一阿の 「普通の気持ち」 6

マスコミも学者も文部科学省でさえも国家を無視し
個人をやたら前面に押し出す。

人間性、自由、平和。
そして全く土俵の違う個人と国家を同じ土俵に並べて、
国家に属することを全て個人の範疇で割り切ろうとする。

司馬遷は史記で横軸に個人を縦軸に国を主体に時の流れを書いた。
歴史を論じて史記をしのぐものはない。
小林秀雄も、「考えるヒント」でものの考え方を同様に述べている。

嘗て司馬遼太郎と仲の良かった青木彰は
今日のマスコミの堕落の原因の一つに、
戦後のマスコミが敗戦以来マッカーサーの言うことを聞いて居れば
必ず無難で有ることを嗅ぎ取り、マッカーサーと同調して
時の権力者を叩く安易な癖がついてしまった事を挙げている。

詰まり自分がないのである。
自分で考えようとしないのである。
テレビは更にひどい。


(続く)


〔続きが楽しみな方は 人気ブログランキング をクリックしてください。〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス

この記事へのトラックバック