていると思います。総理が先頭に立って、国家、国民、国益を守らなければならないのに、此処でまた譲歩する。

 先程、下村先生のお話にも有ったように、日本は戦争に敗れても、外国から舐められるようなことはなかった。ところが、昭和52年を過ぎた頃から外国に舐められる現象が出始めた。戦前の教育で育った人がリーダーであった頃はまだ良かったのですが、戦後教育を受けた人が、主導的立場に立つようになってから譲歩の繰り返しで、今の体たらくを招いていると思います。

昭和52年(1977)、5月28日、東京行きの日本航空機が日本赤軍によりハイジャックされて、バングラデシュのダッカに強制着陸させられて、170数人が人質になった。時の自民党、福田赳夫総理大臣は、「人命は、地球より重い」の名言のもと、超法規的行動により、テロリストに屈して、人質170数人を解放、16億円の追い銭を、泥棒に呉れてやったようなものです。そしてその1箇月半後の11月19日、横田めぐみさんが拉致されている。既に、北朝鮮から帰還している曽我さんは昭和53年に拉致されている。

この頃から拉致被害者数がどんどん増えてきています。先程の、ハイジャックによる人質の人数の2倍、3倍の人が拉致される結果になりました。テロリストに屈した結果だと思います。

 これと対象的なのはドイツです。2週間後の10月13日、モロッコからボンに向かう、ルフトハンザーの航空機が同じようにハイジャックされました。ドイツはどのようにしたかと言うと、交渉する振りしながら、途中で特殊部隊を入れて、射殺しました。1名の犠牲者が出ましたが、その後の、ドイツの拉致被害者は1人、一方日本は何百人もの被害者を生んだことになります。

先程のお話に出た5年後の昭和57年の、宮沢喜一官房長官談話に、教科書検定ガイドラインに近隣諸国条項を入れることが決まった。此の時も、韓国や中国から、頼むからということで、日本は譲歩した。これでその後巧く収まったか。ところが、この近隣諸国条項を楯に取られて、次々と中国や韓国の介入を招く結果となった。更に4年後の昭和61年、中曽根総理大臣が、「日本は韓国に、良いこともした。」と発言した、藤尾文部大臣を解任した。戦後、歴史認識を述べて大臣の職を解かれた第1号です。

その時以来、日本の政治家が、日本人が自ら考えるべき歴史認識を主張出来なくなった。同じ年、中国から、靖国神社参拝はいけないと圧力掛けられ、中曽根総理大臣はこれにも屈した。今の、靖国問題は、中曽根総理が、頑張っていれば生じなかった。(大拍手)

 その後、慰安婦強制連行問題、これも嘘だけれど政治的決着を図ったとか、遺棄化学兵器の問題など総てのことを一方の情報のみで問題を収めてきた。一時は、巧く収まったかに見えて、より問題が大きくなる。こうしたことを、30数年、政府は繰り返してきたと私は思います。(拍手)。

日本は日本の国益を踏まえ、外交は仲良くすることではなくて、我々はこの様に考えると主張すべきはキチンと主張することだと思う。(拍手)。その時摩擦が生じる。ぎくしゃくします。しかし、之と戦うという、国のトップの総理は、強い決意が必要です。国のトップ、指揮官に戦う意思が無ければ、国全体は戦えない。今、我が国の総理大臣は国全体の指揮官であるという自覚があるのかと、真に思う。

菅総理が、今回、謝罪談話を発表して、全く村山談話と同じく、損するだけだと思います。村山談話を出して、一時関係が良くなったように見えます。我国にとって何か良いことが有ったのでしょうか。お金をどんどん持っていかれるだけだと思います。

村山総理の場合は、財団を作って自分が理事長に納まり、全国から浄財7億円を集めて配り、7億円配るのに50億円の税金を使ったということで、裁判で訴えられ、平成19年から21年にかけ、最高裁まで持ち込まれたが、7年の時効が過ぎて、もう罪に問えないという最高裁の結論でありました。

もっと早くに、訴訟になっていれば、虚偽公文書作成罪などで逮捕に至ったかも知れません。こんなことまでして、国を貶めることは、政治家としてもう止めて貰いたい。(拍手)。今日、下村先生が居られる前で言い難いことですが、自民党は今のままでは、再生は不可能だと思います。(拍手)。

自民党の創生の会が中心となり、本当の保守の政党になって、左の加藤紘一など引き離し、真の、保守政権が出来ると、21世紀の日本は本当に明るくなると思います。何とかして日本創新党や自民党の創生の会に頑張って頂いて、本当に国を守る保守の政権を誕生させて欲しいと願っております。


(続く)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

現在は、
1.「尖閣衝突事件における船長釈放についての抗議文」を公開し、ご賛同頂ける皆さまに送信頂いております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック