ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 一阿の 「麻酔の話」T B/3

<<   作成日時 : 2013/06/27 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

日本民族には「言い訳しない」と言う美徳がありました。しかしすぐ近くの朝鮮半島にはこれがありません。コンプレックスの固まりのやうなこの民族には恨み つらみ 憎しみ悲しみと言った消極的情念からびっくりするやうな嘘をでっち上げ、慰安婦だの侵略だのと泣き喚き、あろうことか米国議会のロビーにまで手を伸ばし「慰安婦・慰安婦」と日本人を貶(おとし)めるのに余念がありません。

愚老が中学生だった頃(昭和14年)先生から聞いた話しを思ひ出します。「インドで鉄道の大事故があり何人もの死者がでました。まだ息のある者は担架で病院へ運ばれます。息をしてゐない者は死人の処置をうけます。ところが英国人の監督官は瀕死のインド人重傷者に対してまだ息をしてゐるのに、デッド(Dead)・デッド(Dead) と指示をしてまわります。

インドの人達は征服者である英国人の指示に従わねばならないのです。」これは英語の時間で「Dead」の言葉の授業中の話しです。強烈な印象を受けたので70年経ってもまだ覚へてゐます。植民地政策の圧政に苦しんだインドが独立して一言でも英本国に対して、今の朝鮮民族が日本に対してとってゐる忘恩無礼な態度をしたでせうか。聖者に近いガンジーは別にしてもインドの人達はかっての植民地政策実行者英国に対して何も言はず黙々と今日の繁栄を築いたのです。正に朝鮮人とインド民族の精神構造の差でせう。

当時の日本の為政者は朝鮮を植民地とは思ってはゐません。遅れた民族に対して近代社会を教え大学を創り彼らに教育を施したのでした。英国のインドに対して行った施政とは大違ひです。(これは当時の朝日新聞?!を見れば分かります。)

かってインドのシン首相は訪印した小泉元首相と同伴者の安倍晋三氏の手を高々と挙げ聴衆の前でこう言はれたのでした。「・・インドが独立出来、この繁栄を迎へることが出来たのは日本のお陰です。今ここにその恩人を迎へることが出来ました。」と。歴史認識を同じくしてゐるのはインドであって朝鮮や支那でないのは地政学上の悪戯かも知れません。

選挙が近くなりました。それかあらぬか左翼マスコミは安倍潰しに躍起になってゐます。今回は四年前とは違ひ、そう簡単に国民を騙す訳にもゆかず、駄目もとの計算でもしてゐるのでせう、ことあるごとに非合理な安倍批判を繰り返します。成長戦略で「国民所得150万円アップ」と言うと途端に人気とりのバラまきだと騒ぐ。民主党時代に防衛予算を上回る子供手当てを計上してバラまき、デフレを助長した愚作より余程真っ当です。

アベノミクス潰しに進歩的知識層と言はれる評論家や学者や朝日や、はては日経まで株価の乱高下をアベノミクスの所為にしやうとします。彼等にはアベノミクスの正確な分析等どうでも良いのです 兎に角、安倍政権を潰さにゃならん。「戦後レジームを壊されては自分達の住む場がない。」のです。

昨年11月中旬8,000円台だった株価は民主党から政権が自民党安倍政権に変わった途端スルスルと上昇を始め5月中旬には15,000円になりました。ところが23日には1,000円以上も急落し爾来不安定な相場が続いてゐます。これを見た戦後レジームにどっぷり浸かりたい面々や左翼大手メディアが待ってましたとばかり「それ見たことか」 とはやし立て『アベノミクス失敗の前兆』と言う中国紙に唱和します。

朝日は24日の朝刊第一面で「東証暴落」「アベノミクス危うさ露呈」と騒ぎたて、日経まで「株安が進めば・・・家計も企業も萎縮し経済は悪化する。失望したマネーは株式市場から逃げ出し株安と円高の同時進行に拍車がかかる」と無知な我々を脅かす始末。彼等はそうで無いことを熟知してゐるのです。

株価乱高下の仕掛け人はヘッジファンド等海外の投機筋なのです。投機筋は一寸した売り材料を見つけては儲け予想通りリバウンドすることで又儲ける。大体アベノミクスとは中長期的な経済戦略です。日々の株価の変動に結びつけてあげつらうこと自体理屈に合はないことぐらい熟知してゐる筈です。これは四年前巨大メディア揃って国民を誤導し詐欺の確信犯よろしく見事鳩山政権を樹立した手法です。

自民党の鳩派による失政を逆手にとって更に左の民主党に一度やらせて見たらとオバマの「チェンジ チェンジ」 を援用したのはマスコミでありました。始めから彼等は我が日本の国力低下は織り込み済みであったとしか考へられません。今日もふとあるブログを見てゐたら「鳩山政権になってからのサムスンの躍進と日本経済の心柱である諸大電機メーカーの凋落」の記事に行きつきました。本当にそう思います。今回の7月の総選挙は日本の足が徳俵にかかった最後のふんばりどころです。進歩的知識人やメディアが如何に安倍自民党を誹謗しても真正保守自民党を育て上げなければ国は崩壊してしまひます。

あの茅稽二先生が好きだった「火焔太鼓」の「おち」に習って、こう言いたくなります。「左翼のお利口さん達よ。あまりアベノミクスは駄目アベノミクスは駄目と半鐘を鳴らしてゐると、安倍潰しもオジャンになるよ。?!」この逆境の中で戦後レジームの間違いを自らの瞳で見抜き営々と保守の道を拓いてをられる若い人達の健康を祈ってこの項を終はります。


(終り)

※一阿さまのお手紙はまだまだ続きます

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
一阿の 「麻酔の話」T B/3 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる