ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 一阿の  「英人の見た海軍兵学校」 4

<<   作成日時 : 2010/07/30 06:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 2 / コメント 0

 水泳訓練の猛烈さ

 次に、掲げるのは、水泳に関する生徒の随筆からの抜粋であが、これはたいていの生徒の意見を代表するものである。
 勿論水泳は、海軍軍人にとって、重要にして必要欠くべからざるものである。然し兵学校の水泳訓練は、非常に猛烈なので、大抵の生徒はこれを好まない。私も亦同様である。

 生徒は、毎日午後には、三時間は水中にいる。毎日朝食前には、柔道か剣道を一時間づつ稽古して午後の水泳をするのであるから、容易なことではない。勿論水は温かい。さもなくば、海水に三時間もいることは不可能であるに違いない。生徒は、海水着の代わりに木綿の褌をするのであるが、私はこの褌ほど水泳の時に具合の良い物はないと思う。

 二時から四時半まで、水泳の教師及び士官は、生徒の水泳訓練を監督するのであるが、其の後しばらくの間分隊の練習があって、その時には上級生が下級生をコーチする。彼等が得意とするのは、美しい日本式のクロールである。

 彼等は、またスプリングボールドを使用するダイビングを習うのである。砲術の練習に使用した古い練習船にダイビング用の階段を付け足したもので、最高の階段が、十メートルあるものが使用されていた。

 生徒の中には、海上三十三フィートの階段から美しい燕飛びをする者が多いので、私は驚嘆した。(一阿注:昭和19年には、泳げる者も泳げない者も全員分隊ごとに飛び込んだ。浅間{日露戦争・日本海海戦の戦勝報告はこの浅間艦上で明治天皇に対して東郷元帥が行った。}の上甲板に二メートルの櫓を組み、その上から飛び込んだ。浅間の喫水は八メートル。)

 水泳の前後には何時も陸上での運動が行はれるのである。この様に正式の訓練の前後には、必ず補助運動が行われるのが、江田島生活の特徴だろう。

 七月の下旬、前項の士官及び生徒は、十哩離れた神聖な島、宮島でキャンプ生活をする。生徒は一日中殆ど褌だけで生活するのだ。

 この週間には、には徹底的な訓練が行はれる。生徒は、午前、午後の大部分を水中で暮らし、夕方は軍歌を歌ったり、焚き火の辺で講話を聴いたりするのである。

 短距離競泳及びダイビングの競争は、皆分隊対分隊で行われ、幕営訓練が始まって間もなく 開始される。最も苦しい競争は、千メートル自由形の競泳で、これには生徒全体が参加する。私が感心したことは、非常に沢山の生徒が、楽しそうにクロールを 使って、千メートルを泳ぎきることであった。

 この水泳訓練期間の最後を飾るのは、全生徒隊が泳いで江田島へ帰ることである。

 第一級の最初の百人ほどが、黒い帽子を被って先頭に泳ぎだすと、一群また一群と水泳の上手な順にしたがって泳ぎ始める。全部の生徒が、十哩を泳ぎ切ることは出来ないが、少なくとも八哩は泳ぎ通すのだ。

 この時から三ヶ月前に兵学校へ入った時には、全然泳げなかった金鎚組でも、この遠泳の 時、少なくとも三哩は泳ぎ通すのである。各グループの後ろには、一人の士官と、一人或は二人の水兵を乗せた通船がいて、生徒を元気づけたり、時々彼等に食 べ物を与えたりする。食べ物とは、通船から投げ与えられる丸い握り飯なのだ。

約七百人の生徒が、整然たる隊伍を作って、海を泳ぎ渡り、一言の命令と共に泳 ぎ方を変化するのは、驚くべき光景である。彼等は殆ど一日中海に居るのだ。1934年(昭和9年)に、私は、生徒の遠泳を見たとき、最初に到着した者は、午後七時に目的地に着いたのであるが、その朝八時から泳ぎ続けたのである。私はその光景を忘れることが出来ない。


(続く)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

続きが楽しみな方は人気ブログランキングFC2ブログランキング のクリックをお願い致します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
法相延命の為の死刑執行…火炎瓶を完全粉砕せよ
居座り続ける落選大臣が180度転換で死刑執行にサイン。派手な格好で刑場にも足を踏み入れた。それは閣僚としての地位延命を狙い、死刑囚を弄んだ政治パフォーマンスだった。 ...続きを見る
東アジア黙示録  
2010/07/31 03:10
NHK「日韓のこれから」ご意見・出演者募集中・「日本の、これから〜若者が語る日韓のこれから」8月14...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2010/07/31 05:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
一阿の  「英人の見た海軍兵学校」 4 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる