ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 寝言の 「年寄りの繰りごと 2」

<<   作成日時 : 2016/01/06 11:16   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

【はじめに】 
 昨年の、「年寄りの繰りごと」は現在読み返しても、昨年の世界状況を表している。占いでは無いので、「当り」とは思わないが、世界は「大変革を必要として」大きく動き出していることは、事実だ。その方向は、多小の差はあっても多くの人が、感じている。

具体的に云うと、世界を動かしている、主体は国連であり、国連、対テロ集団、は明確に戦争に入っている。お互いに、原因について、言い分が有るのは、当然。然し、国連は、積極的に話し合い、をせず、空爆を激化している。恐らく、パワー、対パワー。では国連の平和維持の役割は、達成が困難、と見る。

 「年寄りの繰りごと」2では及ばずながら、(ねごと)の考えを披露します。


【歴史は真実に依って確定する】  
 歴史は真実に依って確定する。これは当たり前の事で、改めて、主張すべきことではない。然し現実の国連の対日政策は、全く事実に反している。

(1)「憲法成立の真実」。 国連は20万人の公職追放をして、議員の質を替え、行った。
(2)「東京裁判の欺瞞」 。裁判成立性。事後法。ともに、世界法違反。 
(3)「マッカーサー宣誓、証言、の重要性」
「対日戦(大東亜戦争)は自立の為戦った。」国会での証言、で歴史的な価値ある事実である。残念ながら、現在アメリカ国会議員も知らないものが多い、と云う。
 日本では殆ど「侵略戦争」と信じる、国民・議員、が多い。

 前国会で憲法学者の意見が尊重されたが、(ねごと)は国連の洗脳に感心するが、歴史の真実を知らない国民に唖然とした。
 平成21年出版の本で「日本人よ、もっと悪人になりなさい」 (上坂冬子、小林よしのり著 ワック出版)は、面白くとても参考になる。 悪人に対しては、「強くなれ」とする意味が有ると、思う。
 
 歴史の大切さに付いて、愚論を主張しました。


【天は自ら助ける者を助ける】
 今の日本は真実の歴史を、あらゆる手段で、世界に広報すべきだ。
 プロパガンダの盛んな世界に対しては、強い意志で、然も大量な主張が大切だ。宣伝は日本の最も不得意、の分野だけに、「悪人になる」覚悟が求められる。
 況して、真実の歴史である。
 標題は深く心に刻むべき、事だ。


【世界の大変革】 
 国連は日本に対する、プロパガンダを訂正しなければ、その存在意義を失い世界の大動乱を治めることは、不可能となる。数世紀にわたる、欧米の神を恐れぬ、悪業は、いまや、世界史の汚点として、テロ、移民の大移動。に証明されつつある。


【果報は寝て待て】 
 日本には面白い格言が有る。長い歴史の経験、の知恵。だろう。欧米主導の歴史は、日本の先人が、世界史に踊り出てから、今は、無駄な、動きより、寝て待つ時代に入っている。(ねごと)の感想で今稿の終り、とします。
      

―終わり―


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
寝言の 「年寄りの繰りごと 2」 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる