ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 寝言の 「民族性」 5

<<   作成日時 : 2010/05/20 10:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

 前回まで書き出しに海軍のユーモアの伝統の一部を紹介しましたが、今回は内容が米国、英国人の民族性ですので関連する面もありますので、海軍先輩の内外に誇るべき「礼節」と「洗練された歴史観」の二例を紹介します。

共にルーズベルト大統領に関連があります。鈴木貫太郎首相(兵、14期)は昭和二十年四月就任早々大統領の死去に際し短波放送により、哀悼の意をアメリカ国民に送りました。

当時の情況を知る小生は先輩の国際感覚と武士道を体現された「海軍伝統」の真髄を学びました。又硫黄島の玉砕戦に当り、陸軍栗林中将の功績は映画化され有名になって居りますが、海軍の司令官市丸利之助少将(兵、44期)のこの行為は知らぬ方も多いと思います。

少将は自決の前に大統領宛に英文の手紙を出しました(英訳は二世の三上弘文兵曹、最後の突撃隊長村上治重大尉のポケットに入れました。米軍は士官の遺体は慎重に扱う為)。手紙は思惑通り米軍の手に渡り、七月十一日のアメリカ新聞に掲載されました。以下手紙を要約、意訳して列挙します(文責「ねごと」)。


イ 天皇の平和を望む御心を説き、米国の「日本人は残酷、好戦的である」と言うプロパガンダの非を突いて居ります、大統領の叔父上である、セオドウル・ルーズベルト閣下が感嘆したと云う明治天皇の御製「四方の海 皆はらからと 思う世に など波風の 立ちさわぐらむ」も書いて居ります。

ロ 「貴方がた白人、特にアングロサクソンによる世界の利益を独り占めにする政策と欲望の強さは精神的弱さであり、悲しく思います。貴方がたは既に充分な繁栄を遂げているのです」と人種偏見問題も含めて、問い正しています。

ハ 「大凡世界が強者の独占するものならば、永久に戦争は無くならないでしょう。中国、
ソ連と組んだ後の世界はどうなるでしょう」と戦後の情勢まで憂えています。
 

 以上現在読んでも、教養の高い歴史認識を感じます。広い視野を持ち、死に際して冷静な判断をしたこの行為は、「海軍の伝統」発露と云えます。この二例は奇しくもルーズベルト大統領に直接関係したものであり、時期的にも、敗戦間近の騒然とした時でした。弔電は止むを得ませんが、手紙の方は是非読んで貰いたかった、と思います。然し、残念ながら実現していても彼の反省材料にはならなかったと思います。


(続く)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

続きが楽しみな方は人気ブログランキングFC2ブログランキング
クリックをお願い致します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
みのもんた長男TBS社員の御法川隼斗(30)がTBSの番組で父子共演・みのもんた長男でTBSにコネ入...
文字色↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2010/05/21 22:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
寝言の 「民族性」 5 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる