一阿の 「こぼれ話し」 1

 昔は良かった。これは年寄りの繰言である。然しどうも最近の政治家は人間が小粒になったような気がする。

 昭和31年の暮れ、決戦投票の末、石橋湛山が自民党の総裁に選出され、これを取しきったのが石田博英であった。彼は次の様に書いている。私は首相官邸の官房長官室に泊りこんだ。深更ウイスキーをあおって長椅子に毛布を被って仮眠するのである。

ある朝。目がさめると口が開かない。疲労と栄養の変調、過度の飲酒によるビタミンCの不足で口内炎を起こしたのである。このため私は四十才を超えたばかりで総入歯になってしまった。(「石橋首相が倒れた日」「文芸春秋」に見る昭和史)所収。

 何時か書いた銀座エスポアールの金森上等兵曹(支配人)は、よくこんな話をしていた。石橋さんが首班に指名され、官房長官に石田さんが指名されたものの、総裁戦のしこりをのこしたため石橋内閣の組閣は揉めにもめた。石橋さん等はそれ以前から、日比谷にあった日活ホテルに陣取り、各派と交渉を重ねていたが、店によくきてもらっていたため、酒などを持ってホテルに陣中見舞に行った。

其処で石田さんは、あの大きな身体で、「オレは反乱軍の将校だ」とか。相手の陣営を指さして、「あの茶坊主め」と、えらい剣幕で喚き散らしていた。そこえ「報道班員参りました」とか言って、新聞記者がやってくる。もう戦場のようであった。吉田内閣時代、指揮権発動で一躍有名になった、犬飼健さん(法務大臣)の酒場での踊りは、1級品で年齢の割りには、以外と足が良くあがるのには驚かされた。あちこちから、「いいぞ健ちゃん」と、声がかかるのである。

 犬飼さん、石田さんの外にも政治家は数多く店を訪れたが「オレが」「オレが」と言って、バッジをちらつかせるような人はいなかった。むしろバッジをはずしてやってきた人のほうが多かったように思う。これは昔の話である。今昔の感がある。

尤も、これにはマスコミの程度の低さに、問題はあるのだが、先の自民党「麻生」さんの場合は、帝国ホテルのバーでウイスキーをチビチビやっていると、贅沢だとか何とかいってはやし立てるのだから。石田博英のようにはいかないだろう。それにしても「めだか」や「グッピー」のように群れをなして泳ぐ意外に能が無いのは、一寸ひど過ぎる。これは日教組か全共闘か官公労の癖が付いてしまっているのかもしれないが。もう少し一人でも「見栄え」のする人間になってもらいたいものである。


(続く)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

現在は、
1.「外国人に投票権のある『常設型住民投票条例』実施の18自治体の情報ご提供を!」の呼びかけ
を行っています。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック