ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 一阿の 「年寄りの冷や水(感情的?小保方リーダー擁護論)」

<<   作成日時 : 2014/04/25 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

岩崎俊一博士が垂直磁気記録方式を発明したのは半世紀も前だった。この磁気を乗せたテープでソニーは世界を席巻した。

岩崎博士は講演の席上マスコミの質問に答へてこう言ったのだ。
「私の発明は直感と実験の繰り返しの結果得られたもので、過去の理論の延長線上には何もありません。」

彼は「こけし[ 」で書いた岡田義雄博士と同期(海兵75期)であった。恩賜賞の記念講演会で岡田所長も全く同じ考へを吐露したものだ。私は嬉しくなって膝を叩いた。生涯の師と仰いでいた中村天風先生の霊性意識(直感)と同じ景色だと思ったからである。岩崎博士が同期の我々に分かりやすく説明してくれた言葉を今でも覚えてゐる。

「磁気記録は普通は水平な磁場に情報を載せるのだが、そうすると沢山場所をとってあまり情報は載せられない。私はこの磁場を垂直にしたらどうかと考えた。」「磁場といふのはあの磁石を想像すると良く分かります。NとSに向かって砂鉄が弧を描くでせう。あれです。」 「水平に並べると場所をとりますが垂直に並べるとぎっしり詰まってゐるので場所をとりません。」「情報を沢山載せられる訳です。」なんとなく分かるやうな気がした。

彼は西澤潤一さんと共に東北大の次期学長と目されていた。岩崎兄はやがて昭和天皇に御進講申し上げる栄に浴してゐる。ここで言いたいのは凡そ世の中になかったものを創り上げたり、発見したりする人は、過去の理論や権威にこだわらず、じつに自然だと言うことです。

貴方が(小保方さん)割烹服をつけるように。岩崎兄の愛読書は前にも言ったやうにアレキシス カレルの「人間この未知なる者」(Human The Unknow) です。小保方さんも世の中になかったものを掴みとりました。厳密な意味では人類に絶対と言うものはありません。

生命についてもまだまだ不明な点は多いのでせう。細胞と言う極小世界と宇宙と言う極大分野から探索していますが、岡田義雄博士が言うやうに「さまよへるオランダ人」になるかもしれません。この世の中で大切なことは何一つわかってゐない。しかもこれを不完全な「言葉」と言うマチエールで表現しやうと言うのですから大変です。

例えば「不正」と言います。この時 「正」 とは「正義」なのか 「正確」なのかわかりません。このやうに不完全な道具でまだ分かってゐないことを表そうとしてゐるのです。だからそこには「謙虚さ」と「やさしさ」がいります。

ところがどうでせう。かってノーベル賞をもらった偉い人が出て来て、「近頃の若い研究者の研究倫理が」どうのこうのと他人ごとのやうに冷たく決めつける。こんな人は自分が若かった時のことを思い出して、もっと温かく指導したらどうかと言いたくなる。

彼が一度発言するとあとは右へならえで彼女に対する批判が始まる。最も悪いのがマスコミだ。訳のわからん男が「科学」とは「研究」とは、と恥ずかしくもなくがなり立てる。こう言う世界では「事実」が先にあるのではなく、「思い込み」が先にある。そうして自分に都合の良い事実を寄せ集めて理屈をでっち上げてゆく。それこそ「捏造」だ。

それが証拠にあの最初の記者会見の時後ろの方にゐたマスコミの男が小保方さんに向かって「あんたには罪の意識が全くない」とがなりたてたのだ。さすがに弁護士がそれを制したが、この男に対する批判はその後のマスコミでは聞かない。罪なんて言葉は科学説明の場で発せられること自体おかしかったのだ。

世の中には一番大切なことと二義的なことがある。大体ノートが不完全だとか、写真が取り違えられたなんてことは二義的なことだ。マスコミも理研も偉い先生方もこの二義的なことに血祭りを挙げて騒いでゐる。馬鹿馬鹿しい気もする。大切なのは世の中になかった細胞を見つけたことではないのか。小保方リーダーは最初の記者会見でこう言ったのを覚えてゐる。

「私は未熟でございました。しかし未熟故に発見出来たと思ってゐます。しかし一方そのような考えはいけない、と言う反省もあります。私はこの地点を行ったり来たりしてゐます。」 誠に人間的な素敵な言葉だ。

「一日玄米四合と味噌とわずかの野菜を食べ・・決して怒らすいつもニコニコ笑ってゐる」のは人の理想かも知れない。しかし普通はそうはゆかない。美味いものをたらふく食ってみんなで渡れば怖くないと、過去の理論や権威に胡座をかいて未熟者を叱り飛ばし腹を立てる。偉大な発見は未熟者によって成されて来た。

岩崎兄も岡田兄もカミオカンデの小柴昌俊さんもみんな完成された過去の理論に胡座をかいていた人は一人もゐない。コツコツと直感と実験の繰り返しをやったのだ。まあ言えば未熟者だ。コペルニクスだってそうに違いない。当時誰だって地球が動くなんて考えていなかったのだから。彼はあなたよりひどい目に遭ってゐる。

小保方さんがんばれ。常に我々を誤動してきたマスコミの言うことなんか気にせずがんばって下さい。中村天風先生にもらった色紙には富士山の絵と共にこう書いてあります。「晴れてよし曇りてもよし不二の山」 。 こころを強く持って下さい。


おわり

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*
今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
一阿の 「年寄りの冷や水(感情的?小保方リーダー擁護論)」 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる