ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 寝言の 「これから日本が世界に貢献するために大切なこと」(2)

<<   作成日時 : 2013/11/13 09:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

―― これから日本が世界に貢献するために大切なこと(2)――

◆はじめに◆
 (ねごと)は10年ほど前、兵学校508分隊誌に―我が国の歴史を辱めたくない―と気持ちを書きました。この気持ちは今でも、ものを考えるときの原点としています。況して書いてには発表する場合は大切なことと、自戒しています。同じ現象を見ても、立場がちがうと大きく変わって見えるものです。
 
 最近インターネットの発達もあり、マスコミの報道に対し、其の事実認識の甘さが、指摘されることが多くなりました。

 特に、国外の事件については、殆ど、自社調査は無く自主性が見られないのです。皮肉なことにマスコミの立場が見えているのです。

 さて標題の「世界」とは何処を指しているのでしよう?政治的には少なくとも、安倍政権発足以前は、南米諸国・アフリカ諸国・中近東諸国(石油資源国は除く)は殆ど意識の外だったのです。わずか1年前のことです。如何に我が国の政治が極東アジアとアメリカに過重な神経を使っていたか、改めて感じます。

 ところがどうでしょう、「アベノミクス」の宣言、実践により、世界の目が突如日本に集中したのです。正に世界なのです。

 アメリカは同盟国ですが、自国の財政問題を抱え、日本の経済強化を警戒しています。中国。韓国は日本の円安により経済的に相当な打撃を受けました。EU、ドイツ、すら円安を非難する始末です。これ等の事実は日本の経済実力のバロメーターと云って良いと思います。


◆日本の実力◆
 「病は気から」と古から謂われます。アベノミクスの目的はー景気を良くすることーですから国民が其の気になることが大切なのです。

 政府の経済政策も、結極は―其の気にさせるため―と素人の小生は思っています。

 ところが現在多くのマスコミや識者がしたり顔で難癖する風潮が有り理解出来ない。景気が良くなることは思想問題で無く、全国民がその恩恵を受けることです。もっと素直に考えたらよい。

 さて経済力はともかく、日本の総合的国力は世界を俯瞰してどの位置にあるか検討しよう。

 先ず国力とは何を指すのでしょうか、正確な定義は不肖知りませんが、経済力・軍事力・人材力、が中心となると思います(前稿では人材力に触れました)。国土の広さ、人口の多さ、資源の多さ、も国力の要素と思いますがこの点では我が国は恵まれていません。然し経済力・人材力、は世界の中で十分にトップクラスにランクされます。

 然し肝心の軍事力は憲法の縛りもあり、中位にもランクされないと思います。中国・韓国・北朝鮮等の対日政策は、正にー我が国の歴史を辱めるーものであり看過できません、我が国の軍事力弱体が原因と断じます。

 政府は対策として、先ず超限戦に正式に参戦しました。(ねごと)も実はイライラしていたのです。「公式動画配信」を開始(各国語用あり)中国・韓国、の侵略を世界に訴えました。今後プログラムの展開が期待されます。慰安婦、南京虐殺、等第2弾として最適です。

 対マスコミとしてNHK経営委員会人事で百田直樹氏を任命しました。氏は安倍総理と肝胆相照らす仲、であることは周知のことです。

「特定秘密保護」法案も国会審議されていますので、ようするに国民の気を変える方向に前進している感じです。

 さて真の軍事力も予算や、防衛白書等動きは小さいとは云え変化を見せています。国民の自衛隊に対する信頼と好意の気は東北大震災を機に格段に好転しました。3年前に比べ隔世の感があります。軍事産業が大切な福祉産業、と認知されることも夢でなくなるでしょう(国民にとって、生命、財産、の安全が大切な福祉)。

 少なくとも政権は安定して、正常な主権国家になることが大切であり、此の期を逃すと(ねごと)の目が黒いうちに奴隷国家脱却は不可能になります。

 然し道義国家として、覇権を是とする国家に対して決ぜんと行動すれば世界全体に大きく貢献出来るのです。そういう意味で、現在、国難の間中にあると認識します。


(終り)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
寝言の 「これから日本が世界に貢献するために大切なこと」(2) ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる