ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 寝言の 「私の嗅覚 〔今の日本はピンチを迎えているのか チヤンスを迎えているのか〕」1/3

<<   作成日時 : 2011/12/07 07:28   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

−序章−

恕兵衛さんの「日本とは何か」http://si-tarou.at.webry.info/201111/article_12.html
は地政学の見地を加えて、日本史の概観と戦後史の問題点を指摘されたもので、御意見に同意、感動しました。特に終章の「我々80代半ばの老骨といえども、生ある限り務めねばならぬと思う次第である」という決意に触発され「ガラス瓶」に手紙を入れます。標題について「寝言」の結論は終章に披露しますが、現状認識について、国内、国外、に分けて述べたいと思います。所謂、反日勢力が国内と国外にあると云う我が国の特殊事情に鑑みてのことです。


−国内−

2年数ケ月前、民主党が圧倒的国民の支持を受け衆議院で過半数を上回る議席を獲得しました。民主主義の基本ルールによる結果ですから、認めることは当然です。然し「寝言」は此の時「これは戦後体制に疑いを持たない国民に真実を伝えるチヤンス」だ」と感じました。民主党こそ戦後体制の「申し子」だからです。民主党には「綱領」がありません、本来政党は、国家、国民、に「我党は此の理念の下でこの様な政治を目指す」と云う「綱領」を掲げ支持を求めるのです。

民主党は目的と手段があべこべ議会で「多数を得ること」が絶対的方針なのです。ルールにより「なんでも出来る」と云う独裁の臭いも感じます。小賢しい反日法案も出ていますが困ったものです。然し左翼の鳩山、菅、の無能無責任な政治は国益を大幅に失墜させ、特に外交問題は未だに解決していません。最重要の対アメリカ、対中国問題ですから今後悪影響を及ぼし、国家の損失、国民のプライド、を考えると解散が妥当でした。三代目首相は党内では右翼とされる野田、を選出しましたが、人事を見ると国民より党内事情優先。これから失政が思いやられます。

何しろ右翼紛いの首相と最左翼の幹事長ではとてもT.P.Pで国益を守ることはできません。原発問題では中国、韓国、など反日国に利する方向に終わるでしょう。経済問題で国益を損じると思います。政権交代で重要な選挙で一票の格差に違憲判決が各党間で協議が始まっています。選挙区問題も絡んでルールの確定が困難のようです。ルールも大切ですが、民意を正しく反映するには前提として「仮説」によって成立するものだ、との常識があります。

「国民に公正な情報が広く流れていること」「国民の民度に大差がないこと」です。民主党数の論理による「何でも出来る」は国民の反発は必至です。然し選挙なければ、政権交代は出来ません、民主党の失政は今後も予想されます。「ガラス瓶」もその役目は大きくなるのです。反日勢力は.まだまだ多くありますが、戦後体制の申し子である民主党に絞って説明しました。


(続く)


*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

続きが楽しみな方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
寝言の 「私の嗅覚 〔今の日本はピンチを迎えているのか チヤンスを迎えているのか〕」1/3 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる