ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 一阿の 「問わず語り」3

<<   作成日時 : 2015/07/26 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

第二次世界大戦の敗戦国でその国の根幹をなす文化までいらい回されたのは日本だけだ。独・伊は彼らと同じ一神教(キリスト教)の国だ。彼等の文化や教育には手をつけなかった。然しわが国に対しては国語にまで関与し日本人の心の中心である神道の権威まで足蹴にした。マスコミは元総理森喜朗を批判するのに彼は「神国日本と言った。」とあげつらう。過日、こともあろうに国会で江田五月が「私は東大で憲法の大御所宮沢俊義教授に日本国憲法を教わった。この私が安保法案は憲法違反だと言うのだから間違いない。・・・」とドヤ顔をするのである。飲み屋ぢやあるまいし浅はかなことを言ってはいけない。

宮沢は共産党とは言わないが、決して中陽保守の人間ではない。戦後横田喜三郎(国際法)と共にアメリカに便利使いされた先生だ。横田喜三郎なんぞは例の極東裁判の国際法上の理論づけに大いにアメリカに重宝された男。この教授連の説を金科玉条に国民の立法府で敗戦後70年も経ってドヤ顔されたのではたまったものではない。

宮沢俊義と言えば「法の窮極にあるもの」の名著で有名な尾高朝雄教授がおられる。宮沢・尾高の国体論争は有名だが、宮沢は変わったとの論陣を張り尾高教授は変わらない側にたたれた。ネットによると宮沢に歩があるやうにかかれているが、「国体」を理論で分解すること自体に無理がある。

国体は理性や哲学の範疇を超える。先日日枝神社の例大祭山王祭に行った。本殿で宮司の祝詞を聴きお祓いを受け榊を奉奠した。三百人ほどの氏子は和気藹々と直会(なおらい)を頂いた。氏子総代は舛添要一氏、山谷えり子さん森喜朗さんそれに栄太郎、ぬ利彦、資生堂、泉屋の主人、伊勢半、紅屋の主人皆氏子だ。共産党や社会党と違う。本当の楽しい生活がそこには有った。和気藹々としたものだ。

キリスト教のやうな五戒も無ければイスラムのやうな戒律もない自然を尊びその中に神を観る。神社を中心にした生活が日本にはあった。神国日本だ。左翼の人間には分かるまい。政治は理解ではなく納得だと誰かが言った。その通りだ。堅苦しい言葉で言へば「無意識領」と「潜在意識領」の問題だ。我々は寝ている時全く意識はない。しかし生きていて朝、目が覚めるとチャンと蘇る。この寝ている時の意識が潜在意識だ。

若い人達が日本国民として清潔さと礼儀正しさと優しさと頑張りで尊敬されるのは、五十年や六十年の積み重ねではなく万世一系の皇室(すめらみこと)のもと二千六百年になんなんとする長い長い歴史の中で植え付けられた潜在意識が清潔で優しく礼儀正しく頑張り屋さんだからだ。つまり起きている時の意識(顕在意識)がどんなに優しくしやうと思っても潜在意識が濁っていて意地悪だと自然と嫉妬や意地悪な行動が出てしまう。どこかの国のやうにである。

私は今まで口を極めて朝日新聞や毎日新聞やNHKや左翼系のマスコミを批判して来た。特に昭和29年ころから「赤旗」よりひどい記事を書くやうになった朝日新聞の変質振りはひどかった。国民の殆どはその情報源を新聞やテレビから貰っている。もの知り顔の学者や識者が頭の先の理屈をペラペラ喋るのを「なるほど。」と聞いて仕舞う。この「顕在意識」が「潜在意識」に染み込みその人の考えになって仕舞うのだ。恐ろしいことだ。

― つづく―

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
一阿の 「問わず語り」3 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる