九太郎の 『憂国の詞』 第三回 「日本固有の領土、そして政治の現状」2

扨て以上を延べた上で昨今の政治情勢に一言触れておきます。
先ず沖縄に関連して申します。 沖縄の皆様には先年の戦争で筆舌に尽きぬご苦労と犠牲を払われました。 然しこの事を以て日本が本土防衛の為に沖縄を犠牲に「提供」したと「為にする」発言をする者がおりますが之はとんでもない発言でありまして、沖縄を選んだのは米国がその作戦の都合で選んだのであって日本が態々提供したものではありません。 

更にはその際の特に民間人の犠牲と云う事でありますが、民間人の犠牲は独り沖縄に限らずサイパンの民間人の玉砕、そして満州に於ける民間人の犠牲、そして国内に於いても広島、長崎の原爆、そして東京を初めとする各都市の爆撃による死屍累々たる有様と挙げれば際限がありません。 

この事についても特に沖縄のみを採り上げて「為にする」発言を繰り返す者がいるのは如何なものでしょうか。但し此の様な事に至らしめた責任論については後で述べます。

その後米国に於いては日本との講和条約締結後も、極東の秩序安定の為の軍事基地として奄美諸島を含む沖縄地区の占領を続けて参りました。 そこで此の状況を打開す可く我国政府には大変な努力の結果、昭和47年に沖縄の施政権は日本に返還されました。 

但しそれは沖縄の米軍基地は殆どその儘に残しての返還でありましたのは致し方の無い事であります。 更に核の問題については密約と云う腹芸で処理したのは施政権の返還と云う大目的の為にした苦悩の決断であったでしょう。

所で昨今鳩山政権には、一応は前政権により纏まっていた普天間問題について、微妙な感覚を持つ沖縄県民の中で、そして異常な興味を抱く中国の目前で、パンドラの箱を引っくり返すが如くかき混ぜて危険な火遊びをしているのであります。

鳩山政治の基本発想は唯一「思い」と云う感情により発想されているやに見受けるのでありますが、政治の要諦は只に「周到な算盤」の上の「決断」、そして「結果」への「責任」であると思慮する者であり、斯くて掛かる政治感覚音痴の幼稚な政権に日本の未来を託すに非常な危惧を抱く者であります。皆さん、「思い」だけで世の中が回るとするならば、日本国民の凡てが宝籤に当りたいと云う「思い」を如何にして呉れるのでしょうか。

次に北方四島の問題に移ります。 先に延べた様に少なくも北方四島は凡て日本固有の領土であります。 然るに当時のソ連(ロシア)は終戦間際に勝利の分前に与る可く、当時有効に締結中の日ソ不可侵条約を一方的に破棄して日本に対し宣戦布告をし、樺太と北方四島に攻め入り居住の邦人を追っ払い占拠をして居座って居るのが実状であります。

斯くてはならじとその後の昭和31年、当時の総理であった鳩山一郎が訪ソして平和条約問題や領土問題は棚上げに、取り敢えずは戦争状態の終結と外交の回復のみを目的とする日ソ共同宣言なるものを取り決めて参りました。 以来鳩山家は親ソ一家として、一郎の孫に当る現総理はその子息をロシアに留学させている程であります。

従って鳩山総理には、前記先輩総理が沖縄返還の為にした腹芸を暴く暇があるならば、その暇に何故にロシアと腹芸でも密約でも交わして北方四島の解決に当たらないのでしょうか。


(続く)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

続きが楽しみな方は人気ブログランキングFC2ブログランキング
クリックをお願い致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック