蒼海の 「中国水泥の旅」-同行九人、五千キロ- 三 通貨 3

 少額貨幣の追放は、紙幣ばかりではない。コインも貯まると、
小銭入れを膨らますので、やっかいな存在だ。
 最近は、経済成長に伴うインフレの進行で、
一元が十二円と、十一年前に比べて、丁度十分の一に下落していた。

 そのためもあってか、今度の旅では、一分などは手にしたことはなく、
また、一角なども評価されなくなっており、
日本の一円に似た嫌われ者のような存在だ。
 特にホテルなどでは、一角を若干邪魔者扱いしているようであった。

 一つの経験であるが、帰国を明日に控えた広州のホテルで、
必要があって、トラベラーズチェック百ドルを両替した。
たまたま、キャッシャーのカウンタで、一角を十枚ずつセロテープで、
一括りにしており、一角十枚の束が十数個カウンタの上に置かれていた。
そこへ両替にいったので、いい鴨が来たとばかり、
端数の三元を一角十枚の束三個を手渡された。

 要は三十枚の一角コインを受け取ったわけであるが、
小銭入れに入れても、膨らんで入りきらないし、
ポケットに入れても、始末に負えない。
 なんとかその日のうちに、ホテル内で追放しようと思い、
例によって、タバコを買うことにして、地下一階の売店に向かった。

 そこで、一個九元のケントを買い、その支払いに、
六元を紙幣で、残り三元を一角十枚の束三個で充当した。
それを受け取った売場の女性は、一瞬嫌な表情をした。
邪魔者を背負い込んだといった感じだ。
 「江戸の仇を長崎で」ではないが、両替カウンタの恨みを、
地下の売店で晴らしたことになり、晴れ晴れとした気持ちになった。

 だが、この話はこれで終わったわけではない。
 翌朝手持ちのタバコを、調べると、
一箱程度調達しておく必要がることに気がついた。

 昨晩同様、地下一階の売店に行き、ケント一個を買った。
その時まで紙幣を含めて、少額の通貨を最小限に調整していたので、
九元のケントに対して、不用意に十元紙幣を出した。

 まさかと思ったが、返ってきた釣り銭は、
なんと前晩、私が支払った一角十枚の束。
前晩折角巧く追放したと思った一角十枚の束のうちの一束が、
また手元に帰って来た勘定だ。

 一束でも、小銭入れを膨らませる。
日本に持ち帰っても、記念品としての価値もない。
最後にホテルでの清算に当てることにして、チェックアウトのときこの束をだした。
 そのときカウンタの女性は、嫌な顔をしたが、
再び嫌われ者の一角十枚の束は、
ホテルのカウンタに戻り、元の鞘に納まった勘定だ。

前回の訪中時には、一角は流通の主体として、重要な地位を占めていたと
思われるが、通貨が十分の一に下落した現在、一角も日本の一円同様、
嫌われ者の存在に成り下がった様子を垣間みたような一事であった。

(「通貨」了)


※「蒼海の 『中国水泥の旅』-同行九人、五千キロ-」はまだまだ続きます

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*


今後もこのブログをご支持頂ける方は人気ブログランキングFC2ブログランキング
クリックをお願い致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 平沼・与謝野新党、中山議員・鴻池議員・城内議員は不参加

    Excerpt:  今日の「ひるおび」で平沼・与謝野新党のニュースをやっていた。  新党に誰が入って、誰が入らないか、という話だった。  中山恭子議員はインタビューに答えて「考えておりませんので、自分のことを対象と.. Weblog: はみ出し教師の考え racked: 2010-04-07 21:05