ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS 寝言の 「民族性」 3

<<   作成日時 : 2010/04/26 08:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 1 / コメント 0

 NHK「ためしてガッテン」(4月14日)の中で、カレーがインドに始まりイギリスに渡り、それから日本に渡って、小麦粉を加えてとろみを付けた日本のカレーライスが出来た由来が、クイズ風に紹介されて居ました。「ねごと」はこの段階で、海軍とカレーの関わりが放映されることを期待したのですが遂にありませんでした。残念でしたが、国民食として全国に広まったことについて、我海軍が貢献したことは否定出来ません。栄養面や調理面から、艦艇でも鎮守府でも重宝されました。各部署で味を競ったそうです。退役者の口から全国に広がったのは当然と云えましょう。この伝統は、戦後海上自衛隊に伝わり、金曜日が「カレーの日」となって居ります。

 さて我兵学校でもカレーは我々の好物メニューでした。昼食がカレーだと午後の課業は『居眠り不問』という不文律がありました。多くの期友が恩恵に浴している筈です。これも又兵学校のユーモラスな伝統の一つでした。

 民族性と固い表題を付けたので、書き出しにリズムを付ける為、駄文を枕にしました。さて中国の民族性と云っても中華人民共和国を実質支配している、漢民族を対稱の主体とします。

 昭和28年発行
 『中国四十年』中山完造著
から引用しますが、実は期友深堀道義氏の著書『中国を読む』の中で氏の経験を加えて書かれたものです。
(1) 中国人は甚だ不潔だ。
(2) 中国人は平気で盗みをする。
(3) 中国人は嘘つきだ。
(4) 中国人は借りたものは返さない。
(5) 中国人は恩知らずだ。
(6) 中国人は国家観念が無い。
(7) 中国人は生命より金銭に執着する(密航・法律を犯して)。
(8) 中国人は利己一点張りだ。

 中国の文豪魯迅もこれ等の民族性では、新しい時代に外国と対等に伍して行けない、と警鐘を鳴らしていますが、中国共産党が魯迅を評価していることは参考にすべきことです。私は中国と韓国の民族性があまりにも類似していることに驚きを禁じ得ません。これは他国(他民族)との争いに明け暮れた土地で生活する民族の止まれぬ知恵から生まれたものと想像されます。


(続く)

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

続きが楽しみな方は人気ブログランキングFC2ブログランキング
クリックをお願い致します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHKに電凸!なぜ子供手当554人申請を報道しないのか?・尼崎市の韓国人が妻の母国タイで養子縁組した...
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ ...続きを見る
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の...
2010/04/28 07:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
寝言の 「民族性」 3 ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる