ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 寝言の 「新 最近思うこと」 (2)-(イ)

<<   作成日時 : 2013/05/30 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

−−(イ)安倍ノミクスの成果と (ロ)これからの課題−− 

(イ) 安倍ノミクスの成果

 安倍政権も発足して、早くも五ケ月を経過するに至りました。スタート直後から金融緩和に対する信念と、実行力、は日銀、財務省、と云う強力な障害を、ほぼ二カ月で消滅させました。株価の上昇と、為替相場の円安、は現実に見える形で国民の支持を得ました。この実績は、長い間、日本経済と財政を苦しませた、「デフレ」を克服する、強力な手段で世界的にも大きな反応を引き起こしました。

ドイツ等「作為的為替操作」と非難する国もありましたが、G8、G20、の会議では、日本の立場は異議なく認められました。然も、ロンドン(エコノミスト誌)では安倍総理は後世に名を残す可能性もある、と過分?の褒め言葉を、記事にしています。

然し完全に目的を達成するには、二の矢、三の矢、を発射しなくてはなりません。具体的には財政と経済成長です。財政は既に補正予算が執行されています。問題は民間が主体となる三の矢ですが、政権はその内容を六月に公表する予定です。安倍氏の出身地の藩主毛利元就の故事から、三本の矢と付けた、と云うのは、穿った見方でしょうが良いネーミング、と思います。

 しかしながら、三本目の矢が的を射抜くことは対外的要素もあり国を挙げての力が結集されることが大切です。マスコミは上げ足取り論調が多く、失敗を望んでいるか?依然として安倍バッシングをしています。端的に云えば反日の立場です。「戦後レジームの脱却」はまだ多くのやるべきことが有ります。

正にこれからが、正念場です。安倍ノミクスは、取り舵一杯の東郷ターンに比すべき、快挙でした。その後、東郷は翌日残敵を追い詰め、更に砲弾を浴びせ、敵の旗艦が白旗を挙げたのです。秋山参謀が長官「打ち方やめ」ますか、と尋ねたとき、「敵はまだ動いている、止まるまで撃て」と国際法に従って命令しました。法に従いつつ、其の成果を確かなものにしていくべきです。

 安倍総理は先日、親日国ミヤンマーから経済援助と安全保障を兼ねた、共同声明を土産に帰国しました。又インドからは原子力協定再開してシン首相が来日します。正に東ヨーロッパからオーストラリアまで「繁栄と自由の弧」(麻生氏が構想していた)を安倍政権によって、確実に進行しています。
 これは結果的に、中国に対する安全保障の強化となります。

 習近平氏の訪米は事態を重視、多少狼狽している、と見ています。そしてこれは、第3の矢に大きく影響する、準備でもあるのです。南シナ海、東シナ海、公海上の国際ルールについて、意見を公式に表明しています。東郷さんはあの場でロジエトウィンスキー敵司令官を逮捕、佐世保海軍病院に送りました。その後の、美談は略します。日本は道義の国です。

 安倍氏も「繁栄と自由の弧」は当然共栄が目的です。気を配って、親交を深めてください。


(「(イ) 安倍ノミクスの成果」終り)

*寝言さまのお手紙は「新 最近思うこと」(ロ) これからの課題 に続きます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
寝言の 「新 最近思うこと」 (2)-(イ)  ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる