ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 一阿の 「問わず語り」5

<<   作成日時 : 2015/08/23 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

戦後70年と言うが、戦前70年はどんな時代だったのか。「それは、明治八年、西郷隆盛が城山で自刃し、西南戦争が終結する二年前だ。」と教えてくれる人がいた。

爾来 明治政府は大日本帝国憲法を制定し、三権分立の近代国家を立ち上げ、国民の凄まじいエネルギーで日清、日露の戦いに勝利し、第一次世界大戦を経て、世界三大海軍国にまで成長した。帝国海軍の戦功もあり、第一次世界大戦後、独領であったマーシャル・カロリン・マリヤナの各諸島は日本の委任統治地になった。明治23年には教育勅語を発布し国民のチャンとした心の持ち方と暮らし方を教え教育の礎を創った。

私が戦後を生きて来て、何か口では言えない違和感を感じていたのは、「教育勅語の有無だったんだ。」とふと気がついた。

まだ小学生だった昭和8年、神戸の長田小学校では校門を入ると、築山があって、その中に「御真影」 と 「教育勅語」 が安置されていた。だから、我々小学生は、毎朝校門をくぐると黒松の植えられた小さな築山に頭を下げて、教室に急いだ。祝祭日には全校生徒は講堂に集まり、校長の「教育勅語」の奉読を聴いた。日本全国ほぼ同じ情景だったと想う。だから、 卒寿になる今でも「・・克(よ)く忠に克(よ)く孝に、億兆心を一にして、世世厥(そ)の美を済(な)せるは、此れ我が国体の精華にして、教育の淵源、亦実に此に存す。・・・」 と口をついて出ます。自慢ではなくて、昔の人は誰も皆そうだったのです。

孝と言う言葉が身に染み着いていましたので、戦前は子が親を殺し、親が子を殺すやうな空恐ろしいことは皆無でした。「忠」は難しいかもしれませんが、後段に「・・・一旦緩急あれば、義勇公に奉じ・・・」 とあります。

人権や私権のことのみに現を抜かすのではなく、私をすてて公の為に尽くすことです。 そして最後は 「朕、爾(なんじ)臣民と倶(とも)に拳拳服膺して咸(みな)其徳を一にせんことを庶幾(こいねが)う。」で結ばれます。陛下ご自身も、皆んなと一緒にこの教えを自分でやって見ます。と仰せになっているのです。

これは、明治天皇だけではなく、今上陛下や美智子妃殿下の日常を拝察すると、ずーっと継続遊ばされたことが分かります。世界中でこんな国はありません。 では何故戦勝国の米国GHQが昭和20年8月15日以降、我が国に上陸してこの「教育勅語」を全廃し学校で生徒に教えることを禁じたのでせうか。 それは至極簡単です。戦勝国(旧敵国)にとって都合が悪かったからです。何故悪いのでせう。日本があまりに強かったからです。

「・・父母に孝に、兄弟に友に、夫婦相和し、朋友相信じ、恭倹己を持し・・」 て来た静かで、和やかな国民が此ほど強いとは思わなかった。独・伊 が降伏した後は全世界を相手に日本一国で戦った。そしてそのお陰で、戦後東南アジアの多くの国は独立した。こんな不気味な強い国と二度と戦いたくない。このまま戦えば我が方、米国の戦死者は300万を超えると踏んだトルーマンは有条件降伏の話し合いを心に決めた。但しこの国は天皇を中心に強い家族制度で結束している。

そして我々キリスト教と違う訳の分からん多神教の神道と言うものを二千年来その血の中に引き継いでいる。こいつを徹底的に破壊せにゃならん。天皇制と家族制度と教育勅語。ただ朝鮮戦争の補給路を脅かす日本海の機雷の除去に見事な「技」を見せた日本の海軍力に驚嘆し、こいつは逆に利用した方が得だと思うやうになった。(敗戦の結果、役に立つ艦艇を全く保有しない日本海軍なのに!機雷除去一つとっても素晴らしかった。)且 ソ連との冷戦の危機もあって天皇制の廃止は諦めたが、「家族制度」と「神道」と「教育勅語」そして「古来からの文化」は徹底的な破壊を諦めなかった。

「問わず語り」ではなくて「理屈」でものを考えるやり方を尊び「契約」を社会の下に敷いて近代社会と称し民主主義 だの 自由主義だのと名ずけて、全く文化の違う日本の国を自分たち西欧の文化で通分する作業を始めたのだった。バックには圧倒的な軍事力があります。我が国内にも大正時代以降西欧文化に心酔したハイカラさん達が特に知識層には沢山いました。

最高の知性に恵まれた人達は小林秀雄のやうに、本来の日本に戻り、本居宣長のこころを知り、古来の日本文化に誇りを持ちますが、大半の知識層は中途半端です。戦勝国(嘗ての敵国)はここが狙い目でした。日本国民はまだ充分に資本主義も民主主義も咀嚼仕切れていませんでした。仏教や茶道を自家薬籠中のものにしたやうには行きません。

「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(マックスウェーバー)は大塚久雄が訳しましたが、彼は資本主義社会の成熟に「人間類型」と言うことを言い出しました。例えばロビンソン・クルソー漂流記のやうに離れ小島に流れ着くと、難破した自分の帆船から小麦袋を運んできて再生産を始める民族と、鹿ヶ谷の別邸で、平家討伐の密談をしていたのを咎められ、治承元年、鬼界ヶ島に流された僧俊寛が、去りゆく舟に向かって、「返せ!」「戻せ!」 と泣き叫ぶ民族の差は歴然だと言うのです。

勿論これは物語です。しかしそう言う物語を作る国民性、人間類型に差があるのだと。そしてダニエル・デフォーを生んだ西欧には自然発生的に資本主義の再生産の芽が育ち、「能」の「俊寛」を作り上げた日本人には資本主義を育てる土壌を持たなかったと、 戦後の日本には「観念」を武装したマルクス・レーニン派と観念を西欧の知性でソティーしたマックス・ウェーバー派で満ち満ちていました。大学で習うことはこの二つです。

戦いに負けるとはこう言うことだったのか。日本人の変節のスピードの速さ。マッカーサー万歳、極東裁判、自虐史観、 自国の軍隊に対する罵詈雑言。護国の神となられた特別攻撃隊の御霊に対してさえ犬死扱い。これが70年も続きました。勿論先導したのはGHQであり旧敵国の戦勝国です。しかしその尻馬に乗って、国民を煽動したのは、NHKであり朝日であり毎日でありました。

物事には両面があります。般若心経にも「無無明亦無無明盡」とあります。「この世に本当は無明なんてものはない。しかしまた、この世には無明が盡きることもない。」。戦後、日本人はあまりに一方的にものを考え過ぎたのではないでせうか。戦前70年は支那「清」は阿片戦争で殆ど国家の態をなさず、朝鮮は資本主義が理解出来ず、混乱の極にありました。この中で日本は自国を護るため、急遽軍備を固め、近代武装を学び西欧の侵略を水際で防ぎました。そしてマニュファクトールから資本の再生産へと資本主義を咀嚼する努力をし、この富を完全に日本独自の経済構造の中へ組み入れたのでありました。大塚久雄が人間類型を言うなら日本には日本の資本主義があっても良いはずです。

ネーデルランドにはネーデルランドの ドイツにはドイツのフランスにはフランスのスコットランドにはスコットランドのそしてアメリカにはアメリカのそれぞれの資本主義があるやうに。戦前の70年はそれまで大和民族が2000年 温めてきたマグマが、一挙に噴き出したやうな、大変なエネルギーと発展がありました。

しかし日本は戦いに負けました。大体、歴史は戦いに勝った国(者)が造ります。だから戦後言われる日本の近現代史は戦勝国に都合のよいやうに書き換えられました。いや、我々が書いたと言うなら、それは大正時代に入って来た西欧の自然主義かマルクスレーニン主義にかぶれたハイカラさん達のカッコの良いしかし浮ついた歴史観です。それが証拠に戦後70年にもなるのに、いまだに旧敵国(戦勝国)に渡された憲法を後生大事に守っているではありませんか。

少し、情緒的になりました。しかしこれを桶谷秀昭の「昭和精神史」にとって見ると、「・・明治維新以降の文明の流れを、外来思想の播種種と収穫の交代と考えた。 明治30年代の中葉から種が播かれて、明治40年以降に自然主義と言う名で台頭した個人主義的近代思想の収穫期である。それは第一次世界大戦の終結する、大正7、8年頃まで続いた。次に播種期が来た。

新しい種は、マルクス主義と言う外来思想である。それは昭和の初頭の現時点まで続いている。では次に来るべき収穫期は、何時はじまるであろうか。このままでゆけば、もう少し間がありそうにも思える。外界に何かの大変動を生じて、それからの、激烈な影響を被れば、以外に早いかとも思われる。」 (一阿註、以上は生田長江の言葉) 「それは意外に早くやって来た。1929年、昭和4年に始まる世界恐慌が日本へ波及して、マルクス主義革命運動が台頭し、それに随伴する文化運動としてプロレタリヤ文学の隆盛をみた。

その運動の壊滅する昭和7、8年の頃から、日本および日本的なものとは何か、日本の伝統に帰れと言う問題意識が、論壇に登場するやうになる。外界の変動としては、満州事変と満州国の出現がある。生田長江の予言と、その根拠である文明史観に意味があるのは、昭和の敗戦までのさまさまの思想や文学が、昭和以前の明治、大正の文化現象の連続性において、予見されていることである。」 桶谷秀昭の言葉は続く。「昭和のマルクス主義の特徴は、世界恐慌の日本への波及から生まれたと言うよりも大正後半期の播種期の次に来るべき収穫期の必然現象として台頭した。

昭和のマルクス主義の特徴は、マルクス主義のロシア的であるレーニン主義が絶対思想として信奉されたことである。レーニンには19世紀の60年代まで農奴制を存続していたロシアの後進制に対する負い目と悲哀が隠されていたに違いない。革命による共産主義社会の実現こそロシアがヨーロッパへの負い目を克服する手段であった。マルクス主義のロシア的形態にはそう言う本能が潜んでいる。日本の昭和マルクス主義がロシアマルクス主義に嗅ぎつけ、レーニン主義として信奉したのはそう言う本能であったと思われる」。

私は、「問わず語り-2」で桶谷秀昭のことについて触れた。だからここで「昭和精神史(桶谷秀昭-文春文庫)」の数行を挙げましたが、出来ましたら通読なさることをお勧めします。

戦後70年・・・人類で始めて原子爆弾を落とされ、主要な都市と言う都市は無差別爆撃に遭い(勿論国際法違反)、あまつさえ共産革命思想を持った共産党員やそのシンパ、そして外来種にも似た個人主義- 人権論者に当然のごとく、反日の旗を振られ、屈辱的にも七年間は、異国の支配下にあった我が国。それでも大多数の国民はなんとか祖国を蘇らせようと必死の努力を重ね、そして、「 Japan as No.1」 と言わせる迄になった。

このやうに我が国を廃虚の中から立ち直らせたのは、敗戦までの70年に凄まじいエネルギーを発揮したわが先輩の延長戦上にあった国民である。戦前 戦後のこのやうな国民を生んだ教育は、江戸時代末期の藩校や寺子屋の教育であり、明治以降では「大日本帝国憲法の下での教育勅語を基礎におく教育」であった。

しかし美しかったあの故郷の「すすき」の原っぱが、醜い「せいたかあわだち草」の外来種の黄色に追いやられて無惨に消えてしまったやうに、次第に日本古来の心の風情も消えて行きつつあります。


― つづく―

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
一阿の 「問わず語り」5 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる