蒼海の 「アンダーテーブル」 2

 偶々、私が追いつき追い越せ時代の研究史をまとめた直後でしたので、研究員の自主的な活動がどの程度なのかを知りたくて、前述のT大手電機メーカー副社長の話を紹介し、現在研究所でアンダーテーブルが、どの程度の割合になるかをK所長に伺ってみました。

 J鉄鋼メーカーでも、研究管理が強化されてきていることを聞き知っていましたので、10%前後の数字が返ってくると思っておりましたら、K所長の口から”25%”という答えが返ってきました。

 その答えを聞いたとき、やや意外な感じがしましたが、25%という数字は、企業の将来の発展のために、研究員の自由な発想を育てようとする会社側の意思の表れと見て取れました。

 それを裏付けるように、J鉄鋼メーカーは、業界唯一の製品ならにある品種でシェア一位の製品の開発に注力しており、過去五年間で、その割合を3倍にしたという実績を誇っております。

 自主研究には、相当リスクがあると思いますが、リスクを恐れていただけでは、企業の将来の発展は期待できません。

 勇を鼓して、将来の発展のためにリスクに挑戦することも必要だということを痛感いたしました。


(了)

※明日は一阿さまの記事を公開いたします

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

〔今後もこのブログをご支持下さる方は 人気ブログランキングFC2ブログランキング をクリックしてください。〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック