ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 一阿の 「映画 聯合艦隊司令長官「山本五十六」 を観て」 C/6

<<   作成日時 : 2012/01/29 08:28   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

「ロンドン軍縮会議とフランス。そして山本五十六」

山本は条約派、非戦派として知られてゐるが、第1次ロンドン会議の時は先鋭な艦隊派的態度をとってゐるが、その背後にあった考え方を探るのは、歴史的に意義が大きい。

山本は昭和4年11月30日 サイベリヤ丸でアメリカ経由ロンドンへ向った。出発の日に少将に進み、46才、アメリカ駐在武官、「軽巡五十鈴」艦長、空母「赤城」艦長、を経験して脂の乗りきった時であった。会議場となつたのは、バッキンガム宮殿にほど近いセントジェームス宮、海軍省の隣にあるアドミラルティーアーチをくぐれば、すぐネ ルソン像のそびえるトラファルガー広場だ。

会議前に英米両国の対立点が調整されたあと、日本が招かれたので、日本はこの両国に圧倒されやすい立場にあっ た。会議は難航し決裂寸前であった。ジョージ五世が親臨した開会式から五十日を経た昭和5年3月13日、いわゆる松平・リード案が得られ た。(駐英大使松平恒雄・上院議員リード)両全権はかなり前から友人関係にあった。山本は海軍随員の意見をまとめて鋭く反対するのである。念の為、三大原 則の妥協案をしめす。

1 大型巡洋艦・軽巡洋艦・駆逐艦・潜水艦の総括量。 原則ー対米七割 妥協案ー対米 六.九七五割
2 大型巡洋艦 原則ー対米七割 妥協案ー対米六.0二二割
3 潜水艦 原則ー対米七八.四九七トン 妥協案ー対米 五二.七00トン

主席全権 若槻礼次郎(前首相)は、英米にこれ以上の譲歩を求めるのは不可能と考へ全権四人だけで合意のあと、全権顧問や随員に知らせることなく、妥協案を最終案として、東京へ請訓した。若槻のやりかたは強引に過ぎた。

やはり上層部だけにでも誠意を示す必要はあった。また財部 彪(たけし)は内心は反対でありながら、若槻に同調したのだが、ワシントン会議の時の加藤友三郎のやうに、その威信で海軍部内をまとめる 自信がない限り、簡単に同調することなく、安保清種大将、主席随員の左近司政三中将、次席随員の山本少将には誠意をもって説明すべきであった。

このときの ロンドンにおける海軍随員達は、昭和の歴史を説明する映画などで、たいてい悪者に書かれてゐる。山本の名が具体的に出ないのは不思議なほどだが、随員の中 には山本の後輩達も沢山ゐた。後に外相となる豊田貞次郎、海相となる野村直邦、岸・佐藤両首相の長兄に当る 佐藤市郎、開戦時 比島に進行した第3艦隊司令長官高橋伊望、第1次ソロモン海戦の第8艦隊司令長官三川軍一、ミッドウェイ海戦で名を挙げる第2航空戦隊司令官の山口多聞などなどである。

ブログナー・ハウスの海軍省顧問や随員達は、自分たちに知らされることなく、妥協案が請訓されたのを知って、衝撃を受けた。反対の急先鋒は山口多聞で、全員の取り纏め的役目の山本もこれに劣らず強硬だ つた。 このときの山本の強硬態度を解く鍵は、フランスの態度を分析することにある。


(つづく)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
一阿の 「映画 聯合艦隊司令長官「山本五十六」 を観て」 C/6  ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる