ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 一阿の 「澎湃寄する海原の」 12

<<   作成日時 : 2017/04/30 08:07   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

「澎湃寄する海原の大濤砕け散るところ」で、始まる「江田島健児の歌」は、「機(とき)到りなば雲喚(よ)びて、天翔け行かん蛟龍の、池に潜むにも似たるかな、斃れて後に止まんとは我真心の叫びなれ。」で終わります。

これは大正8年、兵学校創立50周年記念に第50期生徒神代猛男が作詞したのだと、初回に申しました。斃れてのちに、祖国の安寧を見守ってをられる樋端(といばな)久利男大佐は51期です。ブーゲンビル島ブインの上空で戦死されました。

P38が16機、群れをなして待ち構えていました。山本五十六連合艦隊指令長官自ら、前線の将兵を慰励する為、ラバウルから翔び立つ一式陸攻に副官として同乗し、長官を守るやうにすぐ後部の座席に座ってをられたのです。樋端(といばな)久利雄大佐の逸話は沢山あります。海軍部内で、その成績や逸材振りは群を抜いていました。私は幼稚園から85年親しくしている友達がいます。ある日、彼に樋端大佐を知っているか、と聞きました。故郷が徳島の大川だと知っていたからです。

すると、「知るも知らぬも、俺の一番尊敬する人や。」と答へたのです。友とは神戸の長田小学校(菊水が帽子の紋章=楠正成)も神戸二中(会下山の麓・湊川のほとり=正成戦死の場所)も同期、しかし、旧制高校からは別でした。彼は五高(熊本)ー京大、そしてリベラルの路線です。

「親父から樋端さんの名前はよく聞いた。大川・・白鳥で樋端(といばな)の名前を知らぬ人間は居らん。貧しい農家の三男で、海兵に合格し、抜群の成績で卒業、数々の作戦で名を馳せた。「樋端」の名を知らんやつはもぐりや」 全く海軍とは縁もゆかりもない友人の方が、私よりよく識っていたのには驚きました。 「樋端ターン」は有名です。

日支事変の頃、新聞にはよく「重慶、渡洋爆撃」の記事が踊りました。その頃、飛行機はプロペラで時速た400キロが良いところです。まして 深夜何の目標もなく海を越え、千キロも飛んで帰るなんてことは、GPSのない時代には、至難の技です。しかし海軍航空隊にはそれが出来たのです。 航空用の天測を使い、空に輝く恒星を六分儀で捉え自機の位置を知る高度の技術を習得していました。 天測は勿論大航海時代からありましたが、20ノット〜30ノットの艦上の作業です。航空機となるとスピードは何倍にもなります。極めて高速て精密な作業が要ります。

さて、問題は重慶上空の空中戦です。蒋介石はソ連から購入した イ-15 イ-16 etcの新鋭機を多数上空に配備しています。そこで樋端大佐は奇抜な作戦を思いつきます。つまり、戦闘機は長く飛べないので、一旦ターンして引き返すと見せかけ、追って来た敵機の燃料が切れるのを見届けてから、重慶を爆撃し多大の戦果を挙げたのでした。世に言う「樋端ターン」です。 最後の連合艦隊指令長官 小澤治三郎は「わしに航空作戦を教えて呉れたのは、樋端だ。」 と言っています。彼の戦死は中央にショックを与へ、日本海海戦の最高の功労者、秋山真之の死にも例えられました。

51期には 小園安名 大井 篤 実松 穣 の諸先輩もいます。小園安名大佐は敗戦時302空(厚木)の司令で首都防衛の任に当たっていました。海軍最大最強の航空部隊です。首都をまもる司令は樋端大佐が最適だったのです。敗戦時、大佐は国体から考えて降伏は有り得ないと、徹底抗戦の信念を変へませでした。玉音放送は中央の偽作だと考えたのです。「302空は降伏せず。以降指揮下より離脱する。」。まだ厚木には秋水(ジェットエンジン)も零戦も彗星も彩雲も月光も勢揃いしていました。

しかし既に玉音放送があり、わが国は終戦を受け入れております。彼は米内光政や高松宮の説得にも肯んじなかったのです。しかし8月22日ついに302空は武装解除されます。23日山澄忠三大佐等(大本営厚木連絡会)の片付けの後一週間後、マッカーサーがパイプをくわえて厚木に降り立つのです。小園大佐はマラリヤの為40℃の高熱を出し、解熱剤を打とうとした者達を拒否したので、数人で取り押さえ、海軍病院(精神科・現在久里浜の国立アルコールセンター)に閉じ込められた上、精神錯乱として手足をしばったまま飲ませず食わせず放置するのです。よく命がもったものです。

やがて軍法会議にかけられ、海軍の軍籍を剥奪された上、無期禁固刑に処せられます。彼が出所するのは、昭和28年恩赦によってです。(講和条約締結)。 しかし海軍の軍籍は剥奪されたままです。そして、昭和35年昭和11月1日鹿児島の一農民として人生を終えます。奥様に軍人恩給が支給されるのはずーっと後のことです。

小園大佐を悪く言う人は一人もいません。あの坂井三郎(零戦の撃墜王)も生命の恩人と書いています。反抗罪で銃殺を覚悟していたところ不問に付してくれた のは時の副長 小園大佐なのです。ラバウルの下士官・ 兵の食事が余り劣悪だったのので文句を言ったところ、若手の士官が激越な叱責をするので、彼(坂井三郎)は遂に威嚇の発砲をします。副長(小園大佐)の前に立たされた坂井上等兵曹は腹の底から真実を告げます。小園は一言「何故俺に直接言わん」と裂帛の気合いを発し、翌日から下士官・兵の食事は改善され、坂井三郎にはなんのお咎めもなかったのです。更に小園は斜銃の発明をします。

ラバウル航空隊は、マリアナ沖海戦後B17の夜間爆撃にあい被害が増えていました。ラバウルへ赴任した小園は敵機の弱点が機体の下部後方にあることを見つけ、攻撃機前方の銃を斜上方に向け固定させたのです。探照灯の光に照らされたB17の胴体下部は丸見えですが、零戦の機影は見えません。この小園式斜銃によってあれほど猛威を振るったB17は、次々と撃ち落とされ、ピタリと襲来は止まりました。やがて302空の司令として首都防衛に当たった際にも、あの「空の要塞」 「B29」 を80機も撃墜しました。斜銃のお陰です。

B29は8000b を飛行し、 零戦は 6000bまでが限界です。彼はこの敵機を6000bまでおびき寄せたのです。剛胆でしかも温情溢れる小園安名大佐を悪く言う人はいません。けれども正邪から言うと、「邪」であり、君命に反した国賊です。

しかし、レイテ特攻で出撃しながらサンベルナンジノ海峡を出たところでニミッツの反撃に曝され理由不明のまま謎の反転をして帰国した栗田艦隊のあの栗田長官と小園大佐のどっちが好きかと聞かれたら、間髪を入れず「小園」と私は答えるでせう。゛世の中の大切なことは大抵好き嫌いて決まる。と言う人がいます。私もそう思います。

小園さんが何故玉音放送を信じなかったか。当時の中央が乱れていたことを知っていたからだ、と言うむきもあるくらいですから、そうかも知れません。純真で純粋な小園さんのことです。昔(2010・1〜2)瑞雪というブログ名で投稿してくれた友人がよく言ったものです。「大東亜戦争を戦ったのは海軍では50期代だ。」 そう言えば、60期代は大尉 70期代は 候補生上がりでした。75期はまだ候補生にもなっていませんでした。尤も70期の散華率は最も高いと言われています。諸先輩のご冥福を祈ります。

瑞雪はあれからすぐ先輩の後を追いました。いい男だった。それにしても、この最も大事な好き嫌いの感情を煽るのが「マスコミ」です。戦前は海軍の条約派の方々が生命をかけて開戦阻止に奔走しても、「朝日」を始めとするマスコミが如何に国民を煽り戦争へと駆り立てたか。それはこの胸に鮮明です。

そして戦後はマッカーサー万歳 共産党万歳。抗日 反日 リベラルと 驚くやうな変身振り。今や、共産党が胸を張り、平和呆けした観念的な左翼政党が目先のことだけにウロチョロする落ちぶれた日本の姿を見て、大正8年の記念歌「斃れて後に止む」の覚悟そのまま、祖国の為に戦われた諸先輩方は、どのやうなお心で見ておられれでせう。

一阿も小学二年で今上陛下こ生誕のサイレンを聞き、ヒットラーユーゲント と講堂て握手し王兆銘が派遣した少年達と合唱し、二・二・六事件も生でニュースを聞き、山本五十六 長官が亡くなってからだけれども海軍の飯を食い、戦後は河合英治郎を追い出した共産党の教授連中の講義を聞き、企業多角化・高度成長期のサラリーマンをやり、平和 平和 リベラル 軍備反対 軍事予算がGNPの1% を超えたと言っては騒いだ時代を過ごしてきました。

そして心の中にはっきりと残っているのは長い戦後のことではなく、あの一年八ケ月の海軍兵学校の生活です。 粕谷一希が今の世を「応仁の乱」に例えたことがあります。何かどこか狂っているやうに感じてなりません。 早く マスコミでない、もっと本質的な心が日本の心を感じてくれる日の来ることを切に祈ります・・・。


ー つづくー


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な周知活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
一阿の 「澎湃寄する海原の」 12 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる