ガラス瓶に手紙を入れて

アクセスカウンタ

zoom RSS *〔しーたろう〕の意見書文例 :【外国人参政権阻止前哨戦】に対応した意見書*

<<   作成日時 : 2010/01/10 18:02   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 4 / コメント 0

◆◇本日のエントリの主旨◇◆

『水間条項』 ジャーナリスト水間政憲氏によりますと、
1月15日告示・1月24日投開票の大島など小笠原諸島を選挙区とする
東京都議補欠選挙は、
外国人参政権付与法案阻止が試される格好の選挙だということです。

姉妹サイト【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】にて
その『水間条項』全文をご紹介しております。
※なお、上記サイトでは<ショートVer.>の意見書も公開しています

(以下は一部抜粋)
「現在、インターネットは、社会のあらゆる分野で欠かすことが出来ない地位を占めているにも拘わらず、選挙に大きな影響を与えるまでになっておりません。
今夏の参議院選挙の結果如何によっては、日本が日本でなくなることもあり得ますので、保守派インターネットユーザーの総力をあげて小笠原諸島町村役場や町村議員並びに民宿などへ、FAXやメールで民主党が「外国人参政権付与法案」を通常国会で通そうとしていることを告知しましょう。」

ということですので、ここにこの問題のまとめを兼ねた意見書文例<ロングVer.>をアップいたします!


◆◇2010-01-09『水間条項』の要旨◇◆
水間政憲氏によれば、
・1月15日告示・1月24日投開票の大島など小笠原諸島を選挙区とする東京都議補欠選挙がある。
・小沢一郎幹事長も8日午前中、幹事長室に小笠原諸島の町村長・議員ら約20人を招き入れ、直に選挙協力を求めている。
・外国人参政権付与法案が通ったとき、一番危惧されるのは離島や限界集落である。
・東京都議会自民党支部長会議が、昨年12月「外国人参政権付与法案」の反対決議をしている。
・保守派インターネットユーザーの総力をあげて小笠原諸島町村役場や町村議員並びに民宿などへ、FAXやメールで民主党が「外国人参政権付与法案」を通常国会で通そうとしていることを告知してほしい。
・政治は結果がすべてなので、補欠選挙が「外国人参政権付与法案」で帰趨を決したことになれば、雪崩を打って「外国人参政権付与法案反対」の方向に進む。

とのことです。

◆◇FAXやメールの送付先◇◆

* 伊豆諸島役場のメールアドレス
大島町 議会事務局
gikaijim@town.oshima.tokyo.jp
大島町 町長室
town-build@town.oshima.tokyo.jp
利島村 総務課(お問い合わせ)
hptoiawase@toshimamura.org
新島 村役場
yakuba@niijima.com
神津島村役場 (行政に関するお問い合わせ)
kouzu@vill.kouzushima.tokyo.jp
三宅村役場 お問い合わせフォーム
http://www.miyakemura.com/toiawase.html
御蔵島村役場 総務課
kizai@mikurasima.jp
青ヶ島村 役場
aogashima@vill.aogashima.tokyo.jp
東京愛ランド(東京都島しょ振興公社)
メールフォーム
https://ssl.islands-net.jp/mail_form/information.html

* 小笠原村 http://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/links/
(小笠原村長)森下 一男 (FAX) 042-384-7004
(小笠原村議会議員)一木 重夫   coralline@h9.dion.ne.jp
※小笠原村議会議員で個人の連絡先がわかるのは、一木 重夫氏のみでした。
小笠原村役場 (メールフォームアドレス)https://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/inquiry/
小笠原母島観光協会 (メールフォームアドレス)http://www.hahajima.com/form/form.html
小笠原村観光協会  info@ogasawaramura.com
小笠原ホエールウォッチング協会   owa@h6.dion.ne.jp
小笠原村社会福祉協議会   shakyo-chichijima@h5.dion.ne.jp
明老会   meiroukai@h2.dion.ne.jp
小笠原海洋センター    info@bonin-ocean.net
南洋踊り保存会   nanyouodori@yahoo.co.jp
国土交通省小笠原総合事務所   (FAX) 04998-2-2245
母島小中学校   (FAX) 04998-3-2184
父島気象観測所   (FAX) 04998-2-2322

有限会社小笠原海宝塩 ymarusa@d1.dion.ne.jp
小笠原の塩 hiroshi@ogasawaranoshio.com
オレンジハウス hasebe@f2.dion.ne.jp
海遊 yoyaku@ogasawara-kaiyu.com
maki maki       makimaki04998@marine.odn.ne.jp
毛利荘 rocky-s@muh.biglobe.ne.jp
きり丸HOUSE kirimaruhouse@ogasawara-kinako.com
ホテルブーゲン hotel_bougain@cello.ocn.ne.jp
ブーゲン(飲食店) bougain@cello.ocn.ne.jp
コンドミニアムPassion ni-okamoto@y8.dion.ne.jp
ホテル ホライズン    horizon-info@hotel.email.ne.jp
父島ペンション    info@chichipen.com
小笠原ユースホステル    jinnybeach@oyh.jp
美空荘   misora-so@h6.dion.ne.jp
大洋荘   taiyoso@xrh.biglobe.ne.jp
ヴィラシーサイド   villaseaside@mbr.nifty.com
トロピカル イン パパイヤ   papaya@ogasawara.name
父島ヴューホテル   chichijimaview@alpha.ocn.ne.jp
ウエスト    west@f4.dion.ne.jp
シーサイド・イン・AQUA   aqua@plum.ocn.ne.jp
パパスアイランドリゾート   mail@papasir.com
シートピア   seatopia@d7.dion.ne.jp
クレセント    chichijima-crescent@dolphin.ocn.ne.jp
FISH EYE fisheye@d3.dion.ne.jp
サンライズ奥村   sunrise-o@kk-keiko.co.jp
境浦ファミリー   families@d2.dion.ne.jp
フリッパーズ・イン  flipper@marine.odn.ne.jp
父島コテージ  nozomu@m6.dion.ne.jp
てつ家     info@tetuyabonin.com
ペンション漁徳    ryoutoku@f8.dion.ne.jp
ZiZyのお魚ギャラリー    zizy@h6.dion.ne.jp
島ハチミツ  rocky-s@muh.biglobe.ne.jp
藤谷農園   pf-farm_fuji@d7.dion.ne.jp
Qussy Qussy@cetace.net
アイッパラ 号    aippara@f4.dion.ne.jp
ダイビングサービス ウラシマン    ogasawara@urashiman.com
マリンコンダクター エスコート    info@do-escort.com
(有)小笠原整備工場 レンタカー    rent-car@m5.dion.ne.jp
小笠原ツーリスト     hsato@ogasawara-tourist.com
オガツアー     ogatour@crux.ocn.ne.jp
ダイビングサービス KAIZIN kaizin@w9.dion.ne.jp
Comeクルーズ    amberjack-0622@k3.dion.ne.jp
グレース オーシャンツアーズ    graceocean@h5.dion.ne.jp
シータック     info@sea-tac.jp
C-TRIP c-trip@m7.dion.ne.jp
シャンティーボビーズ フィールドガイド     bovies@k2.dion.ne.jp
スタジオもののふ!     mononofu@d2.dion.ne.jp
自然体験ガイド ソルマル     solmar@ogasawara.or.jp
竹ネイチャーアカデミー      info@take-na.com
だびんちゅ    sky-tabinchu@r8.dion.ne.jp
(有)父島タクシー    chichitx@d7.dion.ne.jp
ディープブルー オーシャンガイドサービス     info@d-blue.info
パパスダイビングスタジオ    info@papasds.com
パパヤ マリンスポーツ   papaya@ogasawara.name
プーランヴィレッジ    pelan@pelan.jp
ブルースカイビッグホース    blueskybighorse@k2.dion.ne.jp
ブルーム    broome1958@yahoo.co.jp
ブルーレース    bluelace@marine.odn.ne.jp
フローラ ジャングル トレッキング ガイド    kuniverse@m4.dion.ne.jp
Poco FISHING STUDIO poco@d9.dion.ne.jp
ボニンブルーシマ    k_shima@d3.dion.ne.jp
マルベリー    yoshii@d5.dion.ne.jp
ラオ・アドベンチャーツアーズ    boninrao@me.com
LITTLE GEORGE little.george@m8.dion.ne.jp
TOMATON tomaton@w8.dion.ne.jp
小笠原漁業共同組合   gyokyou@heteml.jp
クラブノア母島    noah_88@d2.dion.ne.jp
フィールドエスコートhilolo   guide@hahajima-hilolo.com
ゲストハウス バンブーイン  (メールフォームアドレス)http://www.k4.dion.ne.jp/%7Ebamboo/
クラフト イン ラメーフ (メールフォームアドレス)http://www.lamere-inn.jp/mail/
B&B などわど   (メールフォームアドレス)http://nadowado.net/modules/inquirysp/


◆◇上記要旨を参考に〔しーたろう〕が関係者へ送付した意見書文例◇◆ 
                 *利用、転載、改変可*
                 *長いのでお好きなところを自由にお使い下さい*

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*

タイトル:貴島が危ない!東京都議補欠選挙では、外国人参政権を争点に投票をお願い致します

東京都議会議員選挙島部選挙区の皆さまへ

突然のメール失礼致します。私は島部選挙区の住民ではありません。
しかしながら、川島忠一氏の逝去に伴う1月15日告示、24日投開票の東京都議会議員補欠選挙を前に、民主党の小沢一郎幹事長が先日、幹事長室に小笠原諸島の町村長・議員ら約20人を招き入れ、直に選挙協力を求めたという話を伺い、これは一選挙区のみの問題ではなく、国家全体の危機の問題であると考え、どうしてもこの危機をお伝えいたしたく、ここに意見書を送信する次第です。

現在47都道府県のうち14県議会で外国人参政権付与法案を反対する意見書を可決しています。
第一党が民主党である東京都議会ではこの意見書の可決はされていませんが、自民党支部長会議では昨年12月「外国人参政権付与法案」の反対決議がなされています。従いまして川島忠一氏の逝去により、首都を擁する東京都議会で自民党の貴重な一議席が失われましたことは、国家にとりましても非常に大きな痛手です。

長くなりますが、最後までお読み頂けましたら幸いです。


【民主党が「外国人参政権付与法案」を協力に推進している事実について】
実は民主党は、選挙の際にマニフェストに記載しなかった、日本人にとって全く利益のない、危険な法案や政策を次々と実現しようとしています。とくに「外国人参政権付与法案」については大変熱心に成立させようとしています。

・昨年11月の臨時国会の折、民主党の山岡賢次国対委員長、自民党の川崎ニ郎国対委員長と国会内で会談し、今国会中に永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法で提出する考えを伝えました。
※このときは、この問題を知った国民からの激しい反対意見が殺到し、提出が見送られました。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091106/stt0911061157002-n1.htm
(平成21年11月6日産経新聞)

・しかし、小沢幹事長は、昨年12月に韓国訪問の際、ソウル市内の大学で講演し、永住外国人に地方参政権を付与する法案について「日本政府の姿勢を示す意味でも、政府提案として出すべきだ。鳩山由紀夫首相も同じように考えていると思う。来年の通常国会でそれが現実になるのではないか」と述べ、来年1月召集の通常国会に政府が法案を提出し、成立させる見通しを示しています。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091212/plc0912121813006-n1.htm
(平成21年12月12日産経新聞)

・今年に入りましてからも、永住外国人に地方参政権を付与する法案で、平野博文官房長官が原口一博総務相に、政府提案で通常国会に提出できるよう検討を指示していたことが9日に分かっています。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100109/plc1001092343013-n1.htm
(平成22年1月9日産経新聞)

※現実に国会に外国人参政権付与法案が提出されたら、数の論理で成立は間違いないものと思われます。


【もし、外国人参政権が成立したら】
昨年7月に行われた東京都議会議員選挙では、川島 忠一氏が12,520票で当選されておられます。失礼ながら、23区や人口の大きな市で4万-5万票の獲得により当選されている数と比べれば、はるかに少ない票数で当選可能です。
これが町村長や町村議会議員の選挙ともなればほんの数百票、数十票の獲得で当選できるのであり、100票単位、時には10票単位、数票単位の票差が当落に直結します。
これは、外国人参政権が成立し、外国人が狙いを定めた地域に集中的に外国人登録を行えば、人口の少ない町から順に乗っ取られる可能性があり、自治権を奪われ、外国人に有利、日本人に不利な条例が制定されることを意味します。

なお、大都市部でも外国人街というものがあります。地方都市だけでなく、この国のあちこちで、日本人は外国人に対してあらゆる配慮をし、搾取されながら、小さくなって生きていかなくてはならなくなります。
日本人が外国人の奴隷扱いとなる日も来るかもしれません。


【過去の外国人参政権法案提出の経緯】
この法案は昨年現在、民主党から過去に15回も提出されています。これまで成立しなかったのは、この法案に反対していた自民党が与党であったためです。
ちなみに過去に提出されていた内容は、
・地方選挙権
・条例の制定・改廃を請求する権利
・事務の監査を請求する権利
・議会の解散を請求する権利
・議会の議員・長・副知事(助役)・出納長(収入役)の解職を請求する権利
・選挙管理委員・監査委員・公安委員会の委員の解職を請求する権利
・教育委員会の委員の解職を請求する権利
・公職の候補者の推薦届出をする権利
・投票立会人・開票立会人・選挙立会人・人権擁護委員・民生委員・児童
 委員への就任資格  など
と言った内容でした。単に「外国人が選挙で投票するだけ」の法案ではないのです。
*外国人参政権に反対する会・全国協議会サイトより引用*
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/


【過去の外国人参政権付与対象は韓国人だけではない】
なお、外国人参政権は永住中国人にも与えようとしています。(21年11月10日産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091110/stt0911100012000-n1.htm
平成20年中の来日外国人(永住者などを除く)犯罪(刑法犯及び特別法犯)の検挙件数、人員は31,252件、13,885人だそうです。特に、国籍別で見たトップの国では反日教育が行われており、こうした国の出身者の一部には、日本人の生命や財産を侵害することに何らの罪悪感も抱かない者もおりましょう。
参政権を行使しようとする外国人は、必ずしも良識ある方々ばかりでは無いのです。


【なぜこの問題をマスコミが取り上げないのか】
このメールを受け取られるまで、あるいは外国人参政権の問題をご存知なかったかもしれません。それはマスコミがこの問題を取り上げないことが問題です。
マスコミには、民主党幹部の関連企業がスポンサーとして大きく資金を提供しており、民主党に不利な報道が出来にくい状況があります。
マスコミが問題を大きく取り上げませんと、一般の国民は問題を軽視し、議論することもないというのが現状です。


現在、日本の将来を憂う良識有る多くの国民が、貴選挙区の選挙の行方を心配しています。貴選挙区のようなのどかで平和な島が、真っ先に外国の脅威に晒されるかと考えると、国民として非常に胸が痛みます。
選挙区にお住まいの皆さまには、マスコミが無視できないよう来る選挙で是非ともこの問題を大きく争点にして頂き、多くの国民の知るところとなりますよう、何卒この問題に興味をお寄せください。
日本の未来は現在、貴選挙区の皆さま方の関心一つにかかっていると申しましても過言ではありません。

この問題は貴選挙区の住民の方々や全国の島部の皆さまだけでなく、どの日本人にとっても知って頂くべき大切なことです。ご理解を頂けましたら、周りの方、選挙区外のご親類、ご友人、お知り合いへもこの事をお話し下さい。宜しくお願いいたします。

長文、大変失礼致しました。また最後までお読みくださり、有難うございました。
貴選挙区の皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

*☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*


〔外国人参政権付与法案が阻止され、日本が末永く繁栄することを望む方は 
人気ブログランキングFC2ブログランキング をクリックしてください。〕

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2010-01-09 緊急拡散【外国人参政権阻止前哨戦】 〔『水間条項』より転載〕
※10/31で更新停止していました拙ブログですが、以下の件にて勝手ながら緊急に更新させて頂きました※ なお、下記の目的は、FAXやメールの送信&... ...続きを見る
【日本を】『日本解体法案』反対請願.co...
2010/01/10 18:16
虎視眈眈の民主党、外国人参政権を阻止!
 早くも今月の18日から、国家崩壊法案目白押しの「通常国会」が始まります。  ご存じのとおり、民主党は国会で『外国人参政権』を可決し、日本や日本人にトドメを刺す気でいます。 ...続きを見る
「ゲスナメブログ」の逆襲
2010/01/10 19:22
小笠原諸島(東京都議補欠選挙)の皆さんに外国人参政権の問題を知らせよう
拡散しましょう。 ...続きを見る
美しい国への旅立ち
2010/01/11 08:35
外国人参政権反対メール送り先・・・みんなで送りましょう!
外国人参政権なんかあったら ...続きを見る
人生薔薇色に☆
2010/01/13 10:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
*〔しーたろう〕の意見書文例 :【外国人参政権阻止前哨戦】に対応した意見書* ガラス瓶に手紙を入れて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる