蒼海の 「アンダーテーブル」 1

 約二十年前、T大手電機メーカーのS開発担当副社長と、研究開発について話し合いを行ったことがありました。

 その時の話の中で、T副社長は、”私の会社では、研究開発について10%のアンダーテーブルを認めています”といわれました。

 私にとって、「アンダーテーブル」は初めて聞いた言葉なので、その意味を尋ねましたら、”テーマを登録せず研究員が自主的におこなう研究(自主研究)”との答えが返ってきました。

 戦後、追いつき追い越せの時代に、比較的自由度のある研究活動をおこなっていた私にとって、10%という数字は少ないような気がしましたが、いくたびかの不況を経た当時は、追いつきお追い越せの時代より、管理が強化されているのだということを実感しました。

 その後しばらく、アンダーテーブルという言葉と無縁な生活をおくってきましたが、昨年11月に、J鉄鋼メーカーのK研究所長と歓談する機会がありました。


(続く)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

〔続きが楽しみな方は 人気ブログランキングFC2ブログランキング をクリックしてください。〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック