蒼海の 「敬語」 2

地下鉄網が発達すると、後から敷設された路線は、他の路線との関連で、
大江戸線のように、地下深く敷設されるようになる。

 そんな関係で、地下のプラットフォームまで、
長いエスカレータを使った駅にも屡々遭遇したが、そのような場合、
人は左に立ち、右側をあけるルールが確立されていたようで、
あいている右側を、先を急ぎ歩いて上がって行く人も多くみられた。

 先を急ぐこともない筆者は、常に左側に立っていたが、
右側を、”パードン パードン”と繰り返しいいながら
すり抜けて行く人が多いのに気が付いた。

 初めは、体に触れたわけでもないのに、
”パードン”を繰り返すことが、奇異に思えたが、
なれるにしたがって、”お先に失礼”に匹敵する挨拶だと思うようになり、
フランス人の礼儀正しさを実感した。

 敬語を持たなくても、礼儀正しさを表現のできるこの短い言葉が、
懐かしく思えてならない。

 翻って、今日の日本で、礼儀をわきまえない人が、多く跋扈している。

 国語審議会で、敬語の使い方について、
ガイドラインを出すことが決まってようであるが、
筆者は、それ以前に、礼節を守ることを、
徹底的に思え込ませることが先決だと思えてならない。

 東洋の守礼の国として、復活するためには、
官民一体となった努力の必要なことを痛感する昨今である。

(「敬語」了)


〔今後ともこのブログをご支持頂ける方は 人気ブログランキング をクリックしてください。〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック

  • 鳩山家の政治資金問題

    Excerpt: 鳩山由紀夫総理大臣(62)の政治資金問題から、鳩山家の政治資金問題へ。 鳩山邦夫 Weblog: 本質 racked: 2009-12-20 23:06