ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 寝言の 「私の嗅覚〔大災害に際して(2)〕――世界各国の支援に見える、国柄――」

<<   作成日時 : 2011/06/22 07:40   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

 災害発生の直後から、諸外国の報道に、「日本民族の秩序正しく、治安を乱さない行動に」驚異を含んだ、賞賛の声が上がりました。これは人権、とか、自主性、とか自由、とか個人個人が考えて行動した結果では有りません。諸外国の論理を重視する社会、では達成出来ない(或るもの)が日本民族に伝わっているのです。諸外国では社会が乱れた時、暴動、略奪、は常識で、中近東、中国、などで多く発生しています。他の文明国とて例外ではありません。つまり(或るもの)とは日本本文明に含まれる「民族性」のことです。此の度は国民自身が改めて自覚し外国文明との違い悟る、大きな出来事でした。

 さて、一方、外国からの救助隊も数多く記録されています。医療ではイスラエルが印象的でした。原発事故の為、多くは直ぐ帰国したようです。その点(友達作戦)の海兵隊は被災者も感激されて居たようです。支援金も多くの国から送られてきました。大変ありがたいことでした。天皇陛下も「お言葉」の中で意を表しておられたことはご承知のと売りです。政府も76カ国、地域の156メディアに謝意を載せています。但し個別に見ると外交上、汚点を残すものが、散見されます。

 それは(中国)(韓国)に対する特別な扱いです、出迎えは副大臣、両国に特使を派遣、これは正に(朝貢)外交というべきと思います。支援金の多くは我が国、外交の成果と思います。我が国には「気は心」という言葉があります、これは受ける側の貧者に対する思いやりの言葉です「貧者の一燈」という言葉もありますね。金額の大小は問わず感謝すべきことは当然です。

 然し過去の歴史観を添えた支援金(中国)批判する気もありません。又この時期に竹島の実効支配を進め、北方領土に国会議員を派遣した(韓国)、空自、海自、を挑発した(中国、ロシヤ)など国際情勢、を考えることの大切さを教えてくれます。

 反対の意味で特に鮮明に記憶されたのは、台湾の行動でした。救助隊の派遣は入国手続の関係で果たせず、一番乗りにはなりませんでしたが、支援金は正式な国交がないにも関わらず160億円でした。(参考、中国20億、韓国40億、)問題はこれに対して政府は謝礼をしていないことです。これは、政治問題ではなく、人道問題です。前項でも資源外交に要望しましたが、我が国の外交は(徳)の心が大切になると思います。「徳は孤ならず必ず隣あり 孔子 」

 然しここで美談が生まれました。木坂麻衣子さん(デザイナー)の発議に応じた方実に6000人、1週間で1600万円の寄付金が集まり、台湾2紙に謝礼の広告がされました。残金は被災地に義捐金として送られました。政府外交の恥をカバーしたのです。ネットの力と、若い力、を遺憾なく発揮したエピソードでした。日本人の美しい心、民族性は困難の中でよみがえり引き継るものなのです。 


(「私の嗅覚〔大災害に際して(2)〕」 了)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*

今後もこのブログをご支持下さる方は
人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

※姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、様々な活動を行っております。

何卒皆さまの温かいご協力をよろしくお願い申し上げます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
寝言の 「私の嗅覚〔大災害に際して(2)〕――世界各国の支援に見える、国柄――」 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる