一阿のことば 15

日本の国防は、まさに海からくる敵に備えることであったのです。
悠長に外輪船の時代を過ごしている訳には行きません。
一挙にスクリュー船を購入し英国の海軍の教えを請います。
というよりも英国海軍を直輸入し、築地に海軍兵学校を創ります。
明治8年これは江田島に移設されます。

勿論胆の底は武士道ですが、方法は英国式であったのです。
山本五十六長官がブインで戦死されてから入校した我々でさえも、
まだPOD・英英辞典(ポケット オックスフォード ディクショナリー)を使っていました。
井上成美校長(後の海軍次官ー終戦に持ちこむ)の
「敵の文化を知らずしてどうして戦いに勝てるのか」という信念でした。

話が長くなりましたが、海軍の思想の中にはアングロサクソンの考え方が
強く印されていました。
Freet in being=在ることが戦力である。という思想です。

これに対して陸軍は独逸を師に仰ぎましたので、ゲルマンの思想、
つまり力こそ最高のものである。という考えです。
どちらが良い悪いではありません。 

(続く)


〔続きが楽しみな方は 人気ブログランキング をクリックしてください。〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック